SWM グランミラノ440 試乗インプレ・レビュー

SWM
SWM グランミラノ440

SWM グランミラノ440

掲載日:2016年10月19日 記事カテゴリ 試乗インプレ・レビュー   

取材・文/佐賀山敏行  写真/井上 演

伝統のイタリアンブランドが生まれ変わった!
期待のミドルスポーツヘリテイジを検証する

かつてイタリアのエンデューロシーンを席巻したSWM。レースに勝つことを至上命題とした高い性能とイタリアンらしい美しいデザイン性で、1970年代に人気を博したメーカーだ。それがこのたび復活し、日本でもMV AGUSTA JAPANによって発売されることとなった。数あるラインナップのなかからリリースされることになったのは、グランミラノ440とシルバーベース440。今回はロードスポーツモデル、グランミラノ440の試乗を通じて、日本ではまだまだ馴染みの薄い「新生SWM」の知られざる魅力を紐解いていきたい。

SWM グランミラノ440 特徴

斬新で個性的なディテールと
トラディショナルな車体構成の融合

SWM グランミラノ440の試乗インプレッション

もともとSWMはイタリアで1971年に創業したモーターサイクルブランド。海外メーカーが躍進する同国のエンデューロレースシーンにおいて、自国(イタリア)モデルをもっと活躍させるべく生まれた。そのため、ラインナップされるモデルはエンデュランサーのほか、モトクロッサーやトライアルマシンなど、オフロードレーサーが中心であった。ちなみにSWMとは「Speedy Working Motors」の意で、レースに勝つためのメーカーであることがよく分かる。

そしてSWMが新たに「SWM Motorcycles(以下、SWM)」として生まれた変わったのが2014年。イタリア・ミラノで開催されたEMCIAで、グランミラノ440とシルバーベース440のプロトタイプが発表されたのだ。現在、SWMではエンデュランサーやモタード、アドベンチャーなど、125~650までさまざまなモデルがラインナップされているのだが、日本での取り扱いは上記2モデル。トラディショナルなデザインと現代的な性能や足周りをを融合させた「スポーツヘリテイジ」と呼ばれるジャンルに属するマシンである。

SWM グランミラノ440の試乗インプレッション

フレームはオーソドックスなセミダブルクレードルで、リアサスペンションはツインショック。まるでヤマハSR400のようなスタンダードなスタイリングを思い浮かべるのだが、そこはやはりイタリアン。エッジを効かせたデザインのフューエルタンクがそうしたイメージを良い意味で覆してくれる。前方が大きく広がり、ニーグリップポイントでグッとえぐるようなデザインは、グランミラノ440の個性を主張するものだ。

足周りに目を移すと、フロントフォークは倒立タイプでブラックアウトされたアウターチューブが精悍な印象を与えてくれる。ラジアルマウントのブレンボ製ブレーキキャリパーと相まって、走行性能に期待が高まる。リアサスペンションは別体タンク付きでダンパーの微調整が可能。スイングアームは角型テーパータイプとなっており、さらにスポーティな印象を高めている。

SWM グランミラノ440の試乗インプレッション

空冷単気筒エンジンとセミダブルクレードルフレームというトラディショナルな車体構成に、オリジナリティの高い外装デザイン、そして走りの性能を高めた足周り。まさにスポーツヘリテイジである。

グランミラノ440の排気量は約445cc。国内では大型自動二輪免許が必要だが、世界的に見ればミドルクラスに属する。車格も決して大き過ぎることはなく、かといって小ぶりでもない。街中からツーリングまで、あらゆるシーンで扱いやすく、適度なパワーでライダーを満足させてくれそうだが、果たして実際はどうなのか? 検証してみたい。

SWM グランミラノ440 試乗インプレッション

右に左に自由自在!
正統派シングルスポーツ

SWM グランミラノ440の試乗インプレッション

跨ってみると、シートは意外と分厚くて幅がある。身長174cmのライダーでも少しかかとが浮いてしまうのは、幅広のシートによって足が外側に押し出されるから。ただし車体自体は軽いので不安はない。セパレートタイプのハンドルは大きく広がっていて前傾はキツめ。対してステップはやや前寄りとなっていて、体型によっては腰への負担が大きいかもしれない。ただ、これはハンドルの絞り角などを調整すれば解消されるだろう。低いセパレートタイプのハンドルと前寄りのステップ(といっても十分バックステップと呼べるものだが)の組み合わせは、ビンテージ・カフェレーサーを思わせるもので、なんだか気分が盛り上がる。

SWM グランミラノ440の試乗インプレッション

注意しなければならないのがエンジンの始動だ。グランミラノ440はサイドスタンドを払わないとエンジンが始動しない。一般的な国産モデルはギアを入れたままサイドスタンドを払うとエンジンがストップするが、このモデルはまったく逆。あらかじめ説明を受けていたにも関わらず、ついいつものクセで、サイドスタンドを出したままセルスイッチを押してしまった。エンジンはかからないがセルモーターは回り続けるので、バッテリーの消費は激しくなる。

SWM グランミラノ440の試乗インプレッション

排気量445ccの単気筒エンジンはとてもトルクフルで、コンパクトな車体をぐいぐい引っ張ってくれる。SRのような激しい振動はなく、それでいて高性能シングルエンジンのように軽く回るわけでもない。適度な鼓動感を伴いながら、エンジンは素直に回転数を上げていくのだ。この絶妙なエンジンフィーリングがなんとも心地よい。

街中では交通の流れをしっかりとリードできる。ラジアルマウントのブレンボ製ブレーキは秀逸で、渋滞中のノロノロ運転での細かいブレーキングでも、急ブレーキをかけてみても変な挙動は見せず、常にライダーのコントロールのなかにある。エンジンこそオーソドックスだが、足周りはじつに素晴らしい。

SWM グランミラノ440の試乗インプレッション

高速道路に入ると、足周りの良さはさらに顕著に現れる。制限速度ギリギリまでスピードを上げても、車体はしっかりと安定し、車線変更もハイスピードコーナーも不安な挙動を感じることなく安心して走ることができた。倒立フロントフォークや剛性の高いスイングアームなど、オーバークオリティとも言える装備が車体に安定感をもたらしているのだ。

飛び抜けた性能があるわけではないが、エンジンのパワーをしっかりと受け止めることができるため、バイクを自由自在に操っている気分が味わえる。まさに正統派シングルスポーツと呼ぶにふさわしい。

SWM グランミラノ440の試乗インプレッション

現行のスポーツモデルと言えば、とてもライダーには扱いきれないような、強大なパワーを発するスーパースポーツや大排気量ツアラーが主流だが、グランミラノ440の場合は適度なパワー、そしてそれをしっかりと受け止める足周りによって、ライダーが走る楽しさを感じやすいモデルだ。トラディショナルと革新性を融合させたデザインは個性的で、所有欲も十分に満たしてくれる。

ビギナーからベテランまで、あらゆる層を満足させるシングルスポーツは、毎日の足としても活躍するし、ツーリングマシンとしても秀逸。“個性”を求めるライダーだけでなく、“普遍”を求めるライダーにもオススメできる1台だ。

詳細写真

身長174cm、体重89kgのライダーによるライディングポジション。

エンジンは排気量445.3ccで4ストローク空冷単気筒。外装はブラックアウトされ精悍なイメージとなっている。燃料供給はもちろんフューエルインジェクション。オイルクーラーを標準装備。

メーターはシンプルなアナログタイプ2眼式を採用。オド/トリップメーターはデジタル表示で、インジケーターランプはすべてメーター内に配置。

フロントフォークのダンパー調整はフォークトップで簡単に行うことができる。セパレートタイプのハンドルバーや、ブレンボのマスターシリンダーカップなどがスポーティな気分を盛り上げてくれる。

独特な表情を見せるフューエルタンクは、グランミラノ440の大きな特徴。容量は22.5リットル。見た目のインパクトだけでなく、実用性の高さもポイント。

広く居住性に優れたシートは快適なもの。ダブルシート以外にソロシートも標準キットとして装備に含まれている。

キャッツアイタイプのテールランプやミニウインカーなどがカスタム感をアップさせ、大きなグラブバーは実用的。この絶妙なバランスが素晴らしい!

フロントの足周りは、倒立フロントフォークにブレンボ製ラジアルマウントキャリパー、ウェーブディスクなど、スーパースポーツを思わせる装備をまとう。

リアサスペンションにはタンク別体式のツインショックを装備する。ダンパーやプリロード調整など好みのセッティングが可能。

前後ホイールはワイヤースポークタイプ。トラディショナルな雰囲気を漂わせる。レーサーのレインタイヤを思わせるトレッドパターンがまたインパクト「大」だ。

単気筒ながらもエキパイは2本出し。サイレンサーもミドルアップの2本出しとなっており、リアビューに迫力をもたらしている。

SPECIFICATIONS – SWM Motorcycles GRAN MILANO 440

SWM グランミラノ440 写真

価格(消費税込み) = 69万9,840円
※表示価格は2016年10月現在

4ストローク空冷単気筒エンジンをセミダブルクレードルフレームに搭載するトラディショナルな車体構成に、オリジナリティの高い外装デザインと走りの性能を高めた足周りを装備したスポーツヘリテイジ。

■エンジン型式 = 空冷単気筒 SOHC4バルブ

■総排気量 = 445.3cc

■ボア×ストローク = 90×70mm

■最高出力 = N/A

■最大トルク = N/A

■トランスミッション = 5速

■サイズ = N/A

■車両重量 = 145kg

■シート高 = 809mm

■ホイールベース = 1,410mm

■タンク容量 = 22.5リットル

■Fタイヤサイズ = 120/70-17

■Rタイヤサイズ = 150/60-17

この記事を読んでいる方におすすめの商品

あわせて読みたい記事

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます