ヤマハ フェザー8 試乗インプレ・レビュー

ヤマハ FZ1
ヤマハ FZ1

ヤマハ フェザー8

掲載日:2011年08月18日 記事カテゴリ 試乗インプレ・レビュー

既存の排気量枠にとらわれない
新時代のミドルスポーツ

リッタークラスの1000ccに対してミドルクラスは600ccというように、従来はクラスによって排気量がある程度決まっていた感があった。特にWSBやWSSといったレースカテゴリーに属するモデルやその派生モデルにとってはレギュレーション上、ごく当たり前ことではあるが、一方でストリートモデルにそのような枠組みはいらないのでは、と思っていた人も多いのでは。そんな疑問に対する答えがコレ、フェザー8である。既存の排気量区分による概念を捨てて次世代ロードスポーツの姿を追求した結果、導き出された排気量が779cc。『Best active middle sports』をキーワードに街乗りからワインディングでのスポーツライディングにも対応した、ミドルクラスのニュースタンダードモデルだ。

ヤマハ フェザー8 特徴

ヤマハ フェザー8 写真 ヤマハ フェザー8 写真 ヤマハ フェザー8 写真


779ccのニューエンジンを得て
FZ1ゆずりの車体を最適化

ヤマハ フェザー8 写真エンジンは2004年式YZF-R1譲りのFZ1をベースにしながらも、排気量を779cc化するために専用パーツを投入。セラミックコンポジットのメッキシリンダーの口径を9mmダウンさせ、ロングストローク化することでトルクを確保。ストロークはFZ1と同一ながらクランクウェブ形状を最適化し、スムーズなエンジン回転を実現しているのが特徴だ。シリンダーヘッドも専用設計となり、FZ1の5バルブから4バルブ化されるとともに、専用プロファイルのカムシャフトを採用。6速ミッションもレシオを最適化するなど、ほとんどのエンジンパーツが新設計となっている。また、FZ1同様のECU制御によるサブスロットルバルブ併用F.I.も採用され、低中速域での優れたドライバビリテイを実現している。

 

ヤマハ フェザー8 写真フレームはFZ1と同一スペックを持つアルミツインスパータイプとし、エンジンを車体強度メンバーの一部とすることで高剛性を確保、高次元のスポーツハンドリングを実現。足回りはフロントの倒立フォーク、リアのリンク式モノショックともFZ1を踏襲しつつも減衰特性を最適化。リアタイヤの180サイズ化に伴い新型リアホイールが投入され、ブレーキディスクは前後とも専用設計となるなど軽快なハンドリングに貢献している。
ハーフカウルを装備した特徴的なエクステリアもほとんどが専用タイプで、前後長の短い絞り込まれた燃料タンクや足着き性を向上させたシートも新設計。ハンドルやステップ位置も見直されて、シティランでの使い勝手や快適性が向上している点も見逃せない。

ヤマハ フェザー8 試乗インプレッション

600クラスよりパワフルで
リッタークラスより扱いやすい

ヤマハ フェザー8 写真フェザー8は既存の排気量区分に一石を投じる新時代のミドルスポーツである。ベースはヤマハのベストセラーモデル、FZ1(FAZER)がベースになっているが、私自身つい最近FZ1の試乗をしたばかりで、その印象がまだ鮮明に残っているため比較するには好都合だ。

 

ライディングポジションはFZ1に比べるとステップ位置がやや後退して低い位置にあり、ハンドルもライダーに近くなるなど、より快適志向にシフトしてる感じだ。シート高もスペック的には同一だが、前部がより絞り込まれタンクも短くなっているため足着きも良く、全体的にひとまわりコンパクトな印象である。

 

ヤマハ フェザー8 写真エンジンは同じ2004年式のR1をベースにしているが、FZ1が5バルブの998ccであるのに対し、フェザー8は4バルブの779ccとエンジンレイアウトは異なる。そして、ピークパワーも国内仕様のFZ1が94ps/9,000rpmに対して輸出仕様のフェザー8は106ps/10,000rpmとなる。そう、ピークパワーではフェザー8が上回っているのだ! 5バルブと4バルブの差を感じ取るまでには至らなかったが、出力特性の違いは明らかだ。FZ1は中速狙いでトルクの豊かなミドルレンジを使って走るのが気持ちいいが、フェザー8はどちらかというと高回転型。FZ1より2,000rpmぐらい高いレンジにピークがあり、より上昇感が楽しめるエンジンに仕上がっている。それでいて、ストロークはそのままにボアを縮小したロングストローク仕様になっているため、中速域も十分出ている。よくありがちな、ピークパワーを狙って中速が犠牲になるパターンにはなっていないのだ。これはサブスロットルバルブ併用F.I.による補正効果も大きいと思う。FZ1に比べると、低中速は扱いやすく、高回転はより伸びやか。ひと口に言うと、そんなキャラクターだ。

 

ヤマハ フェザー8 写真フレームや足まわりはFZ1とほぼ共通ということで、ハンドリングはよく似ている。R1譲りのコンパクトなエンジンを高剛性なしっかりとしたフレームに搭載することで、エンジンのマスを感じさせない軽快な倒し込みや初期旋回の鋭さは健在。リアタイヤがワンサイズ小さくなって180になっていることも影響しているのだろう。高速道路のレーンチェンジやS字の切り返しなどはむしろ軽やかさを増した感じだ。ステアリング舵角の付き方もニュートラルで、速度とバンク角に応じて自然にハンドルが切れてくるタイプなので安心してバイクに身を任せられる。倒立フォークにしてはハンドル切れ角もまずまずで、極低速も安定しているのでUターンも比較的得意だ。

 

ヤマハ フェザー8 写真前後サスペンションのセッティングは見直されて、よりソフトタッチになっているようだ。ストローク感があるのは一緒だが、ダンパーをやや抑えて乗り心地を重視した街乗りセッティングになっているように思える。ブレーキに関してはリニアでコントローラブル。ラジアルキャリパーのようなガッツリとした手応えはないが、必要にして十分といったところ。ディスク径もFZ1よりひとまわりコンパクトになっているが、その分車重も8kgほど軽くなっているのでバランスはとれていると思う。

 

ハーフカウルも高速巡航にはとてもありがたい装備だ。小ぶりに見えるウインドスクリーンも、首から下に当たる風を和らげてくれるので疲れにくいし、それでいて重さも感じない。その他エクステリアの質感もなかなかのもので、専用設計のタンクやシートカウル、グラブバーのデザインもチープさを感じさせない作りだ。

 

リッタークラスでは持て余すが600クラスでは物足りない。自分にとって本当にジャストな排気量とは…。そんなライダー心理を見事に突いた、ミドルクラスのニュースタンダードになりそうなモデルである。

画像をクリックすると拡大画像が表示されます

Specifications – YAMAHA FAZER8

ヤマハ フェザー8 写真

価格(消費税込み) = 95万5,500円

FZ1のエンジンをベースに排気量をスケールダウンし、高い実用性とスポーツ性を実現。排気量枠にとらわれない次世代ロードスポーツの姿を追求したモデル。

■エンジン型式 = 水冷4ストロークDOHC4バルブ並列4気筒

■総排気量 = 779cc

■ボア×ストローク = 68.0×53.6mm

■最高出力 = 106ps/10,000rpm

■最大トルク = 8.4kgf-m/8,000rpm

■トランスミッション = 6速

■サイズ = 全長2,140×全幅770×全高1,225mm

■シート高 = 815mm

■ホイールベース = 1,460mm

■タンク容量 = 17リットル

■Fタイヤサイズ = 120/70-17

■Rタイヤサイズ = 180/55/17

動画 『やさしいバイク解説:ヤマハ フェザー8』はコチラ

あわせて読みたい記事