カワサキ ヴェルシス 1000 試乗インプレ・レビュー

カワサキ ヴェルシス 1000
カワサキ ヴェルシス 1000

カワサキ ヴェルシス 1000

掲載日:2012年05月24日 記事カテゴリ 試乗インプレ・レビュー    

取材・文/佐川 健太郎  撮影/MOTOCOM

群雄割拠のアドベンチャーツアラーに
伝統の直4エンジンで挑む

いま、ビッグバイク市場で世界的に人気の高いカテゴリーとして注目されているのが、アドベンチャーツアラーである。荷物を積載し、ソロでもタンデムでも道なき道を行くタフなロングツアフラー。代表的なモデルとしては BMW 『R1200GS』 やドゥカティ 『ムルティストラーダ1200』、ヤマハ 『XT1200Z スーパーテネレ』 などがこれに当たる。

 

こうした群雄割拠の中に、あえてスポーツモデル系の直列4気筒エンジンでブランニューモデルを送り込んできたカワサキの狙いとは…? その意図を探りつつ、ヴェルシス1000の素性に迫りたい。

カワサキ ヴェルシス 1000 特徴

カワサキ ヴェルシス 1000 写真 カワサキ ヴェルシス 1000 写真 カワサキ ヴェルシス 1000 写真


オールラウンドな旅の性能に
電子デバイスで完全武装

カワサキ ヴェルシス 1000 写真あらゆる道を走破する「ストリートサーファー」をコンセプトに生まれたブランニューモデルが、ヴェルシス1000である。エンジンは Z1000 をベースとする水冷DOHC16バルブ、排気量 1,043cc の並列4気筒を採用。常用域での扱いやすさを重視し、最高出力を 118PS に抑えた分、より低中速域でのトルクをワイドに向上させている点が特徴だ。フレームはステアリングヘッドパイプ、左右メインチューブ2本のクロスパイプからなる5ピースのアルミダイキャスト製で、エンジンを剛性メンバーとすることで軽量化と高剛性を両立。メインフレームをエンジン上部に通したアルミツインチューブ構造によりスリム化とともに、優れたハンドリング特性と接地感、高い安定性、軽快なコーナリング性能を実現した。

 

アドベンチャーツアラーの装備としては、長距離高速移動を想定した大型フロントカウルと左右に広がったサイドフェアリング、30mm の範囲で無段階調整可能なアジャスタブルウインドスクリーンを搭載。クッション性に優れる新型シートを投入するなど、ライダーの快適性向上を図るとともに、高強度のスチールパイプリアフレームを採用することで、パッセンジャーと荷物を合わせて 220kg の積載重量を確保。1回の給油で 400km を走破できる21リットルの大容量フューエルタンクを搭載するなど、本格的なロングランに対応。DC ソケットやパニア&トップケースなどのアクセサリーも充実している。

 

カワサキ ヴェルシス 1000 写真“足長系” の真骨頂でもあるサスペンションも充実。フロントフォークはインナーチューブに大径シリンダーを備える KYB 製次世代倒立フロントフォークを採用し、フォークの伸縮が切り替わる際に逆方向へと流れるオイルをコントロールする減衰力調整バルブを装備することで、滑らかで安定した動きを実現した。リアショックには本体ユニットとリンケージをスイングアームの上部に配置することで排気熱の影響を受けにくくする、ホリゾンタルバックリンクタイプを採用。前後 150mm の豊富なホイールトラベルが、優れた衝撃吸収性と路面追従性を生み出している。リア側にはリモートプリロードアジャスターを搭載し、タンデム走行時や荷物積載時などは手元で簡単にセッティング変更できる点も嬉しい。

 

カワサキ ヴェルシス 1000 写真注目すべきは電子デバイスだ。ヴェルシス1000 には Ninja ZX-14R 同様、最新スペックの KTRC (カワサキ・トラクション・コントロール)を搭載。ライディング状況に応じた3つのモードによって、スポーツライディングや滑り易い路面でも安定した車体挙動を維持することが可能である。

 

加えて、ライダーの好みや走行状況によって出力特性を選択できるパワーモード機能も装備。フルパワーとローパワーの2つのモードから選べ、ローパワーでは75%に出力が抑えられてスロットルレスポンスもマイルドに設定されるなどライダーをサポート。また、前後ブレーキには2011年型 ZX-10R と同様の世界最小・最軽量のボッシュ製 ABS ユニットを採用し、高精度の ABS コントロールを可能にするなど、パフォーマンスとともに高い安全性を両立している点も見逃せないポイントだ。

カワサキ ヴェルシス 1000 試乗インプレッション

世界基準のデカさとパワー
スケールの大きさが魅力

カワサキ ヴェルシス 1000 写真「デカいな~」というのが第一印象。1,000cc という排気量は昨今では珍しくないが、車格はそれ以上のサイズ感がある。ヴェルシス(650)と比べるとふたまわりは大きい。跨ってみると、さらにそれを実感できる。1,500mm を優に超えるホイールベースに 240kg 近い車重、足長系の宿命でもある高いシートなど「ちょっと手強いぞ」というメッセージが直観的に伝わってくる。

 

エンジンは思っていた以上に軽やかでシャープ。見た目がデュアルパーパス的なので “モッサリ” しているかと油断していたが、スロットルレスポンスはけっこう鋭い。考えてみれば、エンジンは Z1000 やニンジャ 1000 と同系である。つまり、カワサキの最新リッタースポーツのエンジンそのものなのだ。

 

ヴェルシス 1000 の魅力はこのエンジンにある。カワサキと言えば “4発”。かつての空冷Zや水冷 GPZ シリーズで築き上げてきた、十八番の直4エンジンの伝統はこの最新モデルにも脈々と息づいている。中速域の “ゴリゴリ” とした骨っぽいトルク感と、回転数を上げるときの天まで抜けるような上昇感は、まさにカワサキの大排気量直4ならではの魅力だ。他のライバルと思わしきアドベンチャーツアラーたちが軒並み2気筒エンジンであることを考えると、好き嫌いは別として、これは大きな差別化と言えよう。実際、加速力ではカテゴリー内最強レベルだと思う。

 

カワサキ ヴェルシス 1000 写真ハンドリングは独特で、足長系らしい高さを生かしたダイナミックなコーナリングが新鮮だ。上体がアップライトでシートも高いので、ライダーの目線はかなり高いところにある。倒し込みでは建物の2階からダイブしていく感じになり、旋回中も地面が遠いので、慣れるまではちょっと躊躇うはずだ。また容量21リットルの燃料タンクや、がっちりと作られたリアキャリアなどの重量物が高い位置にあるため、特にガソリン満タン時などは、低速コーナーなどでちょっとグラッとする感がある。

 

ただ、車体の動きそのものは基本的に軽快なので、こうしたクセを理解した上でスロットルワークとサスペンションの反動を使えば、パタンパタンと気持ち良く切り返していける。サスペンションの豊富なストローク量を生かして車体の姿勢を作っていくのが、この手のバイクを乗りこなすコツだ。ゆえにライダーの動作もややゆったりのほうがしっくりくる。エンジンが強力かつ鋭いので、あまりガツガツ走ろうとすると、かえってリズムを崩しやすいのだ。

 

高速巡航は直4パワーと路面に影響されない長い足、乗り心地の良いシート、小ぶりでも効果の高いウインドスクリーンのおかげで、ロングツアラー並みに快適。上体も前傾せずに済むので、日本の速度レンジだったら 1400GTR より快適かもしれない。ブレーキも扱いやすくコントローラブルで、パワーと車重を考えればもう少し初期に食い付きがあってもいいかとも思ったが、たぶんこれも、姿勢安定を優先してのことだろう。いざというときには ABS が作動してくれるので安心感は絶大だ。ABS の作動フィールもキックバックが少なく自然なものだ。

 

カワサキ ヴェルシス 1000 写真ヴェルシス 1000 でもうひとつ注目すべきポイントは、電子デバイスである。ZX-14R 同様、3モードのトラクションコントロール(KTRC)と、「ロー」と「フル」をセレクトできるパワーモード機能が搭載されているが、これが秀逸。ZX-14R に比べるとトラクションコントロール介入時の挙動は穏やかで、砂利道など滑りやすい路面などではきれいに駆動力を逃がしつつ、スリップを最小限に抑えてくれる。アスファルト路面でもコーナー立ち上がりなどでスロットルを開け過ぎたときなど、即座に介入してスライドをコントロールしてくれる。ライダーの負担を軽減しつつ、安全かつ快適に遠くまで運んでくれる、まさに魔法の装置だ。ちなみに、このマシンのキャラクターを考慮すると、普段はトラクションコントロール介入度最大の「3」と、パワーを抑えた「ロー」の組み合わせにしておくのが平和だと思う。

 

ヴェルシス 1000 は最初に想像していたとおり、世界基準のアドベンチャーツアラーだった。正直なところ、ライダーの技量や体格を選ぶだろうし、日本の道では少々持て余すかもしれないが、それを補って余りある “パフォーマンスの魅力” を持ったバイクであることも事実。旅の荷物を満載して、高速道路でもダートでも道を選ばず、どこまでも突っ走る…。そんな妄想を広げてくれるスケールの大きいバイクだ。

やさしいバイク解説:カワサキ ヴェルシス 1000

画像をクリックすると拡大画像が表示されます

SPECIFICATIONS – KAWASAKI Versys 1000

カワサキ ヴェルシス 1000 写真

価格(消費税込み) = 129万8,000円

カワサキがあらゆる道を走破する「ストリートサーファー」をコンセプトに掲げた、パワフルな直4エンジンを搭載する“足長系”アドベンチャーツアラー。

■エンジン型式 = 水冷4ストローク DOHC並列4気筒

■総排気量 = 1,043cc

■ボア×ストローク = 77.0×56.0mm

■最高出力 = 118HP/9,000rpm

■最大トルク = 10.4kg・f/7,700rpm

■トランスミッション = 6速

■サイズ = 全長2,110×全幅770×全高1,180mm

■車両重量 = 239kg

■シート高 = 845mm

■ホイールベース = 1,520mm

■タンク容量 = 21リットル

■Fタイヤサイズ = 120/70-17

■Rタイヤサイズ = 180/55-17

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

あわせて読みたい記事