SWM シルバーベース440 試乗インプレ・レビュー

SWM
SWM

SWM シルバーベース440

掲載日:2016年10月12日 記事カテゴリ 試乗インプレ・レビュー   

取材・文/佐賀山敏行  写真/井上 演

ストリートからフラットダートまで
ツーリングの幅を広げるスクランブラー

かつてイタリアのエンデューロやモトクロスシーンを席巻したSWMが、SWM Motorcycles(以下、SWM)として生まれ変わった。そしてストリートユーザー向けに発売されたのが、今回紹介する『シルバーベース440』だ。オーソドックスなエンジンやフレームながらもイタリアンらしいデザイン性に富んだ外装を持ち、高いオリジナリティを持っている。また、排気量445ccのエンジンは日本では大型クラスになるが、世界的に見ればミドルクラス。その乗り味は大型二輪免許保持者も満足させるものなのか? その魅力に迫る。

SWM シルバーベース440 特徴

かつてのストリートバイクブームを
彷彿させるポップな外観

SWM シルバーベース440の試乗インプレッション

シルバーベース440は、4ストローク空冷単気筒エンジンにセミダブルクレードルフレームというオーソドックスな車体構成に、アップマフラーやアンダーガード、ブロックタイプのタイヤを装着し、スクランブラー然としたスタイリングが与えられている。

SWM シルバーベース440の試乗インプレッション

まだオフロード専用モデルがなかった1960年代は、オンロードモデルをベースにアップマフラーやブロックタイヤを装着し、ダートを走れるようにしたモデルを、もともとはスクランブラーと呼んでいた。つまり、フレームやエンジンは兄弟車両であるオンロードモデルと共通で、足周りやハンドルバーなどをオフロードに合わせたものである。

SWM シルバーベース440の試乗インプレッション

シルバーベース440の兄弟モデルとしては、グランミラノ440がある。フレームやエンジン、フューエルタンクなどは同モデルと共有しており、じつはシルバーベース440は、ある意味「正統派のスクランブラー」と言えるのだ。

SWM シルバーベース440 試乗インプレッション

まさにオールマイティー!!
毎日気兼ねなく乗ることができる

SWM シルバーベース440の試乗インプレッション

シルバーベース440の始動は一般的なバイク同様、セルスイッチを押すだけだが、サイドスタンドを下ろした状態ではギアがニュートラルに入っていても、エンジンはかからないようになっている。そのため、バイクを停めた状態で暖機運転はできない。環境と安全性に配慮したシステムとなっているのだ。ただ、始動はしなくてもセルモーターは回ってしまうので、バッテリー上がりには注意である。

跨ってみると、アップハンドルと前寄りのステップ位置からなるライディングポジションは、上半身が程よく起き上がり、街中から長距離までストレスなく走れそうだ。気になるとすればフューエルタンクの形状で、ニーグリップしようとすると太ももがちょうどタンクの角に当たってしまう。ただしこれは体型や体格にもよるもので、身長174cmのライダーが乗車した際には違和感はなかったとのこと。気になる人は試乗時にチェックをお忘れなく。

SWM シルバーベース440の試乗インプレッション

前後サスペンションは程よくストロークし、さらにシートも柔らかい。足つき性は良好で、背の低いライダーや女性でも安心できると思う。はじめての大型バイクとして最適な1台と言ってもいい。

シルバーベース440専用の装備やディテールを見てみると、シンプルな正立フロントフォークに19インチのスポークホイールを装備し、メッキフェンダーやフォークブーツも相まって、クラシカルな雰囲気を演出している。リアサスペンションやスイングアームもシンプルな構成だ。

さらに、シルバーベース440で見逃せないのが、フューエルタンクのカラーリングだ。これはかつてのSWMモデルからインスパイアされたもので、ストリートモデルとはいえ、しっかりと同社の情熱が受け継がれていることを表している。

SWM シルバーベース440の試乗インプレッション

シンプルかつクラシカルな雰囲気を醸し出しつつ、特徴的なフューエルタンクや右側2本出しアップマフラー、フラット形状のダブルシートなどは、かつて日本で一大ムーブメントを巻き起こした「ストリートバイクカスタム」を思い起こすもの。気軽に乗れるスタイリングに、445ccのエンジンがどのような走りをもたらしてくれるのか?

いざ走りはじめると、4ストローク空冷単気筒エンジンは適度な鼓動感があり、アクセル操作に対しても素直にパワーが出てくる。操作感がダイレクトで心地よいのだ。445ccのエンジンから発せられるパワーは必要にして十分。普段はトコトコと鼓動を楽しみつつ、追い越し加速などでアクセルを大きめ開ければ、思い通りの加速を発揮してくれる。400ccよりちょっと大きいだけの排気量なのだが、この「ちょっと」が効いているのだ。

SWM シルバーベース440の試乗インプレッション

また、排気量は大型クラスだが車体は400クラスとほぼ同じ。当然車体も軽く(乾燥重量148kg)、アップライトなライディングポジションや良好な足つき性も相まって、ストップアンドゴーの多い街中でもストレスなく走らせることができる。

今回はフラットダートも走ってみた。当然、オフロード専用のトレールモデルに比べれば車重も重く、サスペンションも専用ではないため、自由自在に走らせるとは言い難い。しかしツーリングの一環として走るには十分なパフォーマンスを発揮してくれた。シルバーベース440なら、旅の途中でちょっと気になるダートに入る…なんてことが気兼ねなくできるだろう。

SWM シルバーベース440の試乗インプレッション

適度な車格とパワーによって、のんびりと走るツーリングから毎日の通勤にまで、シーンを選ばずに気軽に走ることができるのがシルバーベース440最大の魅力だと言える。イタリアンバイクは「面白いけれどクセが強い」なんてイメージを持つ人も少なくないと思うが、シルバーベース440はまったく違う。気負うことなく「足」として使うことができる。そう書くと面白味がないと思われるかもしれないが、それもまた違う。445ccの絶妙な排気量から発する鼓動とパワーが、ライダーにストレスを与えることなく、単気筒ならではの楽しさを感じさせてくれる。

飽きることなく長く乗れるバイクが欲しい。そう思っているライダーにとって、要チェックの1台である。

詳細写真

身長162cm、体重77kgのライダーによるライディングポジション。

排気量445ccの4ストローク空冷単気筒エンジンを採用。近年ではニューモデルと言えば水冷エンジンがほとんどだが、そんななかにあって貴重なモデルと言える。

サイドマウントタイプのオーソドックスな丸型ヘッドライト。ミニタイプのウインカーがスタイリッシュな印象だ。

アナログタイプのシンプルなメーターを採用。スピードメーターには「km」表示のほか「マイル」表示も併記されている。

独特の形状を持つフューエルタンクは兄弟モデル・グランミラノ440と共通。ただしカラーリングはシルバーベース440専用で、SWMの伝統色を採用。こだわりのディテールである。容量は22.5リットルと多め。

エキゾーストマフラーは右2本出しのアップタイプ。スクランブラーらしさが最も表れている部分。サイレンサーはキャブトンタイプで、カスタム感とクラシカル感をアップさせている。

フレーム下部にはアンダーガードを装備。これがあるだけでオフロード感がぐっと上がる。実際にハードな林道やモトクロスコースなどは厳しいが、気分をおおいに盛り上げてくれる。

フラットな形状を持つダブルシートは座り心地もよく、長時間乗っていても疲れにくい。大きなグラブバーはタンデム時はもちろん、荷物の積載にも役立つ。

グランミラノと共通のテールランプだが、ボディをメッキタイプとすることで差別化を図っている。フェンダーもメッキ加工されており、スラクランブラーらしさを演出している。

リアサスペンションとスイングアームはシンプルな形状。やや長めとすることで、スクランブラーらしさを醸し出している。

街中からフラットダートまで、違和感なく走ることができる。ホイールサイズはフロントが19、リアは17インチ。ブロックタイヤは走破性をアップさせるだけでなく、ドレスアップ効果も高い。

ブレーキは前後ともディスクタイプを採用。コントロール性が高く、ダートでも不安なくブレーキングできた。

前寄りのステップによってライディングポジションは絶妙。雰囲気を重視するなら、ステップラバーを外すのもアリかも。

SPECIFICATIONS – SWM Motorcycles SILVER VASE 440

モトグッツィ SWM シルバーベース440 写真

価格(消費税込み) = 69万9,840円
※表示価格は2016年10月現在

オーソドックスなエンジンやフレームにイタリアンらしいデザイン性に富んだ外装を持ち、高いオリジナリティを持って登場した単気筒エンジンのスクランブラー。

■エンジン型式 = 空冷単気筒 OHC4バルブ

■総排気量 = 445.3cc

■ボア×ストローク = 90×70mm

■最高出力 = N/A

■最大トルク = N/A

■トランスミッション = 5速

■サイズ = N/A

■車両重量 = 145kg

■シート高 = 809mm

■ホイールベース = 1,410mm

■タンク容量 = 22.5リットル

■Fタイヤサイズ = 100/90-19

■Rタイヤサイズ = 130/80-17

この記事を読んでいる方におすすめの商品

あわせて読みたい記事

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます