ボルトオン装着で爽快性能をゲットできる!!EXPANSION CHAMBER by K2tec
取材協力/株式会社ケイツー・テック(TEL/072-952-2958)  記事元/絶版バイクス編集部
※この記事は雑誌『絶版バイクス』Vol.21 P62?63に掲載された内容を再編集したものです
※記事の内容は雑誌掲載当時のものです(絶版バイクス21号 2015年11月16日発売)
掲載日/2016年3月9日

レーシングマシンなら当然、ストリートバイクでも取り付けたいのがエキスパンションチャンバーである。2ストレーシングマシンの開発にも携わったK2tecのチャンバーは、ひと味違う仕上がりだ。

2ストファンなら
チャンバー装着でアップデート!!

現役引退後は2ストチャンバー&マフラーコンストラクターとしてアフターシーンで活躍しているケイツー・テック代表の久保和寛さん。現役時代はメーカーのテストライダーとしてマシン開発に着手。世界GP125ccクラスでは、ワイルドカードながら上位入賞を果たした経験もある、走れるコンストラクターでもあるのが久保さんだ。

 

そんな久保さんが作るエキスパンションチャンバーには、大きくわけて2タイプある。防錆効果の高いステンレス素材を使ったチャンバーは、完全受注生産品で手巻きのフルハンドメイド仕様。 一方、高性能かつコストを重視し量産性を高めたのが「タイプ1」と呼ばれるスチールマテリアルのチャンバーだ。

 

絶版車ムーブメントの影響で、近年、絶版2ストスポーツモデル用のチャンバー需要が高まっている。実は、ユーザーのニーズはリプレイスマフラーのように手軽に装着できるチャンバーらしい。安価ながらカッコ良く高性能なチャンバーが求められ、ボルトオンだけで走行フィールがエキサイティングになるエキスパンションチャンバーに対するニーズは高い。

 

そんな現状やお客さんからの声を反映し開発されたのが、ケイツー・テック製「タイプ1」シリーズである。

 

「完全ハンドメイドのスペシャル仕様を求められるお客さんがいる 一方で、性能を高めながらコストをバランスさせた商品を求めるお客さんも多くいます。そこでタイプ1を提案させていただきました。お陰様で好評です」と久保代表。コスト重視で開発したとは久保さん弁だが、ご覧の通り絶版車ファンの我々にとっては、十分にスペシャルムードが漂う仕上がりになっている。それがこのタイプ1と言えるだろう。

ケイツー・テック主宰 久保和寛(Kazuhiro KUBO)

完全ハンドメイドの手巻きパイプを組み合わせた最高峰のチャンバーはある意味マニアックなファンには良いが「手軽にチャンバー性能を楽しんで頂きたいのがタイプ1の特徴です。ラインナップの拡充も考えています。すべてお客さんの要望次第です」と久保代表。

RZ250R用K2tecタイプ1チャンバー

[1]クロス/[2]ストレートタイプ1◎4万3,200円/[3]2本出しタイプ1◎4万5,360円

ヤマハRZ250Rにストレートチャンバータイプ1[2]とクロスエキパイ&右2本出しサイレンサーの右2本クロスチャンバータイプ1[3]を装着。写真[1]はクロスチャンバータイプ1だ。ユーザーの好みで3種類からチョイスできる。

■左上/エキパイ製作にパイプベンダーを利用しているタイプ1仕様。性能向上とコストをバランス良く両立させているのが特徴だ。スチールマテリアルの独特なサウンドを好むファンも多い。

■左/何よりメーカー純正マフラーは分厚い鉄板で作った重さが際立つが、巻きチャンバーの板厚は薄く、軽量仕上げなのも特徴だ。溶接焼けを残し、耐熱クリアペイントで仕上げられている。

■上/メーカー純正マフラーとはひと味もふた味も違ったレーシングサウンドを奏でるケイツー・テック製エキスパンションチャンバー。ストリートカスタム系には右2本サイレンサーが似合う!!

※上画像2点はトリプルシリーズ250?400用の画像です。

カワサキ500SS/KH500用

ストレートチャンバータイプ1◎価格7万5,600円
クロスチャンバータイプ1◎価格9万7,200円

カワサキトリプル用ではストレートチャンバータイプ1とクロスチャンバータイプ1をラインナップ。H2 用はストレートチャンバータイプ1が8万1,000円、クロスチャンバータイプ1が10万2,600円となる。カワサキトリプルシリーズのタイプ1でもH1用はストレートもクロス仕様もサイドスタンド内側へ膨張室を追い込むレイアウトを採用。ミドルシリーズ用のストレート仕様はサイドスタンド外側に左シリンダー用チャンバーがレイアウトされる。

完全ハンドメイド仕様は手巻き製法!!

最高素材のSUS304材を使った完全ハンドメイドのステンレスチャンバーも勿論ラインナップ。ヤマハパラツインやカワサキトリプル用は当然、V型エンジンの究極的レーサーレプリカ用もラインナップ。こちらの商品は完全ハンドメイドの受注生産となっている。適応機種外の場合は問い合わせてみよう。

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。