K2テック製のNSR250R/MC28用高性能チャンバーに注目!!
    取材協力/ケイツー・テック Phone 072-952-2958  車両協力/プロスWINGイシダ Phone 072-954-1566
    記事提供/絶版バイクス12(2012年11月16日発売)
    掲載日/2013年4月19日
「ユーザーが求めるものを作る」。簡単なようで決して簡単ではないコンセプトを掲げ、久保和寛が立ち上げたK2-tec
ヤマハの開発ライダーでもあった彼が作るライバルメーカーホンダのチャンバーとは、どんなものなのか?
マフラー・コンストラクターであるK2-tecには、数多くの「2ストスプリンター」ファンが期待を寄せている

チャレンジ!! 「2ストローク!!」

コンストラクターの考えとユーザーニーズが一致しない限り「ヒット商品」は生まれてこない。K2テック代表の久保さんは、ユーザーからの生の声を聞き、「そこそこの性能と商品価格をバランスさせること」が重要だと気が付いた。あまりにも突き詰め過ぎて、ほんの僅かな馬力獲得のために「あと数万円を……」というわけにはいかないのが市販パーツである。高性能でしかもリーズナブルな商品に出逢えたときに、はじめてユーザーは「コストパフォーマンスが高い商品」と評価するものだ。そんな商品開発を常に目指しているのがK2テックなのである。同社には、コンセプトをより明確に具現化した「タイプ1」シリーズがあるが、最高峰でステンレス素材を使った「タイプ2」シリーズでも、仕上がりが良いのにコストパフォーマンス性が高い商品として、高い好評を得ている。

 

そんなK2テックがホンダNSR250R/MC28用チャンバーを手掛けた。「熱心なお客さんからに問い合わせが多いので開発に着手しましたが、MC21と28に対応できる商品を目指しました。ヤマハ用はRZから始まって1KT用を作り、最近、3XV用も開発を終えて市販開始しました。以前から要望があったのと、メーカーは違いますが、同じV型エンジンだったこともありNSR用も商品化しました。今後ご要望があれば、さらに遡ってMC18用も……」とは久保代表。丁寧な作り込みによる美しさと、ひと味もふた味も違った走りが評判のK2テック製チャンバー。今後の機種展開にも期待したい。

ケイツー・テック主宰
久保 和寛 K.KUBO

ヤマハのテストライダーとしてTZ125の開発に携わり、1999年のWGP鈴鹿ラウンドではワイルドカードで出場。日本人ライダーとして好成績をおさめた。2ストエンジンを理解したライダー兼コンストラクターとして多くのファンに支持されている。

株式会社ケイツー・テック

住所/大阪府羽曳野市野110

TEL/072-952-2958

パワーアップや出力特性ターゲットの実現はもちろんだが、スペシャルマフラーやチャンバーには「美しさ」が必要不可欠である。同社製チャンバーは、美的という点でも魅力的な商品だ。撮影商品のNSR250R/MC28用は、同社製チャンバー最高峰のSUS304 鏡面仕上げの「タイプ2」だ。すべてを手巻き成型&溶接しているのが特徴だ。アンダーカウルで造型美を覆い隠してしまうのがもったいないほどの仕上がりである。MC21にも対応する商品だ。

 

試作&テストランを繰り返しながらターゲットのエンジン特性に近づけていく。最終的に治具調整を行い量産化に備えるのが開発の流れだ。TZR250/3XV用も開発済みで、価格はNSR用と同一だ。

 

K2テックのコンセプトを踏襲したMC28 用「タイプ2」チャンバー。高回転域のレブ特性が向上しエキサイティングな走りを実現。SUS304 鏡面タイプ2は14万1,750円。SUS素地タイプ2は13万1,250円。スチール製タイプ2は9万9,750円。

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。