アプリリア RSV4 RF(2017) – 7度の世界タイトルに輝くリアルレーサーレプリカ 試乗インプレ・レビュー

アプリリア RSV4 RF(2017)

RSV4 RF(2017)
APRILIA

アプリリア RSV4 RF(2017) – 7度の世界タイトルに輝くリアルレーサーレプリカ

掲載日:2017年07月16日 試乗インプレ・レビュー    

取材・文/佐川 健太郎  写真・動画/山家 健一  衣装協力/HYOD

7度の世界タイトルに輝く
リアルレーサーレプリカ

アプリリアは過去20年という短い期間に、54もの世界選手権タイトルを積み上げてきた実績がある。その意味でもアプリリアは常にレース活動に軸足を置いた開発環境があり、市販モデルにおいても最前線で得たノウハウを投入することで、ひたすらサーキット性能に磨きをかけてきた特異なメーカーとも言えるだろう。

その中でもフラッグシップに君臨するRSV4シリーズは、強力なV4ユニットと最先端テクノロジーを武器に2009年に登場して以来、7度のスーパーバイク世界選手権と2015年のFIMスーパーストックワールドカップを勝ち取ってきた、本物の実力を持ったレーサーレプリカと言える存在だ。その真価を探っていきたい。

動画 『やさしいバイク解説:アプリリア RSV4 RF(2017)』はコチラ

アプリリア RSV4 RF(2017) 特徴

クラス最強のV4はそのままに
電制と足まわりをさらに進化

アプリリア RSV4 RF(2017)の試乗インプレッション

RSV4シリーズは従来のVツイン搭載モデル「RSV ミッレSP」の後継モデルとして2009年にデビュー。翌2010年にはスーパーバイク世界選手権参戦2年目にして年間タイトルを獲得する快挙に輝いている。RSV4には基本的にレースマシンと同等の装備が与えられているのが特徴で、2011年にはアプリリア独自の電子制御パッケージAPRC(アプリリア・パフォーマンス・ライド・コントロール)を二輪業界に先駆けて導入し、2015年には進化型の「RSV4 RF」が投入され最高出力はクラス最強レベルの201psに到達。そして最新版の2017年モデルではAPRCをさらに進化させるとともにコーナリングABSとダウンシフターを装備。最新型のオーリンズ製前後サスペンションが採用され、メーターもTFTフルカラータイプへと刷新されるなど、大幅なアップグレードが図られている。

アプリリア RSV4 RF(2017)の試乗インプレッション

2017年モデルでは、コンパクトなレイアウトを持つ65度バンクのV4エンジンをはじめとする車体の基本構造は従来型を踏襲しているが、細かい部分で多くの改良が施されている。最高出力201psはそのままに、新設計マフラーによりユーロ4に対応しつつも、バルブタイミングの最適化やピストンの軽量化などにより、レブリミットは300rpm引き上げられた。

プレス材と鋳造セクションを組み合わせた伝統のアルミツインスパーフレームはエンジン搭載位置やステアリングステムアングルを調整可能で、また同じく軽量なアルミ製スイングアームはピボット位置を変更できるなど、まさにレーシングマシンと同等レベルのシャーシ性能が与えられているのが特徴だ。また、フロントブレーキにはブレンボ製M50モノブロックラジアルマウントキャリパーと大径化されたφ330 mmダブルディスクが新たに採用され、さらなる制動力アップが図られている。

アプリリア RSV4 RF(2017)の試乗インプレッション

APRCも第4世代に進化した。電子制御スロットルはフルライドバイワイヤー化され、旋回中でのハードブレーキングにも対応する「コーナリングABS」や、クイックシフトにもブリッパー機能(自動的に空吹かしする機能)が付いた「ダウンシフター」機能を新たに追加。高速道路の一定走行に便利な「クルーズコントロール」や、レース用機能として「ピットリミッター」も追加装備されている。

その他にも3段階(スポーツ、トラック、レース)に調整可能な「エンジンマップ」や8段階に調整できる「トラクションコントロール」、ウイリーやローンチ(発進時の全開加速)なども含めた各種制御モードがフル装備されているのが特徴だ。これらの電子デバイスをライダーが集中管理するため、ハンドル手元のスイッチボックスのデザインや、これらの機能を一覧で表示するメーターもデザインを一新したフルカラーTFTディスプレイが採用されている。

さらに最高峰モデルの「RF」には前後サスペンションに新型のオーリンズ製サスペンションパッケージ(フロント:NIX倒立フォーク/リア:TTXモノショック)を装備。RF専用デザインの軽量な鍛造アルミホイールや新型マルチメディアプラットフォーム「V4-MP」も標準装備されるなど、サーキット最速を目指すための性能を最優先としながらも、ストリートユースにも配慮した最新機能がフルスペックで与えられているのが特徴となっている。

アプリリア RSV4 RF(2017) 試乗インプレッション

この上なくスパルタンだが
意外なほど乗りやすい

アプリリア RSV4 RF(2017)の試乗インプレッション

イタリアの国旗をモチーフにしたナショナルカラーに「aprilia」のロゴがこれでもかと言わんばかりに大きくプリントされた車体。戦闘機のようなスパルタンなデザインと炸裂するV4エンジンの咆哮。誰が見てもレースの世界からやってきた凄い性能を持ったマシンであることは一目瞭然だ。ある意味、その存在意義がとてもストレートに分かりやすいマシンと言える。

RSV4の真骨頂は、やはりV4エンジンだ。つい最近までアプリリアのMotoGPマシンもこのエンジンがベースに使われていたことからも、潜在的なパフォーマンスの高さは折り紙付きである。元々V4というレイアウトはレース用パワーユニットとして理想的な形と言われてきた。軽量コンパクトでマスを集中化しやすく、Vツインのスリムさとトラクション性能、直4の滑らかさと高回転パワーを併せ持ったエンジンとされている。

アプリリア RSV4 RF(2017)の試乗インプレッション

2017年モデルでは吸気ファンネルの改良やピストンの軽量化、バルブタイミングの最適化など少なくない見直しにより、ピークパワーは変わらないもののエンジンフィーリングはさらに滑らかに洗練された。もちろん、エンジンを空吹かしすると噛みつかれそうな迫力だし、カタパルトで射出されたかのような爆発的な加速力は健在だ。ただ、不思議なことにスロットル開けしなのツキはとてもマイルド。パワー特性も右手に忠実なリニアさがあって、ドライバビリティは非常に良い。よく考えればそれも当然で、扱いにくいマシンで世界タイトルを何度も取れるはずがない。

スーパーバイクレプリカと聞くと、気難しくて普通のライダーではとても扱えないと思われがちだが、実はそんなことはなく、特に現代のマシンは電子制御テクノロジーによって人間が苦手とする部分をきれいに補ってくれる。たとえば、前述のスロットル微開領域での繊細なコントロールや限界時のタイヤのグリップ感覚などだ。2017年モデルでは統合された電子制御パッケージ「APRC」がさらなる進化を遂げ、ライダーサポートがさらに手厚くなっている。

アプリリア RSV4 RF(2017)の試乗インプレッション

大きな変更点としては、コーナリングABSが入ったことで理論上はフルバンクでフルブレーキングが可能な設定となっている。もちろん、そんな真似は自分自身のリミッターが効いてしまって無理だし、ことさら公道では試すべくもない。ただ、こうした機能が付いているだけで大きな安心感になるし、実際に思いもかけぬパニック時などは安全マージンを大幅に高めてくれるはずだ。

ダウンシフターも便利なことこの上ない。クラッチを使わずにシフトダウンできるので、例えばコーナー進入に向けてブレーキングしながらギアを落としていく場合などでも従来のようにブリッピング(空吹かし)したり、半クラを長めに当ててエンジンブレーキを緩和させたりする必要がない。驚きなのはブリッパー機構搭載で勝手にブリッピングして回転数を合わせてくれる。さらにはスリッパ―クラッチがバックトルクを吸収してくれるので、コーナリング中に連続してギアを落とすことも可能なのだ。他にもクルーズコントロールによって高速クルーズでの快適性も高まっている。

アプリリア RSV4 RF(2017)の試乗インプレッション

最新のAPRCは3種類のエンジンマップや8レベルのトラクションコントロールと3段階のABSなどを含め、ここに挙げてもキリがないほど多様な設定が可能になっている。それをコントロールするのが左手元にあるスイッチボックスで、2017年モデルではそのデザインが刷新された。スイッチの配置は一見複雑に見えるが、主にはジョイスティックで操作できるので、慣れれば意外と簡単だ。また、セッティングの状態は大型のフルカラーTFTディスプレイによって表示されるので視覚的にも理解しやすく、ブレーキ入力やスロットル開度、バンク角などの各種パラメーターもリアルタイムに表示されるなど、まるでMotoGPマシンか戦闘機を操っているような雰囲気が楽しめる。

アプリリア RSV4 RF(2017)の試乗インプレッション

ハンドリングはこの上なくクイックでシャープ。ライディングポジションもハンドルが低くシートは高め、前後サスペンションは高荷重型でビギニングでの沈み込みも少ないなど、レーシングマシンそのものといった雰囲気。自分が知る限り、公道マシンの中でも最もスパルタンなキャラクターと言ってもいいだろう。その割り切り感がまた気持ちいい。

これだけのパフォーマンスを持ったエンジンと車体であるのにも関わらず、最新の電制パッケージによってライダーが楽に安心して乗れることが、RSV4 RFの最大のメリットと言えるだろう。

詳細写真

2017年型のV4エンジンは、従来どおり水冷65度V型4気筒DOHC4バルブを踏襲しつつ、各部の熟成により若干の高回転化が図られた。本国仕様で最高出力201psを実現しつつユーロ4に対応。ちなみに吸気ファンネルは従来の可変式から固定式に改められている。

2017年モデルにはオーリンズ製φ43mmTTX倒立フォークにブレンボ製M50モノブロック・4ピストンラジアルマウントキャリパーを新たに採用。ディスク径も10mm拡大されてφ330mmとなった。コーナリングABSを標準装備し、さらなるパフォーマンスと安全性を実現。

完全新設計のエキゾーストシステムを採用。2つのラムダセンサーと排気バルブを内蔵した新型マフラーは、新たなユーロ4の騒音および排出ガス規制に対応しつつ、クラス最高のパフォーマンスと迫力あるV4サウンドを継承。サイレンサーのサイズは若干大きくなっている。

リアブレーキはブレンボ製2ピストンキャリパーとφ220mmディスクを継承。前後オーリンズと繊細なデザインの10本スポークタイプの軽量鍛造ホイールはRFだけの専用装備となっている。

オーリンズ製TTXモノショックビギーバックタイプを新採用。圧側と伸び側それぞれのダンパー調整機構をサブタンク横に設置することで、さらに素早く簡単にセッティングすることが可能に。APRCを制御する慣性測位ユニットには最新のボッシュ製9.1MPが採用されている。

フロントカウルは従来型を踏襲。ヘッドライト左右がロー、センターがハイビームで、バックミラー内蔵式のウインカーはLEDを採用する。カラーリングとグラフィックは2017年仕様に刷新された。

極端に絞り込まれてミニマライズされたリアビュー。X型にも見えるスポイラー状の突起が特徴的なデザインは従来型を踏襲。コンパクトなテールライトとウインカーもLEDタイプ。

コーナリングでの荷重を受け止めるための幅広いシート。シート表面は硬めだがクッションは程よい厚みで座り心地も良好だ。シートカウルのセンター部分のパーツを付け替えることでエマージェンシー用タンデムシートにもなる。ちなみにシート高は従来よりも5mm下がった。

左側グリップ手元に集中的に配置された各種スイッチ類。APRCのモードやパラメーターは主には右上のジョイスティックと右下のパドルスイッチで操作するが、唯一エンジンマップだけは右手元で操作する仕組み。慣れは必要だが操作自体は簡単だ。

プリロード調整および左右独立した減衰機構を持つオーリンズ製NIX倒立フォークを採用。調整式ステアリングダンパーもFCだけの装備だ。樹脂製タンクカバーの天面には、アプリリアの世界選手権でのチャンピオン獲得回数「54」を表したエンブレムステッカーが誇らしげに貼られている。ちなみに燃料タンク容量は18.5リットルとツーリングにも十分なレベルだ。

2017年モデルで大きく進化した装備のひとつがダウンシフター。従来のシフトアップに加え、シフトダウン時にもクラッチを使うことなくギアチェンジが可能となった。ペダルの内側に見えるチェンジロッドと一体化した筒状のパーツが圧力センサー部。

ライディングに関するインフォメーションやAPRCのセッティング情報をトータル的に表示する4.3インチTFTカラーディスプレイを新採用。画面右下に見えるのがブレーキ入力、スロットル開度、バンク角(写真では13度傾斜)などのパラメーターを視覚化したもの。昼間と夜間、ロードとレースなどで選択できる多彩な表示オプション機能を備える。

SPECIFICATIONS – APRILIA RSV4 RF(2017)

アプリリア RSV4 RF(2017) 写真

価格(消費税込み) = 275万円
※表示価格は2017年7月現在

アプリリアが誇る最高峰スーパースポーツの最新モデル。第4世代の電子制御パッケージ「APRC」を採用した最高出力201psのV4エンジンを搭載するなど、走りは超アグレッシブ。

■エンジン型式 = 水冷4ストローク65°V型4気筒 DOHC 4バルブ
■総排気量 = 999cc
■ボア×ストローク = 78.0×52.3mm
■最高出力 = 148kW (201HP)/13,000 rpm
■最大トルク = 115N・m/10,500rpm
■トランスミッション = 6速
■サイズ = 2,055mm×—mm×—mm
■車両重量 = 204kg
■シート高 = 840mm
■ホイールベース = 1,435mm
■タンク容量 = 18.5リットル
■Fタイヤサイズ = 120/70-17
■Rタイヤサイズ = 200/55-17

こちらの記事もおすすめです

この記事を読んでいる方におすすめの商品

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。