【ハスク・スヴァルトピレン401】元気なエンジンはストリートでは敵ナシの面白さ!?

掲載日:2018年09月20日 試乗インプレ・レビュー    

取材・文/小松 男

ハスクバーナ スヴァルトピレン401

HUSQVARNA SVARTPILEN 401

長い歴史を持つ
スカンディナヴィアンブランド

スウェーデンのブランドHusqvarna(ハスクバーナ)。古くからバイクに関わっている方にとっては、聞き覚えのあるブランドであることであろうし、ボリス・シャンボンがハスクバーナを使いスーパーモタードで活躍した90年代ならともかく、いまは誰でもインターネットを楽しめる時代なので、いまさらブランド自体のことを掘り下げて紹介することもないだろうが、それでもまだメジャーとは言えないので少々前口上的に綴らせてもらうとしよう。
 ハスクバーナというブランドが産声を上げたのは今から300年以上も前の1689年の事だ。まず兵器工場として稼働を始め、その後キッチン用品やミシン製造などを開始する。ちなみにハスクバーナは現在もミシンやチェーンソーや芝刈り機のメーカーとしても有名である。1896年に自転車の製造をはじめ、1903年には最初のオートバイを誕生させている。オフロード、オンロードの区別もままならないバイク黎明期にありながら、モトクロスレースに対応するカスタムモデルの人気に火が付き、欧州全土にその名は知れ渡ることになる。

ハスクバーナ スヴァルトピレン401の試乗インプレッション

ハスクバーナ スヴァルトピレン401の試乗インプレッション

60~80年代にかけてはモトクロスやエンデューロレースで活躍したハスクバーナだったが、1987年にイタリアのCAGIVAが買収、スウェーデンブランドとしての誇りを貫こうとしたハスクバーナの開発チームはHusaberg(フサベル)というブランドを立ち上げ分裂することとなった。

その後もモトクロスの分野ではトップクラスの活躍を続けてきたが、2007年にBMW Motorradに買収され、オフロードバイクの技術提携及びロードバイクNUDAの発表などを行っている。そして2013年にピエラ・インダストリーAGに買収された。このピエラ・インダストリーAGというのは、KTMのステファン・ピエラCEOが代表を務める会社であり、この時点でKTMとの繋がりができ、そしてすでにピエラ・インダストリーAGに入っていたフサベルと再び結合することとなったというのが、これまでの簡単な生い立ちだ。

ここまで読んでお気づきかと思うが、ハスクバーナは生粋のオフロードバイク、しかもレーシングモデルに強いブランドなのである。ただし、これから紹介するSVARTPILEN(スヴァルトピレン)をはじめ、2018年にハスクバーナが立て続けにマーケットに送り込んだニューモデルは、これからの歴史が変わり始めることを予感させるストリートモデルだ。

ハスクバーナ スヴァルトピレン401の試乗インプレッション

ハスクバーナ スヴァルトピレン401の試乗インプレッション

スヴァルトピレン401の特徴は次ページにて

この記事に関連するキーワード

こちらの記事もおすすめです

この記事を読んでいる方におすすめの商品

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

新着記事

タグで検索

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。