ハーレーダビッドソン神戸
兵庫県/ハーレー正規ディーラー

取材協力/ハーレーダビッドソン神戸  取材・文/植田 一礼  撮影/伊勢 悟
掲載日/2015年1月30日
1996年創業の『ハーレーダビッドソン神戸』は、新車、中古車、純正ウェアやグッズの販売、車両のメンテナンスやカスタムで、多くのハーレーオーナーをサポート。その根底には、ハーレーで走ることを安心して、存分に楽しんで欲しいという想いがある。

INTERVIEW

ハーレーで走ることの楽しさを
もっと深く感じてもらいたい

神戸市内最大級の正規販売店として、1996年に開業した『ハーレーダビッドソン神戸』は、2000年に移転し、現在の場所で営業している。同店における最大の特徴は、サザンモール六甲という、ショッピングモール内にあるユニークな立地だ。おしゃれでハイセンスなショップが入居するショッピングモールの中で、異色とも言える存在感を放つ。ここにあることは、まだハーレーを知らない人や、ハーレーとその世界に少しでも興味のある人に対して、アプローチをするには絶好の場所と言える。以前は2階部分の別店舗で、純正ウェアやグッズを専門に扱うショップも運営していたが、現在は1階ショールームに統合されている。

 

「なごやかでフレンドリーな雰囲気のショップです。ショッピングモールの中に入っている正規販売店は珍しいと思うのですが、なるべくいろいろな人に来ていただきたいということで、ウェアやグッズ類も充実させています」

 

と語る店長の熊田誠一さんは、レース仕様にカスタムした愛車のXR1200を駆って、レースやサーキット走行会を、お客様と一緒に楽しんでいる根っからのハーレー好きだ。

ハーレーダビッドソン神戸ではいろいろな形態のツーリングを企画・主催していることでも知られる。淡路島をまわる日帰りツーリングから、フェリーで行く九州ツーリング、レディースオーナーに限定したものや、ブルースカイヘブンへの参加、アメリカツーリングまでその内容は多種多様。毎回多くの参加者で楽しく盛り上がっていて、多いときには30~50台が集まる。

 

「ハーレーを楽しんでもらいたいんです。そうしていただくには、やっぱり走ることだと思うので、ツーリングをできるだけ毎月企画しています。ハーレーは走ってなんぼだと思いますし、それならみんなと走った方がおもしろいですから」

もうひとつの特徴は、ハーレーの“レンタルバイクプラン”を行っていること。最短で3時間から最長で1週間、同店がレンタル用に用意しているビッグツインかスポーツスターのどちらかを借りることができるのだ。このレンタルサービスを通じてハーレーを体験したことから、新車購入に至った例もあるという。短時間の試乗だけではわからない、ハーレーの魅力や面白さを、より深く知ることのできるサービスとして人気だ。

 

2015年にはショップの大改装を予定しているハーレーダビッドソン神戸。改装後はさらなるパワーアップをはかり、ハーレーオーナーのサポートに、これまで以上に尽力していくそうだ。

PICK UP

車両とウェア、グッズが充実しているショールーム
年間を通じて数多くのツーリングを主催

『ハーレーダビッドソン神戸』は、国道43号線の新在家交差点南側に位置する、サザンモール六甲の中で営業している。ショールームにはスポーツスターからCVOまで、最新モデルがずらりと展示され、オリジナルグッズを含む、純正ウェアやグッズの品揃えも多岐に渡る。サービスファクトリーは運輸局指定工場になっており、車検も取得することができる、充実した設備を誇っている。

 

短時間の試乗より、もっとハーレーの魅力を体験できる“レンタルバイクプラン”の申し込みも随時受付中。さらに、ハーレーで走る楽しさをもっと感じてもらおうと、同店では毎月のようにツーリングイベントを主催。近くの日帰りライドやグルメツーリング、それにアメリカツーリングまで、毎回多くのお客様が参加している。

 

ハーレーダビッドソン純正ウェアやライディングギア、グッズ、コレクタブルなどが揃っているコーナー。以前は純正ウェアとグッズを専門に扱うショップを、ショッピングモール内に併設していたこともあり、その充実度は抜群。オリジナルTシャツもあり。

グッズの中でも人気なのが、純正Tシャツにショップのロゴが入ったオリジナルTシャツや、バー&シールドのパッチ。ショップでは開店当初から、オリジナルグッズの製作と販売にも力を入れており、毎年いろいろなタイプが発売されている。

ハーレーに乗る友達とツーリングに行きたい、神戸へ旅行したついでに走ってみたい…。そんな思いを実現するのがレンタルハーレー。利用時間は3時間から借りることができ、電話で予約した後、店頭で申し込む。ヘルメット、ジャケットの貸し出しもある。

レンタルハーレー用に、ビッグツインのFLDスイッチバックと、スポーツスターのXL883Nアイアンの2車種を用意。どちらか好きな方を選ぶことができる。いつでも乗り出せるようにきっちりとメンテナンスされているので安心だ。

運輸局指定工場を取得しており、広いサービスファクトリーにはバイクリフトを4基揃え、洗車スペースも備えている。納車整備、修理、メンテナンス、カスタムなどを迅速に行える設備が整えられている。

ブレーキ検査やヘッドライトの光軸測定器などを備え、車検を行う陸運局と同じ検査ラインも完備。検査は検査官の資格を取得したメカニックによって行われる。構造変更はできないが、整備から車検の取得まで迅速にできるのが大きなメリットだ。

2012年のカスタムコンテストでウィナーとなった2012年型FLSTFBファットボーイロー。車体をブラックアウトして、スカルのクローム部分とブラック部分を反転させ。純正オーダーシート、限定の純正オーダーペイントのアンチェインドでカスタム。

毎年恒例になっている、正月の交通安全祈願ツーリング。兵庫県西脇市にある西脇成田山神社へ初詣を兼ねたもので、1年間の交通安全を願って参加者のハーレーをお祓いしてもらう。まさに走り始めにふさわしいツーリングイベントだ。

スタッフも含め女性だけで開催されているのが、レディースツーリング。写真は明治時代に建てられた赤煉瓦の倉庫が残る、京都の赤煉瓦博物館。毎回様々な場所へ走りに行く、女性限定ならではの楽しい雰囲気のツーリングだ。

10専門の講師を招いて行われている、ファーストエイド講習。万が一の事故や災害時などに役立つ、救急救命のやりかたを学ぶ講習会だ。これもハーレーで走り、楽しむことを本気で追求する、ショップの姿勢が表れている活動のひとつ。

11ハーレーダビッドソン神戸が主催する中でも、人気なのが淡路島ツーリング。日帰りで淡路島を一周しながら、淡路牛丼などご当地のグルメを堪能する。もちろん走り応えも十分で、毎回数十台の参加があるという。

12静岡県の富士スピードウェイで行われている、日本最大級のハーレーイベント、『ブルースカイヘブン』での記念写真。毎年必ず参加しており、この時はショップのスタッフも自分の愛車でお客さんと共に走り、楽しさを共有している。

13ショップからほど近い、六甲アイランドのフェリー乗り場から鹿児島行きのフェリーに乗船する前のひとコマ。ドアツードア的な感覚で九州へ渡る九州周遊ツーリングは、鹿児島から熊本、宮崎などの人気ルートを巡り、様々なグルメも堪能するツーリングだ。

14人間にもバイクにも厳しい、うだるような昼間の暑さを避けて行われているのが、7月、8月のナイトツーリングだ。ディナーも楽しめる夏の夜走りは、昼とはまた違ったおもしろさのあるツーリングとして好評を得ている。

15牡蛎のおいしいシーズンである毎年12月に行われているのが、牡蛎おこツーリング。新鮮な牡蛎がたっぷりと入った、絶品のお好み焼きを楽しみに行く。ショップが主催する中で、最もリピーターの多いツーリングイベントとして定着している。

162012年に開催されたアメリカツーリング。ラスベガスでハーレーをレンタルし、グランドキャニオンやザイオン、アンテロープキャニオン、ルート66、モニュメントバレーなど、雄大な絶景の中を存分に走った思い出深いツーリングだ。


SHOP INFORMATION

ハーレーダビッドソン神戸

住所/兵庫県神戸市灘区新在家南町1丁目2番1号 サザンモール六甲B612
TEL/078-811-8090
FAX/078-845-8617
営業/10:30-19:00
定休/火曜・第3水曜
URL/公式ウェブサイトはこちら
URL/公式ブログはこちら

ショップの在庫バイクを見る
地図を見る