BMW Motorrad K 1600 GTL 試乗インプレ・レビュー

BMW Motorrad K 1600 GTL
BMW Motorrad K 1600 GTL

BMW Motorrad K 1600 GTL

掲載日:2011年10月06日 記事カテゴリ 試乗インプレ・レビュー   

並列6気筒に対する概念を覆し
2輪業界に新しい風を巻き起こす

今年度から発売が始まった K1600GTL は、ベネリ・セイ(1976年~)、ホンダ CBX (1978年~)、カワサキ Z1300 (1978年~)、ホンダ GL1500/1800 シリーズ(1988年~)に次ぐ、量産モーターサイクルの世界では5番目の6気筒エンジン搭載車である。100年を超える2輪の歴史の中でたったこれだけ? と思う人がいるかもしれないが、“寸法が大きく、重量が重くなりがちな6気筒は、量産モーターサイクルには不向き” というのが、2輪業界における昔からの定説で、前述した4台の中で大成功を収めたのは、水平対向という特殊なエンジンレイアウトで独自の地位を確立した GL1500/1800 シリーズだけだった。ではどうして今、BMW は新たに6気筒車を開発したのだろうか。それもピストンが同一直線上にズラリと並ぶ並列(BMWの表現では直列)配置で…。

 

その答えとしては、まずブランドイメージの向上という要素が挙げられるだろう。このエンジンなら4輪業界で BMW の代名詞となっている “ストレート6” との関連性が持たせられるし、近年の2輪で唯一の形式となれば、他メーカーにはない独自性をアピールできる。しかしそれ以上に重要な要素は、現代の BMW の技術力なら、かつてとは比較にならないほど、小さくて軽い並列6気筒が作れるから、ではないだろうか。事実、K1600GTL に搭載されるエンジンは、並列4気筒の K1300 に対して、全幅は8cm、重量は17kgしか増えていないのだ。もっとも、K1600GTL の車格はその数字から想像するよりはるかに大柄に設計されているものの、BMW が総力を結集して生み出したこの並列6気筒車は、技術的には停滞している感のある近年の2輪業界に、新しい風を巻き起こしてくれそうな気配が濃厚なのである。

BMW Motorrad K 1600 GTL 特徴

ワープを思わせるジェントルな加速は
他のエンジンでは実現できない世界

K 1600 GTL 写真
K 1600 GTL 写真
K 1600 GTL 写真 K 1600 GTL 写真

K1600GTL の 160ps という最高出力は、少し前にカタログから姿を消した並列4気筒の K1300GT と同じである。しかし当然ながら、フィーリングはまったく違う。1/2次振動を完全に解消できる並列6気筒を搭載する K1600GTL のほうが(並列4気筒は2次振動が残るため、K1300 シリーズを筆頭とする昨今の大排気量車はバランサーを採用するケースが多い)、圧倒的にウルトラスムーズで、もちろんこのあたりは、ある程度は事前に想像していたことだったけれど、実際にこのフィーリングを体験したら誰だって、4つの気筒が 180 度間隔で爆発するのと6つの気筒が 120 度間隔で爆発するのでは、こうも違うのか! と心から驚くはずだ。

 

何と言うか、K1600GTL の加速は常にふわっと軽やかで、ワープみたいなのである。ハイパワーな並列4気筒ビッグバイクでよく感じる、乗り手を脅かすような2次曲線的な加速力や、後ろから蹴っ飛ばされるような感触などはほとんどなくて、いついかなるときもシュルルルーッとジェントルに加速していく。だから最大トルクが 175Nm もあるのに( K1300GT は 135Nm )、どの回転域でも臆することなくスロットルを開けることができるし、このエンジンの最もオイシイ部分である 5,000~8,500rpm も気軽に使えてしまう。個人的にはこういったフィーリングがもっと小さな排気量で楽しめればいいのに、と思わないでもないけれど、フラッグシップとしての存在意義や市場におけるインパクトを考えれば、BMW の選択は間違いとは言えないだろう。

 

さて、どうしてもエンジンの話が先行してしまいがちな K1600GTL だが、この車両にはすでに既存のKシリーズやRシリーズで実績を積んだDTC(ダイナミック・トラクション・コントロール)や ESA II (エレクトリック・サスペンション・アジャストメント)に加えて、エンジンモード切り替え機構(ロード/ダイナミック/レインの3種)、車体の進行方向を照らすアダプティブヘッドライト、さまざまな情報と設定を簡単に操作できるマルチコントローラーなど、電気系の革新的技術が数多く導入されている。これらは海外ではオプション設定とされることもあるようだが、日本仕様ではほぼすべてが標準装備として販売される。…この記事の続きをバージン・BMWで読む

画像をクリックするとフォトTOPICSが表示されます

SPECIFICATIONS – BMW Motorrad K 1600 GTL

BMW Motorrad K 1600 GTL 写真

価格(消費税込み) = 300万円

最大の注目要素は2輪業界では久しぶりとなる並列6気筒エンジンだが、BMWの新世代フラッグシップとして開発されたK1600GTLには、さまざまな革新的技術が導入されている。

■サイズ = 全長2,490×全幅980×全高1,610mm

■シート高(空車時) = 750mm

■車両重量(走行可能状態、燃料満タン時の90%) = 355kg

■エンジン = 水冷4ストローク並列6気筒4バルブ

■総排気量 = 1,649cc

■ボア×ストローク = 72×67.5mm

■クラッチ = 湿式多板

■ミッション = 6速

■最高出力 = 118kw(160ps)/7,750rpm

■最大トルク = 175Nm/5,250rpm

■バルブ駆動 = DOHC カムチェーン駆動

■駆動方式 = ドライブシャフト式

■Fタイヤサイズ = 120/70ZR17

■Rタイヤサイズ = 190/55ZR17

この記事を読んでいる方におすすめの商品

あわせて読みたい記事

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます