強くてスタイリッシュ!! ヨシムラのウインドスクリーンの画像

強くてスタイリッシュ!! ヨシムラのウインドスクリーン

  • 取材協力/ヨシムラジャパン  撮影/柴田直行  文/石橋知也  構成/バイクブロス・マガジンズ
  • 掲載日/2018年3月19日

元気でスタイルが良いスーパーネイキッド。でも、カウルレスのスタイルは軽快感や爽快感をもたらす半面、走行風はライダーの身体にモロに当たる。そこでウインドスクリーンを付けたいと思っている人は多いはず。ヨシムラがリリースした『WIND ARMOR(ウインドアーマー)』は、防風効果を得ながら視界の邪魔にならず、スタイリングもアップ。スクリーン越しの視界は歪みがなく、傷にも強い。まさに風を味方にした「アーマー:鎧」だ。

防風効果の高い3次元エアロフィルムと優れた透明度!!
割れにくいポリカーボネイト+ハードコート加工で安心

スーパーネイキッドで、ほんの少しでいいからウインドプロテクション効果のあるスクリーンがあると、高速域で伏せたときはもちろん、タウンスピードでも随分身体に当たる走行風が軽減される。当然疲れは少なく、ツーリングでは強い味方になる。

ヨシムラのウインドスクリーン『WIND ARMOR(ウインドアーマー)』は、エアロダイナミクスと実走実験によって形状を決定し、STDと同等のハンドリングを実現させている。材質はポリカーボネイト樹脂で、非常に高い耐衝撃性、透明性を持っている。とにかく割れにくい。変形もしにくく、手で曲げても元に戻り、ハンマーで叩いても割れない。透明度や歪みは視界の妨げになるため、ヨシムラでは板厚を一般的な物より薄い2mmとしている。一方でキズ付き防止には、ポリカーボネイトよりも硬度があるアクリル樹脂を使ったハードコート加工を表裏の両面に施している(裏側もホコリなどを拭くとキズ付きやすいから両面コートは重要だ)。

じつはこのウインドアーマーと同じ材質・製造方法で、JSB1000レーサーのスクリーン・前後ライトレンズも作られている所は、いかにもヨシムラ。これ以上の実証実験はないだろう。取り付けステーも重要で、さすがの精度と強度。ステー自体もセラコート塗装で耐久性を持たせてある。

装着したスタリングは、まるで最初からメーカー純正品としてデザインされたような、素晴らしい一体感だ。違和感は微塵もない。大物パーツではないけれども、ヨシムラらしいコダワリを感じる。

利便性の高さを追求したディテール

強くてスタイリッシュ!! ヨシムラのウインドスクリーンの画像

ウインドアーマーは幅272mm、高さ353mmという決して大きなサイズではないが、素晴らしい防風効果を発揮。車体とのスタイリングもマッチしている。

強くてスタイリッシュ!! ヨシムラのウインドスクリーンの画像

純正品も含め多くのスクリーンは厚さ3mm以上だが、透明性を重視して2mmに。この薄さでフォルムや剛性を得るには高い成型技術が必要だ。エッジまで見事に滑らかで安全性も高い。薄くて軽量、スクリーン単体で約210g。この軽さだから、ハンドリングへの影響もほとんどない。

強くてスタイリッシュ!! ヨシムラのウインドスクリーンの画像

伏せた状態(最も整流効果が高い)から前方を見るとこんな感じ。スクリーン越しと、それ意外の像に差がなく、スクリーンにゆがみがないことが分かる。色調はグラファイトブラック(中間的なスモーク)で、路面からの照り返しを軽減してくれる。スタリングを引き締める効果も抜群。

強くてスタイリッシュ!! ヨシムラのウインドスクリーンの画像

取り付けステーは車種専用。強度、精度は非常に高く、装着もとても簡単。振動低減用のゴムを介する。スクリーンとステーが共に高い剛性を持つから、ビビらずクリアな視界が確保できる。ステーはキズに強いセラコート塗装で、マット仕上げなので乱反射などを低減。

強くてスタイリッシュ!! ヨシムラのウインドスクリーンの画像

ヨシムラJSB1000レーサーのスクリーン、ヘッドライトとテールライトのレンズはウインドアーマーと同じ材質・成型方法で製作されている(カウル本体はカーボン製)。レーサー用も2mm厚と薄い。強度・剛性・耐久性はマフラーやエンジンパーツと同じく実戦で実証済みということだ。

強くてスタイリッシュ!! ヨシムラのウインドスクリーンの画像

ロゴはレーザーマーキング。信頼の日本製で専用ケース入り。写真のGSX-S1000(15-16)用は2万7,000円(税込)。他にもMT-07/09、GSR750用がある(対応車種拡充予定)。

強くてスタイリッシュ!! ヨシムラのウインドスクリーンの画像

拭き掃除でキズ付けることはよくある。そこでヨシムラはミクロの油汚れ・ホコリも拭き取り、スクリーンに優しいマルチクリーナークロスを開発。特殊なくさび型断面の糸が秘密。400×300mmと大きいので便利。ヘルメット、メガネ。スマホにも最適。1,296円(税込)

ヨシムラジャパン

ヨシムラジャパン

所在地/神奈川県愛甲郡愛川町中津6748
電話/0570-00-1954
営業/9:00-17:00
定休/土曜、日曜、祝日

1954年に活動を開始したヨシムラは、日本を代表するレーシングコンストラクターであると同時に、マフラーやカムシャフトといったチューニングパーツを数多く手がけるアフターマーケットメーカー。ホンダやカワサキに力を注いだ時代を経て、1970年代後半からはスズキ車を主軸にレース活動を行うようになったものの、パーツ開発はメーカーを問わずに行われており、4ストミニからメガスポーツまで、幅広いモデルに対応する製品を販売している。

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。