ブリヂストンのモーターサイクル用アドベンチャータイヤ『A41』開発秘話の画像

ブリヂストンのモーターサイクル用アドベンチャータイヤ『A41』開発秘話

  • 取材協力/ブリヂストン  取材・撮影・文/森下光紹  構成/バイクブロス・マガジンズ
  • 掲載日/2018年3月22日

近年アドベンチャー系と言われるヘビーデューティースタイルのバイクが急増中だ。ロングツーリングに最適な装備を満載した男性的なフォルムは、ライダーのロマンチシズムを刺激する。そんなモデルに適応したブリヂストンの最新“カスタマイズタイヤ”が『BATTLAX ADVENTURE A41』なのである。

ハイパフォーマンスラジアルで高い評価を得るBS
設計担当の高橋淳一氏から新作タイヤのポイントを聞いた

編集部「スーパースポーツ用ハイパフォーマンスタイヤというイメージが強いブリヂストンですが、それがどういった経緯でアドベンチャーモデルの開発に至ったのでしょうか?」

高橋氏「やはり最近の人気モデルの中に、ヘビーデューティーなツーリングモデルが多くなったということですね。だから他社を追う立場で、まずA40というタイヤを3年前にデビューさせました。今回はその第二弾ということで、A41は僕らの考えつくノウハウをふんだんに盛り込んだ最新作として、自信を持って発表させていただきました」

編集部「具体的にはどんな部分が……?」

高橋氏「ロングツーリングに最適なタイヤのポイントは、安心と安全、そしてロングライフということです。A40からその点は共通ですが、新作では、スポーツタイヤで蓄積してきたハンドリング性能や、グリップ力も見劣りすることのない仕上がりになっています。フロントタイヤには『3LC』構造、リアには『3LC+Cap&Base』構造を採用して、コーナリングやウェット時のグリップ性能を大きく向上させました。独特のトレッドパターンは優れた排水性を持っていて、ウェット時のグリップはもちろん、路面環境が刻一刻と変わる道でも走行できる性能を持っています」

編集「テスト車両は、やはりBMWのR1200GSですか?」

高橋氏「そうですね。ロングツーリングでも道を選ばないことがコンセプトのバイクですから。他の車両メーカーからもアドベンチャー系のモデルはたくさん発表されているので、適応するサイズは豊富にラインナップしています。また、タイヤも“カスタムパーツのひとつ”と考えていますから、個性的なトレッドパターンにもこだわりました」

編集部「スポーク車に適応するタイヤもラインナップに加わっていますね。想定としてはどんなライダーが購入対象と考えていますか?」

高橋氏「基本的にはオン&オフモデルに乗るライダーですが、A41はオンロード用タイヤと認識していただいたほうが良いですね。アドベンチャーという意味は、タンデムや荷物満載でのロングツーリングでも高性能を発揮する、まさに冒険に出発するためのタイヤと呼んで良いかと思います」

テスト車両にも選ばれたBMWのR1200GSを筆頭に、ここ数年でアドベンチャーカテゴリが車両激戦区となっている。そこへブリヂストンが新作を投下してきたのは自然な流れだろう。そして、これまでブリヂストンが蓄積してきたノウハウを惜しみなく注ぎ込まれた『A41』は、アドベンチャーツアラーを愛機とする多くのユーザーに受け入れられるに違いない。

アドベンチャーのカテゴリにブリヂストンの意欲作!!

ブリヂストンのモーターサイクル用アドベンチャータイヤ『A41』開発秘話の画像

画像出典元:株式会社ブリヂストン

以前は『SACT』構造という名称で、トレッドのセンター付近は固めのコンパウンド、ショルダー部分は柔らかいコンパウンドとしていたBS独自の構造を進化させた『3LC』は、アドベンチャー系タイヤでは初めて採用された。リアタイヤはさらに進化した『3LC+Cap&Base』構造を採用している。

ブリヂストンのモーターサイクル用アドベンチャータイヤ『A41』開発秘話の画像

高橋さんご自身も、愛車がBMW F800Rというツーリングライダーであることから、必然的にユーザー目線での開発がなされた。今後もこのアドベンチャー系は発展を続けることになるだろうと予想する。

ブリヂストンのモーターサイクル用アドベンチャータイヤ『A41』開発秘話の画像

高橋さんが最も性能向上させたかったのは、やはりウェット時のグリップである。タイヤの温度が低い状態でも、柔らかさを発揮するシリカを前後輪に採用した。

ブリヂストンのモーターサイクル用アドベンチャータイヤ『A41』開発秘話の画像

画像出典元:株式会社ブリヂストン

左右非対称だが、多くの溝が深く刻まれたトレッドパターンは排水性に優れ、柔らかいトレッドとの相乗効果でウェット時のグリップと安定性は抜群。ライフも長く、摩耗していく過程での特性変化も少ないという。

ブリヂストンのモーターサイクル用アドベンチャータイヤ『A41』開発秘話の画像

画像出典元:株式会社ブリヂストン

全世界的に人気が上昇中のヘビーデューティー仕様のバイク。ロングツーリングで要求されるタイヤ性能は実に過酷なものである。あらゆる路面や天候の変化に対応し、しかもロングライフという夢の様なタイヤが市場からの要求だ。最新のA41は、そんなユーザーを満足させる性能を持っている。

BATTLAX ADVENTURE A41 ウェット性能比較動画/ブレーキ
BATTLAX ADVENTURE A41 ウェット性能比較動画/旋回

ブリヂストン

ブリヂストン

電話/0120-39-2936(フリーダイアル)
時間/9:00-17:00(月~金 ※土・日・祝および指定休日は除く)

1931年に福岡県久留米市で設立された世界最大手のタイヤメーカー。社名でありブランド名でもあるブリヂストンの由来は、創業者の石橋正二郎氏の苗字を英単語にして反対から読んだ造語であるのは広く知られたところ。古くからモータースポーツの世界へ積極的に参戦し、MotoGPやF1といった世界最高峰の舞台で数々の実績を残している。

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。