【スズキSV650X試乗記事】熟成のVツインを積むモダン・カフェレーサー 試乗インプレ・レビュー

【スズキSV650X試乗記事】熟成のVツインを積むモダン・カフェレーサー

掲載日:2018年03月07日 試乗インプレ・レビュー    

取材・文/佐川健太郎  写真・動画/山家健一  衣装協力/HYOD

スズキ SV650X ABS

SUZUKI SV650X ABS

原点回帰を掲げたSV650を
カフェスタイルで味付け

「原点回帰」のプロダクトコンセプトを掲げ、バイク本来の操る楽しさを求めたモデルが2016年に登場したSV650である。

現行モデルのVストローム650やかつてグラディウス650などにも採用された、実績のある水冷V型2気筒エンジンをスチールトラスフレームに搭載するシンプルな車体構成や、Vツインらしい歯切れのよい鼓動感と滑らかな回転フィールを併せ持っているのが特徴だ。そのSV650をベースにスズキ独自の解釈を加えたカフェレーサースタイルを纏って今回デビューしたのがSV650Xである。ちなみにネーミングの最後に付く「X」とは「Extra(エクストラ)」の意味で、ベースモデルのSV650に特別なエッセンスを盛り込んだもの。よりハイグレードで趣味性の高いモデルという位置付けだ。

動画『やさしいバイク解説:スズキ SV650X ABS』はコチラ

スズキ SV650X ABS 特徴

20年かけて熟成されたVツイン
デザインも地味に凝っている

SV650X(ABS)はSV650(ABS)をベースに外観を今流行りのカフェレーサースタイルで仕上げたものだ。水冷90度V型2気筒645ccのエンジンをスチール製トラスフレームに搭載し、正立フォークとリンク式モノショックが与えられたシンプルな車体構成は共通である。

ベースモデルとの違いはヘッドライトカウルやセパレートハンドル、タックロールシートが装備され、渋めのグレーメタリックカラーを採用することなど。全体的にカスタムテイストを強調している感じだ。特にヘッドライトを取り囲む小ぶりなカウルは、サイドパネルと一体となってビンテージレーサー風のロケットカウルに見えるなど、デザイン面での工夫が施されている。また、シートもライダー側とリヤ側とで色合いや質感も明確に分けたシングルシート風に仕上げるなど凝った作りだ。

エンジンは初代SV650が99年にデビューして以来、20年近く熟成されてきた水冷V型2気筒ユニットであり、ベースモデル同様、発進時に回転数を自動的に少し上げてトルクを補ってくれるローRPMアシスト機構や、ワンプッシュで始動が可能なスズキイージースタートシステムなどの現代的な装備も備えられた。なお、東京モーターショー2017の展示車でヘッドライト下に装備されていたLEDフォグランプはオプション設定となっている。

スズキ SV650X ABS 試乗インプレッション

鼓動をともなった滑らかなエンジンの伸び感

スズキ SV650X ABSの試乗インプレッション

まず見た目がユニーク。ネオレトロの一派ではあるが、自分にはモダンなテイストに見える。そして失礼ながら写真で見るより実車のほうが断然カッコいい。鈍く光るメタリック調のカラーにも金属的な質感があるし、ビキニカウルも小ぶりだが表情豊かで、サイドカウルと一体で見せることで往年のロケットカウルの形が現れてくる。カフェスタイルに欠かせないセパハンも絞りや垂れ角も絶妙。シートもリヤ側は素材と色の工夫でシングルシート風に見せるなど、よく考えられている。よく見ないと分からないような、こうした地味なこだわりの中にデザイナーの美学を感じてしまうのだ。

スズキ SV650X ABSの試乗インプレッション

特筆すべきはエンジン。最近の国産では珍しくなったVツインは初代SV650から現行のVストローム650まで長きにわたって使われ続けてきた傑作エンジンだ。非常にトルクフルで4,000~10,000rpm過ぎまでワイドレンジかつフラットにパワーが出てくる。輪郭のはっきりした鼓動をともなった滑らかな伸び感が気持ちいい。2,000rpmの低速域でも味わいのあるパルスを楽しみながら流すこともできるし、さらにUターンのような極低速でも粘りがあって扱いやすい。

スズキ SV650X ABSの試乗インプレッション

これにはちょっとしたトリックがあって、発進や低回転時にエンジン回転数をわずかに上げてくれる「ローRPMアシスト」がサポートしてくれることも大きい。どうしてもストップ&ゴーが多くなりがちな市街地走行では大変便利なシステムだし、立ちゴケのストレスを低減してくれることは大いに有難い。ワンプッシュで始動できる「イージースタート」も含め“速く走るためではない”こうした一般ユーザーに寄り添った電子制御にスズキの良心を感じるのだ。

スズキ SV650X ABSの試乗インプレッション

軽快でナチュラルな走りが気持ちいい

スズキ SV650X ABSの試乗インプレッション

ライポジは見た目以上に前傾している。セパハンの末端がドロップして手前に絞られたスポーティな設定だ。故にSTDと比べてハンドルがやや遠めで、ハンドル切れ角も僅かに少ない。ステップ位置はSTDと変わらないが、シートのフィーリングはやや硬めでウレタンが少し薄いような感じ。シート高は何故かノーマルより5㎜高いが前部が絞られてスリムなので足着きは良い。

スズキ SV650X ABSの試乗インプレッション

ハンドリングはひと言で軽快だ。リヤタイヤが160サイズということで、通常の大排気量モデルと比べると細めであること、加えて車体を単気筒並みのスリムさに抑えられるVツインであることも相まっての軽さだろう。とりわけ、倒し込み初期の抵抗が少ない感じで、スッと寝かせると丁度いいバンク角に落ち着く。
車重は197㎏と特別軽くはないし、ホイールベースも1,450㎜と極端に短くはないためか、軽快さの中にも適度な落ち着きもあって走りにゆとりがある。コーナーリングも“パキン”と鋭く曲がるというよりは滑らかに旋回していく感じで、自分がイメージしたとおりのラインを描けるナチュラルさがいい。

スズキ SV650X ABSの試乗インプレッション

サスペンションに関してはやや硬めの印象を受けたが、これはシートのソリッド感と関係しているかも。あるいは寒さでサスペンションのオイルが固いせいかも。自分の感じ方なので確証はないが、ぱっと乗ってそう感じた。ブレーキはフロントがダブルディスクで素直かつコントローラブルなフィール。ガッツリ効くタイプではないが車体が軽いので必要十分だろう。ABSの介入も比較的早めで安心感がある。

スズキ SV650X ABSの試乗インプレッション

「X」はSV650の優れたキャラクターを継承しつつ、個性的なスタイリングとちょっとしたスポーツマインドで味付けしたモデルだ。実際にサーキットでもそこそこの走りができてしまうと思う。ワンクラス上の自分を主張したい人、街乗りから軽めのスポーツライディングまで幅広く楽しみたい人にもおすすめしたい一台だ。

詳細写真

スズキ SV650X ABSの試乗インプレッション

不等間隔爆発がもたらすVツインサウンドとスムーズな出力特性が特徴の水冷90度V型2気筒645ccエンジンとスチールトラスフレームの組み合わせがメカニカルな美しさを感じさせる。

スズキ SV650X ABSの試乗インプレッション

車体幅を抑えることに貢献するトライオーバル断面のスリムなサイレンサーを装備。もちろん、平成28年国内排出ガス規制に対応。

スズキ SV650X ABSの試乗インプレッション

エンジン左サイドからは前傾したVバンクや、エンジンをフレームから吊り下げたダイヤモンドフレーム形状がよく分かる。この剥き出し感がまたいい。

スズキ SV650X ABSの試乗インプレッション

丸型マルチリフレクターヘッドライトを取り囲むヘッドライトカウルを装備。ヘッドライト横のスリットは往年のヘリテイジレーサーをイメージしたものだ。セパレートハンドルは程よくスポーティな垂れ角がついている。

スズキ SV650X ABSの試乗インプレッション

スリムな形状ながら14Lの容量を持つフューエルタンク。燃費に優れるので容量的にも十分だ。ニーグリップしやすくホールド感も良い。

スズキ SV650X ABSの試乗インプレッション

レトロ感漂うタックロールシートを採用。シート高は790mmでシート前部が絞り込まれているため足着き性も良好。座り心地はややソリッドでスポーティな感じだ。

スズキ SV650X ABSの試乗インプレッション

フロントブレーキはトキコ製2ポットキャリパーとダブルディスクブレーキの組み合わせ。プリロード調整機構付きの正立フォークのしなやかな乗り味が印象的だ。

スズキ SV650X ABSの試乗インプレッション

一直線に伸びたシンプルな楕円断面のスイングアームとフレームをつなぐリヤサスには、プリロード調整機構付きリンク式モノショックを採用。

スズキ SV650X ABSの試乗インプレッション

ディテールパーツはステップからペダル、ヒールプレート、レバー類まですべてブラックアウトされ精悍なイメージで統一。

スズキ SV650X ABSの試乗インプレッション

コンパクトなデザインながら高い被視認性と耐久性を備えた2灯式LEDテール&ストップランプを採用。ウインカーは前後ともクリアレンズタイプ。

スズキ SV650X ABSの試乗インプレッション

サイドスタンドもスチール製で接地面が大きくガッチリした作りになっている。こうした日常での使い勝手にも心配りが感じられるところもスズキの良さ。

スズキ SV650X ABSの試乗インプレッション

輝度調整可能なLCDを採用した軽量設計の多機能メーターを装備。デジタル表示のスピードメーターとバーグラフ式タコメーターの他、オドメーター、デュアルトリップ、ギヤポジション、水温、航続可能距離、平均燃費、瞬間燃費、燃料、時計などを表示。

スズキ SV650X ABS 動画でチェック!

SPECIFICATIONS – SUZUKI SV650X ABS

スズキ SV650X ABS 写真

価格(消費税込み) = 78万1,920円
※表示価格は2018年3月現在

伝統の水冷Vツインエンジンを搭載するSV650をベースにカフェレーサースタイルで仕上げたスポーツモデル。独自の解釈によるネオレトロな雰囲気が特徴。

■エンジン型式 =水冷4ストローク90度V型2筒 DOHC4バルブ

■総排気量 =645cc

■ボア×ストローク =81×62.6mm

■最高出力 =76.1ps(56kw)/ 8,500rpm

■最大トルク =6.5kgf・m(64N・m) / 8,100rpm

■トランスミッション =6段リターン

■サイズ =全長2,140mm × 全幅730mm ×全高1,090mm

■車両重量 =197kg

■シート高 =790mm

■ホイールベース =1450mm

■タンク容量 =14リットル

■Fタイヤサイズ =120/70-17

■Rタイヤサイズ =160/60-17

こちらの記事もおすすめです

この記事を読んでいる方におすすめの商品

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。