スズキ GSX-R750
スズキ GSX-R750

スズキ GSX-R750 – 栄光とともに熟成を重ねたスーパースポーツの元祖

掲載日:2017年03月31日 試乗インプレ・レビュー    

取材・文/佐川 健太郎  写真・動画/山家 健一  衣装協力/HYOD

栄光とともに熟成を重ねた
スーパースポーツの元祖

GSX-R750は1985年に初代が登場して以来、現在まで30年以上にわたって世界中で愛され続けてきたスーパースポーツの元祖的存在である。85年のデビューイヤーから当時の国内4ストロードレースの最高峰であるTT-F1クラスにおいて3年連続で王座に輝くなど圧倒的なパフォーマンスを証明。海外のメジャーレースでも活躍した。2000年代から全日本選手権やスーパーバイク世界選手権でのレギュレーション変更に伴い排気量が従来の750ccから1000cに変更されたことで、また国内メーカーの大型バイクに関する排気量自主規制撤廃などにより“ナナハン”はクラスとしてはマイナーになっていったが、それでもGSX-R750は栄光とともにその名を人々の記憶に刻みつつ、着実に進化熟成を重ねてきた。その最新モデルをあらためて試乗してみた。

動画『やさしいバイク解説:スズキ GSX-R750』はコチラ

GSX-R750の特徴は次ページにて

こちらの記事もおすすめです

この記事に関連するキーワード

この記事を読んでいる方におすすめの商品

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

新着記事

タグで検索