ハーレーダビッドソン佐賀
佐賀県/ハーレー正規ディーラー

取材協力/ハーレーダビッドソン佐賀  取材・撮影・文/マツモトカズオ
掲載日/2015年3月31日
九州の流通の中心と称しても過言ではない街、佐賀県鳥栖市にショップを構えて11年。昨年リニューアルオープンを果たしたハーレーダビッドソン佐賀は親切丁寧な接客スタイルに定評あるディーラーだ。高い技術力を擁する同店が提案する「燃焼室加工」とは……?

INTERVIEW

好立地に恵まれたディーラーが提案する
走りを劇的に変えてくれる「燃焼室加工」

九州を縦に走る九州道と、横に走る大分・長崎道。この縦横2本が十字に交わる佐賀県鳥栖市・鳥栖ジャンクション。このジャンクションからほど近い場所に店を構えるのがハーレーダビッドソン佐賀である。

 

「鳥栖という立地のせいか、地元佐賀のみならず、近県である福岡や熊本・大分・長崎のお客様も多いですね」

 

そう話すのは、自らもハーレーFXRを駆る営業マネージャーの鎌田さんだ。

 

好立地の利点は他にもある。店舗の近辺には飲食店や大型アウトレットモールもあり、点検・整備の待ち時間も時間を持て余すことがない。またショップ前を南北に走る県道17号線を北に走ると、間もなくバイパスに入る。元は有料道路であったこのバイパスは、信号も少ない快走路。この道が試乗コースに最適なのだ。

 

「都会のディーラーと違って、ストップ&ゴーの少ない道でハーレーを楽しめるんです。試乗車は各モデルとも台数を揃えていますので、ぜひ気軽に試乗にお越しいただきたいですね」

 

昨年10月にリニューアルオープンした店内に入ると、「いらっしゃいませ!」と元気な声が店内に響く。スタッフは現在17名。うち4名が女性だ。近年、女性ライダーが増えたとはいえ、ハーレーは時に”男臭い”というイメージを持たれがちだ。そこに女性スタッフの優しい接客が存在することで、女性でも気軽にショップを訪れることができる。女性限定のツーリングも企画するなど、女性ライダーに優しいショップでもあるのだ。

 

中古車両を数多く揃えていることも魅力のひとつ。本店の向かいには中古車専用のショールームを備えている。「ディーラー認定中古車をはじめ、常時30台以上の中古車を確保しています。この台数はディーラーの中でも屈指のものだと自負しています。遠方から中古車を見に来られるお客様も多いですね」と鎌田さん。

 

さらに特筆すべきはレンタルガレージを備えていることだ。中古車ショールームの隣に建つガレージはセキュリティを完備。入出庫は全てスタッフの手によって行われ、長期預かりの車両にはバッテリー等のケアもサービスされる。

 

ハーレーダビッドソン佐賀には6名のサービススタッフが在籍している。うち5名がハーレー整備士の最高位「マスター・オブ・テクノロジー」を獲得している。

 

高い技術力を誇る同店のカスタムのひとつに「燃焼室加工」がある。サービスマネージャーを務めるダイナ乗りの坂口さんにその詳細を聞いた。

 

「日本のガソリンはアメリカのガソリンと比較してオクタン価が低いんです。それによりノッキングを起こしやすいのですが、それを軽減させるのが燃焼室加工によるエンジンの低圧縮化です。最適な圧縮比へと低圧縮化することによってエンジン周りの熱量は低下するので各パーツへの負荷は減り、圧縮によるパワーロスを無くすことでトルク感が飛躍的に上昇するんです。これまで多くのお客様がこのチューニングを体験され、大変好評を得ています」

 

エンジンに優しく、それでいてハーレー特有の鼓動感がアップ、走りも劇的に快適化する。こんな夢のような話を現実にしてくれるハーレーダビッドソン佐賀の「燃焼室加工」。ぜひ貴方のハーレーで体感して頂きたい。

PICK UP

常に「親切」であることを心がける
地域密着&地域貢献型の販売店

「親切」が会社のスローガンだというハーレーダビッドソン佐賀。お客様に対してはもちろん、スタッフ同士のコミュニケーションにもそれを心がけている。それゆえか、店内の雰囲気はとても明るく、スタッフ一人ひとりの笑顔が好印象だ。

 

その心意気はショップのある鳥栖市にも向けられている。月に1度、ショップ近辺を200mに渡って清掃しているほか、同社ホームページでは鳥栖市近郊の飲食店やイベントなどを積極的に紹介している。毎年夏には「まつり鳥栖」で催される市内のパレードにもハーレーで参加している。ハーレーをツールとして鳥栖をアピールする宣伝隊の役目を担っているのだ。

 

また県内の自動車学校では月に1度、普通二輪免許でハーレーに乗れる試乗会も開催。ハーレーに憧れる教習生たちから好評を得ている。

 

リニューアルオープンにより精悍に生まれ変わったショールーム。ブラックの天井と壁面にオレンジの差し色が映え、深い奥行き感を演出している。300平米を超えるスペースに最新モデルをディスプレイ。ハーレーへの憧れを抱いて訪れた人の高揚感をより高いものにしてくれる。

大きなテーブルが二台並ぶくつろぎのスペース。お客様同士の談笑の場でもあり、またスタッフとバイク談義を繰り広げるにも最適なスペースである。店内に並ぶ最新のハーレーダビッドソンを眺めながら、優雅にコーヒータイムを愉しむお客様も多いとか……。

ショールームの最奥にあるカフェスペースは、ハーレーに乗って訪れたお客様のみならず、そのご家族からも好評のスペースだ。コーヒーだけでなくココアや緑茶などもメニューにラインナップ。冬にはホットドリンクで暖を、夏は冷たいドリンクで涼を得る癒しの場だ。

ハーレーダビッドソンがリリースするアパレルやアクセサリーも豊富にラインナップ。その数に思わず目移りしてしまう。キャップやヘルメットからブーツに至るまで、まさに頭から足の先までコーディネート出来るのが魅力。広いフィッティングスペースも用意されている。

ハーレーダビッドソン純正のパーツやアクセサリーも充実の品揃え。豊富なパーツを前にカスタムへの妄想も膨らむ。エンジンオイル類はもちろん、バイクを美しく保つためのケミカル類も多数。もちろん、ハーレーを熟知したスタッフが丁寧に説明してくれるので安心だ。

シックな黒でまとめられた商談スペース。車両の購入やカスタムの相談などがここで行われている。隣席とはパーテーションで仕切られているのでプライバシーも守られる。疑問や不安はここで全てスタッフに伝えてみよう。的確な答えを用意してくれるはずだ。

ファクトリー前に設けられた「サービスライトアップ」。カスタムや整備・点検などを受けるハーレーは1度このスペースに入れられ、奥にあるデスクでスタッフとお客様による打合せが行われる。その後奥のシャッターが開き、バイクはファクトリーへと導かれるのだ。

およそ150平米という面積を誇る広いファクトリー。照明は明るく、またサービススタッフが作業しやすいように動線も設計されている。2014年から日本でも導入されたトライクを整備するための大型リフトも導入されている。6人の敏腕整備士たちの仕事場だ。

ハーレーダビッドソン佐賀が得意とする「燃焼室加工」の模様。シリンダヘッド内を削ることで低圧縮化を行う。結果としてエンジンには負担が少なくなり、乗り手はハーレー特有のワイルドな鼓動感をよりダイレクトに感じることができるようになるという夢の技術だ。

102015年2月に日本でのリリースが開始された「ストリート750」。コンパクトな車体ながらエンジンは中低速で力強く回り、伸びもある。車重が軽くハンドリング性に優れていることも特徴だ。ハーレー初体験の若年層や女性にも、そしてセカンドバイクとしてもおすすめだ。

11ハーレーダビッドソンの豊富なアパレルラインナップは、時としてコーディネートを迷ってしまうこともあるほど。ショールーム内には数体のマネキンが並んでおり、スタッフおすすめのコーディネートを提案してくれる。“着替え”は定期的に行われているという。

12本店ショールームから県道を挟んで向かい側に建つ二階建ての中古車専門ショールームには、認定中古車をはじめ常時30台以上の厳選された好コンディションなバイクが並んでいる。中古車の購入も、ハーレーダビッドソン正規ディーラーなら安心だ。

13本店ショールームの向かい側、中古車ショールームの横に建つレンタルガレージはブラックアウトされた外観が印象的。万全のセキュリティを備え、スタッフによる入出庫も安心。ガレージ利用者は洗車スペースも利用できる。自宅に車庫の無いお客様におすすめだ。

14夜のとばりが降りて、鳥栖の街に「Harley-Davidson SAGA」のロゴマークが輝く。閉店後も県道沿いのバイクはライトアップされている。夜たまたまショップの前を通ってバイクを見たお客様が、後日営業時間中に来店されるというケースも少なくない。


SHOP INFORMATION

ハーレーダビッドソン佐賀

住所/佐賀県鳥栖市養父町65番地1
TEL/0942-83-0080
FAX/0942-83-0121
営業/10:00-19:00
定休/毎週火曜日&第三水曜日
URL/公式ウェブサイトはこちら

ショップの在庫バイクを見る
地図を見る