G’LUX Motoring
埼玉県/国産・輸入車取扱店

取材協力/G’LUX Motoring  取材・撮影/伊勢悟  取材・文/浜瀬将樹
掲載日/2016年5月31日
ハーレーや国産大型バイクの販売をはじめ、整備、車検まで幅広く手がける『G’LUX Motoring(ジーラックスモータリング)』。高級感をコンセプトに、お店づくりから細かな対応までこだわり、ユーザーから信頼を得ているバイクショップだ。

INTERVIEW

高級感をテーマに
接客第一の信頼できるショップ

東武野田線の豊春駅から徒歩3分と、アクセスの良い場所に店舗を構える『G’LUX Motoring』。社長の相崎将輝さんは、10代の頃からバイクや車の販売に携わってきた人物だ。当時から独立志向は強く、将来を見据えてバイク業界へ足を踏み入れた。

 

「中学校を卒業してすぐに、アメ車屋のバイク部門で販売や整備に携わってきました。それまでは原付や中型のバイクにしか興味がなかったのですが、18歳の時にロサンゼルスにある支店で働くようになり、ハーレーなどを輸出していくなかで、自然に大型バイクに興味を持ち始めました。いわば『G’LUX Motoring』の原点ですね」

 

20歳になる頃には一度バイクから離れ、自動車の中古販売店に転職。毎月1人で平均25台を売り上げ、忙しいなかでも必然的に接客に対しての考え方や、店舗の方針など、独立するための基礎を吸収したのだそう。

 

「自動車販売店で培った接客力を弊社に導入することで、他店にはないスタイルを確立できていると思います」

ユーザーは30~50代の男性がメインだ。豊富な知識を持つベテランライダーだけでなく、近くに自動車教習所があることからビギナーの来店も少なくない。ネット販売にも力を入れており、オーダーは日本全国から。しかし、メールや電話でのやりとりは顧客の顔が見えない。だからこそ、対応や店舗づくりに力を注いでいる。グーバイクのユーザーレビューを見ると高評価が非常に多く、いかに同店が接客に力を入れているのかがわかる。

 

「私のモットーはお客様との信頼を築くこと。写真が欲しいと言われれば百枚単位で送りますし、メールでの質問にはすぐに返答します。また、ネットでバイクを購入する際、わざわざお店に足を運ばなくてもいい反面、どんなお店か分からない。だからこそ弊社をネットで調べた時に安心してもらえるよう内装にもこだわりました。最高のバイクがあって店内も整理されているからこそ、お客様から信頼を得られるものだと考えています」

同店は接客だけでなく整備にも力をいれている。店舗から少し離れた場所に自社整備工場を完備。国内バイクメーカー正規ディーラー店で働いた経歴を持つメカニックが、動作確認、走行テスト、車両クリーニングなど、細かな点検を繰り返し行ったうえで販売をするのだ。

 

「いくら安くても故障ばかりだと意味がない。いいバイクを仕入れて、しっかり整備をしてからお客様に提供することが一番だと思っています」

 

痒いところに手が届くサービスや懇切丁寧な接客など、同店の魅力はすべて相崎さんの人間性にある。常にユーザー目線を持つからこそ、全国のライダーに愛される販売店となっているのだ。ただバイクを購入するだけではない、最高のおもてなしを受けられる『G’LUX Motoring』。愛車を探しているライダーに、ぜひ注目してほしいショップだ。

PICK UP

全国無料保証で
安心のアフターフォロー

ネット通販をメインに運営しているため、日本各地に顧客がいるジーラックス。アフターフォローにも力を入れており、納車後1ヶ月以内にエンジンやミッションなどに初期不良があった場合、日本全国どこでも無料で保証対応を行ってくれる。しかも、同店や指定の工場などに修理を持ちこむのではなく、近くのバイクショップに依頼してもOKとのこと。

 

「もちろん整備や点検をしてから納車をしますが、せっかくバイクを購入したのに、エンジンやミッションがすぐに壊れるなんてあってはならないことです。初期不良はほとんど対応しますので、万が一、何かあった場合は連絡をしてほしいです」

 

相崎社長がジーラックスを創業してから一貫して守り続けている『お客様の信頼を得ること』が垣間みえるサービス内容である。

 

チョッパー風カスタムのXL1200Xフォーティーエイト。インジェクションチューニング済みで、ベストな状態でパワーを発揮する。相崎さん自身も同じモデルに乗っていたこともあり、お気に入りの一台である。車両価格は140万円(諸費用別)。

ハーレーらしいワイルドな印象を与えるプライマリーカバーは、スカルコレクションをチョイス。もちろんステップも変更済みだ。細かなディテールまでこだわったカスタムをしていることがわかるだろう。

バンス&ハインズのショートタイプマフラーは、絶妙な長さで人気の逸品。スラッシュカットエンドがマシンをスタイリッシュに魅せる。また、フルカバー・ヒートシールドのおかげでマフラー焼けがないので、いつまでも美しさを保てるのだ。

1994年式FXSTCエボソフテイル。エンジンは純正で、S&S製Eキャブを装着している。相崎さんは「手のこんだカスタムをしているので、他のソフテイルと比べて差別化ができます」と自信をもってオススメする。車両価格は145万円(諸費用別)。

タイヤは200ワイド18インチのエイボン製コブラタイヤ。リアフェンダーをカットし、ストラットカバーもショートタイプに変更済み。タイヤを強調することで、リアビューの迫力を増している。

スポーツスター・タンクはスモールタイプで、タンクキャップはポップアップタイプに変更済み。レタリングやピンストライプ、さりげないシルバーリーフがマシンのオリジナリティをアップさせている。

ジーラックスでは、ハーレー以外にも国産のカスタムバイクを豊富に取り扱っている。ここに紹介するのは、1994年カワサキGPZ900R。最近すっかり見ることの少なくなったフルカスタムが施された一台だ。車両価格は130万円(諸費用別)。

ブレンボ製リアキャリパーとサンスター製ディスクローターの間違いない組み合わせ。ホイールは人気の高いマービック製をチョイス。スイングアームはZZR11000Dの純正品を流用している。

カムシャフトはヨシムラジャパン製ステージ2、キャブレターにはFCRをチョイスし、パフォーマンスを大きくアップ。さらにアクティブ製サブフレームを取り付けることで、レーシーなイメージを与えている。

10国内未登録車のカワサキZ1。旧車も得意とする同店極上の一台である。相崎さん曰く「特にエンジン周りなどはセミレストアされていますので、状態が良いZ1を探している方は必見です」とのこと。

11エキパイは手曲げ集合管に変更済み。エンジンとフレームは再塗装されているため、まったく古さを感じさせない。全体的にセミレストアされているため、車体の状態は非常に良い。

12純正ホイールは再メッキ済みで、足周りを美しく魅せる。いくら旧車であっても、しっかりとした手入れがされているものしか仕入れないのが、ジーラックスのこだわりである。

13整備工場を別に設けているため、店内は常に清潔に保たれている。商談をしながら、美しくディスプレイされた車両をじっくり眺めることができる。落ち着いた雰囲気の店内は、内装のほとんどを相崎さんが手がけているのだ。

14「バイクを美しく魅せたい」という思いから、ライトは白とオレンジで構成している。この2色のライトがあるのとないのとでは『高級感』が違うとのこと。細かな部分までこだわる相崎さんならではのチョイスだ。

15ジーラックスの近くにある『いわつき自動車学校』と提携しており、申込書を持参すると5,000円割引となる。同教習所で免許を取得した人が、お客さんとして来店することも多い。


SHOP INFORMATION

G’LUX Motoring

住所/埼玉県春日部市道口蛭田177-6
TEL/048-884-8112
営業/10:00-20:00
定休/月曜日
URL/公式ウェブサイトはこちら

ショップの在庫バイクを見る
地図を見る