カワサキ エストレヤ 試乗インプレ・レビュー

カワサキ エストレヤ
カワサキ エストレヤ

カワサキ エストレヤ

掲載日:2009年06月11日 記事カテゴリ 試乗インプレ・レビュー

変わらぬ良さと新しさが調和した
ネオクラシック・シングル

趣のあるスタイルに、今となっては珍しいロングストロークのシングルエンジンを搭載したクラシカルなバイクとして、デビュー以来高い人気を誇るエストレヤ。かつてはドラムブレーキモデルやサドルシートモデルなどのバリエーションを展開していたが、2007年に行われたフルモデルチェンジの際に統一され、現在はダブルシートにフロントディスクブレーキを備えた仕様となっている。デビューからすでに17年が経ち、キャブレターを廃してインジェクションを採用するなどの変化はあったものの、基本的なスタイルは今も変わらない。脈々と受け継がれる美しいスタイルとテイスティなエンジンが、新しい技術と融合しどのような進化をとげているのか。試乗インプレッションを通してじっくりと吟味してみよう。

カワサキ エストレヤ 試乗インプレッション

ゆったりとした時間の流れを味わう
「癒し系」モーターサイクル

カワサキ エストレヤ 写真今回の試乗はあいにく天候に恵まれず、雨天のなかで行うこととなった。降りしきる雨の中レインウェアに身を包み、早速エストレヤにまたがる。インジェクションだけあって、冷え込む早朝+雨天というバッドコンディションでも、すんなりとエンジンは始動。キャブレター式のエストレヤに比べると心持ちアイドリング音が軽く感じるが、冷間時でも安定感は十分だ。いざ走り出してみると、加速は非常にスムーズ。スポーツモデルのような盛り上がりはないものの、トルクが素直に伸びていく印象で、アクセルのオンオフに対して良い意味でダルな雰囲気だ。多少ラフなアクセルワークを行ってもパワーの変動が大きくないため挙動が乱れず、路面が濡れた状態でも安心してライディングを楽しめる。この車体の安定感については好印象で、高速道路の巡航においても車体サイズのわりにブレが少なく、一定ペースを保ち続けるクルージングはエストレヤの得意分野と言ってもいいだろう。その反面鋭い加速やコーナリング性能などを要求されるスポーティな走りでは、挙動が穏やか過ぎるため物足りなさを感じるかもしれない。とは言え、元来エストレヤはそういった用途向きではないので、致し方ないところはある。

 

カワサキ エストレヤ 写真このバイク最大の良さ、それはやはり「緩やかに走れる面白さ」に他ならない。バイクはどうしてもスピードを気にしてしまう乗り物だが、このバイクに乗っていると「速く走る」という気持ちがすっぽりと抜けてしまう。独特の響きと味わいがあるロングストロークエンジンを右手でいなしつつ、決して急がずにエストレヤを走らせていると、心地良さに時間を忘れそうになる。ハイパワーなバイクで目を三角にして走るのも面白いし、ビッグツアラーで長い旅を楽しむのもバイクの楽しさかもしれないが、難しいことを考えずに気軽な距離を流して愛車と語らうのも付き合い方の一つ。程よい音量の排気音と控えめな振動を味わうライディングは、エストレヤだからこその心地よさ。忙しい現代においてゆったりと流れる時間を探しているなら、このバイクと共に過ごすことを選択肢にいれておいて損は無いだろう。

カワサキ エストレヤ 特徴

美へのこだわりを感じさせる
レトロなたたずまいが魅力

カワサキ エストレヤ 写真エストレヤで最も注目したいのは、なんといってもレトロで美しいスタイリングだ。1960年代ごろの名車を思い起こさせるボディラインは、最新モデルにはない個性的な存在感を持っている。また、フェンダーなどにメッキパーツを多用しており、着色樹脂系部品には無い質感を演出しているのも特徴だ。美しさという点では、エンジンの造形についても言及しておきたい。250ccクラスではめずらしいロングストロークの空冷単気筒エンジンには、繊細な美しさを持つ冷却フィンが刻まれており、単体でも見ごたえのあるデザインだ。その他細部のディティールまで挙げていくとキリが無くなるほど、エストレヤのルックスは見事。このスタイルに関するこだわりは、2007年に導入されたフューエルインジェクションにも及んでいる。キャブレターに比べてどうしても無骨になりがちなインジェクターボディは、メッキカバーを装着することで違和感を減少。往年のスタイルを乱さないよう、礼儀正しく車体に収められている。この作り手のこだわりがエストレヤの存在を一際輝かせており、現代を生きるノスタルジックなスタイルは、17年の年月を経ても決して色褪せていない。

 

とは言え、エストレヤは何も変わらないまま長い年月を過ごしてきたわけではない。初期モデルでは770mmだったシート高は、モデルチェンジにて大幅に下がり730mmという足つきの良さを実現。スピードメーターのみだったメーターは液晶パネルを備えたほか、タコメーターが追加されより充実したハンドルまわりを作り出している。ブレーキも頼りなかった1ポッドから、現在は2ポッドになり安全性も高められており、古風なスタイルの下には現代的な性能が息づいている点も忘れてはならない特徴だ。ただの懐古趣味的なバイクに終わらず、今のライダー達に必要な機能性も備えている、それがエストレヤ。旧車のような雰囲気を漂わせながら、手間をかけずに毎日楽しめるバイクとしての完成度は相当なもの。「見た目が気に入った」というなら、是非一度またがってみて欲しい。

画像をクリックすると拡大画像が表示されます

SPECIFICATIONS – KAWASAKI ESTRELLA

カワサキ エストレヤ 写真

価格(消費税込み) = 51万8,000円

シングルエンジンを搭載した、クラシカルなテイストが魅力のストリートモデル。モデルチェンジでフューエルインジェクションを採用し、最新の環境基準に適合している。

■エンジン型式 = 空冷4ストローク単気筒SOHC2バルブ

■総排気量 = 249cc

■ボア×ストローク = 66.0×73.0mm

■最高出力 = 15kW(20PS)/8,000rpm

■最大トルク = 20N・m(2.0kgf・m)/6,500rpm

■トランスミッション = 常噛5速リターン

■サイズ = 全長2,075×全幅755×全高1,030mm

■シート高 = 735mm

■ホイールベース = 1,400mm

■乾燥重量 = 146kg

■タンク容量 = 13.0L

■Fタイヤサイズ = 90/90-18 51P

■Rタイヤサイズ = 110/90-17 60P


あわせて読みたい記事