【Tracer 900 GT ABS試乗記事】その進化ぶりに嫉妬!? 初代トレーサーオーナーが見た新型の魅力

掲載日:2018年07月23日 試乗インプレ・レビュー    

取材・文・写真/野岸“ねぎ”泰之

ヤマハ/トレーサー900GT ABS

YAMAHA Tracer 900 GT ABS

アドベンチャーから快適ツアラーへと
立ち位置を明確にして生まれ変わった

845ccの直列3気筒エンジンを搭載したMT-09をベースとし、バリエーションモデルとして2015年に登場したのがMT-09トレーサー ABSだ。カウリングや大型タンク、ABS、トラクションコントロールなどを標準装備したスポーツツアラーで、2017年モデルではエンジン出力を6PSアップしたほか、クラッチレバーの操作を軽く、バックトルクによる車体挙動への影響を抑えるアシスト&スリッパークラッチを搭載、トラクションコントロールの強弱が選べるなどの変更を受けた。そして2018年、新たに車名をトレーサー900 ABSとし、マイナーチェンジを行って登場。上級モデルとしてトレーサー900GT ABSも追加設定された。今回はMT-09トレーサー(2016年式・初代モデル)を所有する筆者が、愛車との違いなどを踏まえつつ、トレーサー900GTの走りや装備をインプレッションする。

ヤマハ/トレーサー900GT ABSの試乗インプレッション

トレーサー900GT ABSの特徴は次ページにて

この記事に関連するキーワード

こちらの記事もおすすめです

この記事を読んでいる方におすすめの商品

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

新着記事

タグで検索

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。