ハスクバーナ ヴィットピレン 401

掲載日:2018年07月30日 バイク購入ガイド        件のユーザーレビュー

文/杉山 研二


ハスクバーナ ヴィットピレン 401の画像
HUSQVARNA VITPILEN 401

アバンギャルドなスタイリングがユニーク
シンプルで革新的なライトウエイトスポーツ

1903年から長きに渡りモーターサイクルを作り続けているハスクバーナ。飛び抜けて知名度が高いわけではありませんが、古くからのオフロードファンにとっては馴染みのある名門ブランドです。そんなハスクバーナのラインナップに今年新たに加わったのが、シンプルでプログレッシブなライトウエイトスポーツのヴィットピレン401です。ちなみにヴィットピレンとはスウェーデン語で「白い矢」を意味します。このネーミングには、1955年に登場したハスクバーナのオフロードモデル、シルバーピレンに対するオマージュが込められています。

スタイリングは極めてアバンギャルドです。燃料タンクからサイドにかけてのシームレスなカバー、そして短く切り落とされたテール周りのデザインも、ユニークとしか言いようがありません。車体の骨格にはスチール製の軽量なトレリスフレームを採用。左右それぞれのハンドルバーはアルミ鍛造のトップブリッジに固定され、低く構えたカフェレーサー的なスタイリングです。また、43mm径の倒立フロントフォークとリアのモノショックはWP製を採用、フロントブレーキはラジアルマウントの4ピストンキャリパーを装備、スポークホイールにはブロンズアノダイズド処理が施されています。

エンジンは排気量373ccのコンパクトな水冷単気筒です。電子制御の燃料噴射やライドバイワイヤシステムを採用し、最高出力は32kW(43ps)/9,000rpm、最大トルクは37Nm/7,000rpmを発生。その低速回転域からのトルクと6段変速のギアボックスの組み合わせで、アーバンライディングにも最適なパワーユニットとなっています。車両重量は、コンパクトなエンジンとシンプルな車体構成により、燃料を除いた状態で148kgとかなり軽量です。車両価格は、消費税8%込みで77万7,000円となっています。

ハスクバーナ ヴィットピレン 401のここがポイント!
  • ● 前衛的かつシンプルな独特のスタイリング
  • ● 街乗りに最適なトルク型の単気筒エンジン
  • ● 低く構えたスポーティな乗車ポジション

ハスクバーナ ヴィットピレン 401のライバルはこれだ!

  • KTM
    390デューク

    373.2ccの水冷単気筒をトレリスフレームに搭載するネイキッドスポーツ。ライドバイワイヤやアンチホッピングクラッチなども採用。32kW(44ps)、62万円(税8%込み)。

  • ヤマハ
    MT-03

    アップライトなライディングボジションに320ccの水冷直列2気筒を組み合わせたネイキッドスポーツ。最高出力は31kW(42ps)、価格は56万7,000円(税8%込み)。

  • ハスクバーナ
    スヴァルトピレン401

    基本はヴィットピレン401と同一ながら、アップハンドルやブロックタイヤなどで差別化を図ったスクランブラースタイルのストリートバイク。77万7,000円(税8%込み)。


こちらの記事もおすすめです

この記事に関連するキーワード

この記事を読んでいる方におすすめの商品

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

新着記事

タグで検索