カワサキ ニンジャ650 バイク購入ガイド

カワサキ ニンジャ650

掲載日:2017年06月09日 記事カテゴリ バイク購入ガイド     件のユーザーレビュー

文/杉山研二

カワサキ ニンジャ650 ABSの画像
KAWASAKI Ninja650 ABS

新設計のトレリスフレームに低中速重視の2気筒を搭載
軽快な走りを楽しめるミドルクラスのフルカウルスポーツ

フルカウルの車体に649ccのパラレルツインエンジンを搭載するNinja650。パワフルな動力性能だけでなく、軽快なハンドリングや扱いやすさを持ち合わせるバランスの良いスポーツモデルです。この2017年型では、完全新設計のトレリスフレームを採用してのフルモデルチェンジが行われました。エンジンには低中速トルクを増強する改良が施され、もちろんエクステリアも一新。性能、ルックスともに大きく進化しました。

高張力鋼管を用いたトレリスフレームはパイプを可能な限り直線で構成し、曲げ部分の角度も小さくすることで加わるストレスを分散。またカワサキ独自の解析技術で最適な形状に設計しフレームの単体重量をわずか15kgに抑えました。ショックユニットとリンクをスイングアームの上側にマウントするリアサスペンションには、やはり軽量設計のスイングアームを採用。車両全体の装備重量は193kgに仕上がっています。

エンジンは従来モデルから引き継ぐ180度クランクの2気筒がベースですが、エアクリーナーボックスの形状やスロットル径、インジェクター、吸排気カムシャフトの作動角とオーバーラップなどを変更して低中回転域のトルクをさらに増強。またセッティング変更により、燃費はWMTCモードで従来モデルに比べ6.8%も向上しました。駆動系には、レース技術のフィードバックで開発したアシスト&スリッパークラッチも採用しています。

シート高は790mmと低くなり、スリムな車体もあって足着き性が向上。トップブリッジに装着されたセパレートハンドルはアップライトなポジション設定で、リラックスしたライディングからスポーティな走りまで幅広く対応します。またフロントのスクリーンは3段階の高さ調整が可能となっています。

車体カラーおよび車両価格は、メタリックスパークブラックの標準モデルが税8%込みで80万7,840円。ライムグリーン/エボニーのKRTエディションは税8%込みで82万9,440円です。

カワサキ ニンジャ650のここがポイント!
  • ● 単体重量15kgの軽量なトレリスフレーム
  • ● 低中速を強化したパラレルツインエンジン
  • ● Ninjaシリーズらしいシャープなスタイリング

カワサキ ニンジャ650のライバルはこれだ!

  • ホンダ
    NC750X

    低速トルクにゆとりのある745ccの2気筒を搭載した、アドベンチャーイメージのスポーツバイク。アップライトな乗車姿勢で長距離走行も快適。税8%込みで74万3,040円から。

  • スズキ
    Vストローム650 ABS

    アルミ製ツインスパーフレームに低中速のトルクと高速域のパワーを両立した645ccのVツインを搭載。ツーリングにも最適なアドベンチャーツアラー。税8%込みで90万7,200円。

  • BMW
    F800GT

    798ccの水冷並列2気筒を搭載。最高出力は66kW(90ps)。スロットルコントロールにはライドバイワイヤを採用。デュアルチャンネルABSも標準装備。税8%込み141万5,000円。

年式で見る カワサキ ニンジャ650(2012年06月20日掲載)

カワサキ ニンジャ650の画像
KAWASAKI Ninja650(2011)

新型フレームを採用し軽快なハンドリングはそのままに快適性を向上
スポーツ性とユーティリティの高さを両立したミドルツインスポーツ

Ninja650 はパラレルツインエンジンを搭載し、フルカウルを装備するカワサキのミドルツインスポーツです。「Ninja650」は北米市場でのネーミングで、欧州では「ER-6f」と呼ばれています。また、ほぼ同一のエンジンと車体構成を持つネイキッドモデル、ER-6n もラインナップされています。Ninja650 のデビューは2005年、2008年にはフェイスリフトを含むビッグマイナーチェンジを果たしており、2011年発表の現行モデルはフルモデルチェンジが行われた第2世代モデルとなっています。

先代からの最も大きな変更点はシャシーで、従来はトレリス形状だったフレームから、2本のパイプを平行配置してツインスパー的形状を持たせたダブルパイプペリメタースタイルフレームに変更しています。軽快で扱いやすいハンドリング特性はそのままに、快適性と乗り心地を向上。足着き性も良くなっており、Ninja650 のフレンドリーなキャラクターをよりいっそう高めているのです。また、スイングアームもメインフレームと同様にダブルパイプデザインを採用しています。

ミドルクラスではツインエンジン搭載のスポーツモデルをラインナップするのがカワサキの伝統とされてきましたが、Ninja650 のエンジンは従来モデルからの発展型ではなく、初代 Ninja650 のデビューに合わせて作られた完全新設計エンジンです。以前はセンターカムチェーン方式を採用していましたが、Ninja650 からはサイドカムチェーンを採用しています。総排気量は 649cc、180度クランクを採用しており、ツインとはいえ高回転型なところが「走りのカワサキ」らしさを感じさせます。現行モデルのエンジンも基本は先代モデルから引き継いでいますが、細部を熟成し、低中速トルクを増大。日常使用での扱いやすさを向上させています。

特徴的なアッパーカウルのデザインは Ninja1000 を思わせるシャープでスパルタンなもの。スクリーンは3段階 60mm の範囲で高さ調整が可能で、高い防風性能を持っています。ハンドル位置も高めで、ポジションはアップライト。新型フレームの採用で、車体がよりスリムになったこともあり、取り回し性はかなり良好です。ABS 仕様車も選択可能で、安全性にも抜かりはありません。手頃感のあるコンパクトな車体に必要充分な力を持ち、扱いやすい特性のエンジン、そして居住性の高いフルカウルなど、Ninja650 は全てが「丁度良い」バイクです。これほど楽しく、使い勝手の良いバイクはなかなかありません。お薦めの1台です。

カワサキ ニンジャ650のここがポイント!
  • ● 新型フレームの採用で車体をよりスリム化して取り回し性を向上
  • ● スクリーンは高さ可変式でウインドプロテクションをアップ
  • ● 熟成の進んだパラレルツインエンジンは中低速トルク向上で扱いやすい

カワサキ ニンジャ650のライバルはこれだ!

  • ホンダ
    NC700X

    同時開発された兄弟車とエンジン・車体の基本コンポーネンツを共有することで低価格を実現したホンダの世界戦略車。750ccパラレルツインエンジンを搭載する。

  • スズキ
    グラディウス

    排気量650ccのVツインエンジンを搭載するミドルネイキッド。日常使用からツーリング、ワインディングでのスポーツランまで幅広く楽しめる汎用性の高い1台。

  • BMW Motorrad
    F800ST

    F800シリーズのフルカウルモデル。800ccパラレルツインエンジンを搭載し、ドライブトレインはベルトドライブを採用。ツアラー的性格で、ユーティリティは高い。

この記事を読んでいる方におすすめの商品

あわせて読みたい記事

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます