ホンダ NC700X デュアル・クラッチ・トランスミッション
ホンダ NC700X デュアル・クラッチ・トランスミッション

ホンダ NC700X デュアル・クラッチ・トランスミッション – 人気モデルにオートマチック仕様が登場

掲載日:2012年07月05日 試乗インプレ・レビュー    

取材・文/佐川 健太郎  撮影/MOTOCOM  衣装協力/HYOD(ヒョウドウプロダクツ)

人気のクロスオーバーモデルに
オートマチック仕様が登場

ホンダが提唱する新時代のモーターサイクル、NC700X に有段式自動変速機(=デュアル・クラッチ・トランスミッション、以下 DCT )を搭載した 『NC700X Dual Clutch Transmission 』 が新たに加わった。DCT は2輪専用としてホンダが VFR1200F に初めて採用したものだが、今回のタイプはインテグラにも採用された進化版の第2世代ということで、油圧回路のシンプル化などにより、さらなる軽量コンパクト化を実現しているのが特徴だ。「簡単な操作で上質なスポーツライディングを楽しむ」ことを目的に開発された DCT だが、NC700X とのマッチングはいかなるものか、とくと検証してみたい。

ホンダ NC700X デュアル・クラッチ・トランスミッションの特徴は次ページにて

こちらの記事もおすすめです

この記事に関連するキーワード

この記事を読んでいる方におすすめの商品

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

新着記事

タグで検索