KTM 200 DUKE 試乗インプレ・レビュー

KTM 200 DUKE
KTM 200 DUKE

KTM 200 DUKE

掲載日:2012年06月21日 記事カテゴリ 試乗インプレ・レビュー    

取材・文/淺倉 恵介

待望の小型2輪カテゴリーへの進出で
ますます楽しみが広がるDUKEファミリー

KTM のストリートネイキッド DUKE シリーズに、待望のミドルクラスモデル 『200 DUKE』 が加わった。KTM がオフロードバイクを中心に発展してきたメーカーということもあり誤解を受けやすいが、DUKE シリーズは純粋なオンロードスポーツ。オフロードマバイクとは全ての面で一線を画す設計が施されており、それは 200 DUKE でも変わらない。

 

200 DUKE は、先行してリリースされ、全世界的に好評を博している 125 DUKE のスケールアップモデルとして生み出された。フレームや外装、サスペンションなど、エンジン以外のパーツはほぼ共通部品で、生産も 125 DUKE と同じくインドで行われている。200cc の排気量を得ることで原付2種という枠から解き放たれ、行動範囲と走りの楽しさを大きく拡げた。価格は国産車並みか、それ以下という低さを実現しており、ミドルクラスに大きな話題を呼びそうな1台だ。

KTM 200 DUKE 特徴

KTM 200 DUKE 写真 KTM 200 DUKE 写真 KTM 200 DUKE 写真


エンジンは完全新設計の専用品
車体は基本的に変更なし

KTM 200 DUKE 写真フレームや前後サスペンション、ホイールなど車体の主要部品は 125 DUKE と共通の 200 DUKE だが、エンジンに関しては全くの新設計品。排気量アップは、ボア、ストローク両方で行われており、シリンダーボアはφ58mm からφ72mm、ストローク量は 47.2mm から 49mm へとそれぞれ拡大して 199.5cc の排気量を得ている。また、インジェクションのスロッットルボディもφ33mm からφ38mm へと拡大。マフラーもエキゾーストパイプが太くされた専用品が装備されている。これらにより、最高出力は約 11PS アップの 26PS、最大トルクは 20Nm を発揮する。また排気量が 250cc フルサイズではない理由だが、無理にエンジンを大きくせず「車体とのバランスで最適な部分を探った結果」とのことだ。他には車両重量が約2kg 増、パワーアップに合わせてリアスプロケットを 2T ロング化し、43T に変更されているなどだ。

 

200 DUKE の生産は、125 DUKE と同じインドで行われているのだが、日本導入へのプロセスが異なる。125 DUKE の場合、インドで組み上げられた車両を一旦オーストリアの KTM まで送り、そこで最終チェックを行った上で日本に輸送されていた。それが 200 DUKE では、インドで組み上げられるところまでは同じだが、インドから日本へ直送し、最終チェックを日本国内の KTM JAPAN の手によって行う。オーストリアに送る工程をカットすることで時間とコストを削減しているのだ。それによって 125 DUKE からわずか4万円アップという魅力的な価格を実現し、また最終チェックを日本人の厳しい目で行うことで、よりレベルの高い品質管理が可能となっている。

KTM 200 DUKE 試乗インプレッション

シングルらしからぬスムーズな回転上昇
排気量アップに伴う豊かなトルク特性が魅力

KTM 200 DUKE 写真自分は 125 DUKE を非常に高く評価している。125 DUKE のファーストインプレッションは衝撃の一言だった。とにかくシャシーのクオリティがズバ抜けていた。フレームはガッシリと荷重を受け止め、前後サスペンションは実に上質に動く。さすがにエンジンはパワフルだとは思わなかったが、高級感のある回り方は自分にとって 125cc クラスの概念からは外れた質感があった。125cc クラスのバイクとは、これほど楽しめるものなのかと目から鱗が落ちた気がしたものだ。また、インド製ということにも驚かされた。工業国という意識がなかったインドの生産技術について認識を改めさせられたものだ。125 DUKE は自分にとってバイクの世界を拡げてくれた革新者であり、125cc クラスにおけるベンチマーク的存在だ。よほど購入してしまおうかとも考えたのだが、どうしても引っかかっていたのが 125cc では高速道路を走れないところだ。

 

KTM 200 DUKE 写真125 DUKE はスポーツランが素晴らしく面白い。だからこそワインディングを走らせたいと思うのだが、山の麓にでも住んでいなければ峠に至るまでに退屈な移動区間があるもの。その点で、高速道路が走行不可の 125cc クラスは大きなマイナスポイントがある。125cc クラスは維持費が安くコミューターにも最適だが、いくら KTM 製品としては破格だといっても、やはりそれだけに使うのには高価だし、それでは DUKE を手に入れる意味がない。スポーツしてこその DUKE だ。だからこそ 200 DUKE 登場の報を耳にした時は驚喜した。125 DUKE での不満点が完全に解決されるのだ。

 

さて、その 200 DUKE を初めて目にしたところ、外観からは 125 DUKE と見分けがつかない。よくよく見るとタンクの数字が「200」に変わっていることに気付くくらいである。聞けば、車体に関しては 125 DUKE と全く同一であるという。もともと抜群に出来の良い車体だから、これは期待が高まる。エンジンパワーが大きく上がっている分、パワーとシャシーのバランスがどうなるかという不安はあるが、まずは走ってみることだ。

 

KTM 200 DUKE 写真試乗会場はミニサーキットと一般公道が用意されていた。まずはミニサーキットで走り出す。ごくごく低回転域のトルクは期待したほどではなく、多少回転数を上げ気味にしないと発進は鈍い。だが、回転上昇の滑らかさ 125 DUKE 並かそれ以上。シングルエンジンらしからぬスムーズさなのだ。シングルに鼓動感を求める向きには不満かもしれないが、こういったシングルも、個人的には嫌いではない。そして気になるのがパワーだろう。しょせんは 200cc の排気量、もちろんリッターバイクのように速いわけではない。125 DUKE と比較するなら、もちろん大幅にパワフルだ。だが、排気量アップのメリットはピークパワーよりトルク特性の変化にあるのだろう。限られた排気量の中で、ある程度のパワーを引き出す必要のある 125cc エンジンは、比べてしまうとやはりピーキー。その点 200cc エンジンにはトルクに余裕がある。中回転域からのトルク感はなかなかで、しっかりと車速を乗せる加速力があり、マルチエンジンのようにスムーズに回る。残念に感じたのが、フラットなパワー特性な分、高回転域でのパワー感が希薄なこと。レブ近くでもう一伸びすると、ドラマチックでより楽しいだろうと感じた。ともあれ、100km/h には簡単に達するし、一般道はもちろん高速道路でもパワー不足でモタつくようなことはないだろう。今回は高速道路を走ることはできなかったが、いずれ試してみたいものだ。

 

KTM 200 DUKE 写真車体に関しては、事前の心配は杞憂に過ぎなかった。フレームもサスペンションも、なんの違和感もなくパワーを受け止めている。これはもう自分が理想に描いていた 125 DUKE の強化版に他ならない。一刻も早く、お気に入りのワインディングで試してみたい。そう思わせるマシンだ。

画像をクリックすると拡大画像が表示されます

SPECIFICATIONS – KTM 200 DUKE

KTM 200 DUKE 写真

価格(消費税込み) = 48万9,000円

高品質な前後サスペンションをはじめ、こだわりの作り込みで125クラスに新風を吹き込んだ『125DUKE』の排気量アップ版。エンジン以外は125とほぼ同一ながら、パワーアップにより今まで以上に楽しい走りが期待できる。

■エンジン型式 = 水冷4ストロークDOHC4バルブ単気筒

■総排気量 = 199.5cc

■ボア×ストローク = 72.0×49.0mm

■最高出力 = 19kw(26PS)/10,000rpm

■最大トルク = 20Nm/8,000rpm

■トランスミッション = 6速

■サイズ = 全長2,029×全幅836×全高1,267mm

■始動方式 = セル式

■燃料供給 = ボッシュ電子制御フューエルインジェクション

■車両重量 = 約126kg(半乾燥重量・燃料含まず)

■シート高 = 810mm(無負荷)

■ホイールベース = 1,350+-15mm

■タンク容量 = 11リットル

■Fタイヤサイズ = 110/70R 17

■Rタイヤサイズ = 150/60R 17

■フロントフォーク = WP倒立フォークφ43mm

■リアサスペンション = WPモノショック

■乗車定員 = 2名

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

あわせて読みたい記事