SYM ウルフ SB250Ni
SYM ウルフ SB250Ni

SYM ウルフ SB250Ni – SYM初の本格的250ccロードスポーツ

掲載日:2012年02月09日 試乗インプレ・レビュー    

台湾のナショナルブランドが放つ
初の本格的 250cc ロードスポーツ

台湾のバイクメーカーである SYM は、正しくは三陽工業というメーカーが展開するブランド名。バイクだけではなく4輪の生産も行っている。2輪と4輪の両方を生産しているメーカーは、台湾では三陽工業だけだ。

スクーターの印象が強い SYM だが、実はロードスポーツモデルの生産にも歴史がある。今まで SYM のロードスポーツモデルは 125cc クラスを中心に展開されてきたが、初の本格的 250cc モデルとして登場したのが、この Wolf SB250Ni なのだ。台湾ではすでにメジャーブランドとして確立しており、欧米やアジア各国をはじめ世界中に輸出を行っている SYM にとって、Wolf SB250Ni はグローバル戦略車として位置付けられており、ヨーロッパなどにも輸出されている意欲作だ。

SYM ウルフ SB250Niの特徴

ストリートファイタースタイルに
豪華な最新装備を満載

Wolf SB250Ni に搭載されるエンジンは、水冷4ストロークSOHC4バルブエンジンで、ボア×ストロークは φ71mm×63mm のオーバースクエアタイプ。最高出力は 7,500 回転で約 25PS、最大トルクは 6,000 回転で 2.35kg-m を発揮する。吸気システムには電子制御式インジェクションを採用し、マフラーに装備されたキャタライザーとの組み合わせで排気ガスを浄化。高い環境性能も実現している。台湾の環境基準は非常に厳しく、2009年に施行された「台湾五期規制」というレギュレーションは、世界で最も厳しいといわれる EURO-3 や、日本の排気ガス規制に並ぶものだ。もちろん Wolf SB250Ni も、台湾五期規制適合車である。

SYM ウルフ SB250Niの画像

スチールパイプで構成されたフレームはダイヤモンドタイプ。スイングアームは角型断面のスチール製で、モノショックによって支持されている。フロントフォークは一般的な正立式のテレスコピックタイプだが、正立フォークには珍しくラジアルマウントタイプのブレーキキャリパーを装備しているなど、なかなかの豪華装備を誇る。前後ブレーキローターは、流行のペータル形状を採用。車体面で特徴的なのが 1,320mm というホイールベースで、これは 250cc クラスのロードスポーツとしてはかなり短く、俊敏な運動性を予感させる。

大型でスラント(傾斜)した形状を持つヘッドライトや、大きく張り出したラジエーターシュラウドなど、マッシブなエクステリアはヨーロッパで人気のストリートファイター的造形が持たされている。国内市販されている 250cc クラスの国産マシンには無いフォルムであり、その辺りからも Wolf SB250Ni が世界戦略車であることが伺える。

SYM ウルフ SB250Niの試乗インプレッションは次ページにて

こちらの記事もおすすめです

この記事に関連するキーワード

この記事を読んでいる方におすすめの商品

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

新着記事

タグで検索

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。