ライダースクラブ
千葉県/ドゥカティ正規ディーラー、MVアグスタ正規ディーラー、カワサキ正規取扱店

取材協力/ライダースクラブ  取材・文/守田 二草  撮影/伊勢 悟
掲載日/2014年3月31日
ドゥカティをメインとするイタリア車、そしてカワサキを扱う『ライダースクラブ』は、車両販売はもちろん、アフターパーツやウエア、グッズまで広く扱っており、ライダー同士の交流も活発なクラブハウス的存在。オートバイのある暮らしをフルサポートしてくれる頼もしいショップだ。

INTERVIEW

人生を豊かにしてくれる乗り物だから
オートバイで遊んでもらいたい

千葉県にあるライダースクラブは、1997年にドゥカティ正規ディーラーとなり、現在はカワサキ、ドゥカティ、MVアグスタなどを扱う複合店として活動している。創業者の2代目である吉田祐介さんが店長としてショップを切り盛りしており、地元を中心とした若いユーザーたちが集う、クラブハウス的な場所となっている。

 

「現在、父が社長を務めていますが、オートバイ好きが高じて仕事になってしまったタイプ。自分が子供の頃からオートバイがある環境だったのもあって、6歳から16歳まではモトクロスでレース活動をしていました。国際B級クラスまで登り詰めたましたが、大きなケガも多くて引退することになりましたが…」

 

その後、大学を卒業して就職。クルマのディーラーで営業販売にたずさわるようになったが、やがてオートバイ業界との差を感じはじめたという。

 

「時代の遅れを感じたんです。クルマ業界はスゴく進んでいて、顧客管理や提案もしっかりしている。クルマ業界でのノウハウをオートバイに落とし込めば、まだまだ可能性があると思いました」

 

それから、新たな取り組みも独自に考えるようになった。それは父親が昔からやっていたことでもあるイベントだ。自分もスタッフもオートバイ乗りで、ユーザーと交流できるイベントを催すのが大好きだったこともあり、さらに強化していくと決定。日常の中でも小さなイベントを加えていくようになった。

 

「オートバイで遊んでもらいたい、人生を豊かにしてもらいたいという思いがありました。行き着いたのが“お客さんとオートバイで遊ぶこと”でした。たとえば平日の夜、19時過ぎになると人が集まり出して、閉店したらお台場までナイトラン。公園でただ喋って帰るとか(笑)。毎月1回はツーリングに行っています。一生懸命お客さんと遊んでいると、どんどん輪が広がっていくんです」

 

サプライズとして、ショップでお客さんのプロポーズを演出したこともあるという。まさに狙い通り、オートバイを縁にそれぞれの人生が豊かになるサポートをしている。ちなみに、最近力を入れているのはユーザー同士の交流。インターネットを活用して、Facebookのオフィシャルページのほかに承認制のページも設け、ユーザー同士がつながることを促進している。また、イベント前には無料でライディング座談会を開催。年齢や経験の違うユーザー同士が、バイクをテーマに語らい、個々に見合った実践的なアドバイスが得られると大好評だ。

 

「自分たちが取り組んで気づいたんですが、現代ってモノがあっても遊び場所がない。だからこそ、もっと遊び場の提供したいと思うようになりました。それぞれ自由に楽しんでもらえれば嬉しいですね」

PICK UP

ショップ主催のツーリング先は
観光地、林道、サーキットまで多彩!

ライダースクラブが力を入れているのが、ユーザーに対するオートバイライフのサポートだ。遊び場、そして交流の場として、積極的にイベントを開催している。月1回のペースで開催されているツーリングは、観光スポットや旬のご当地グルメを巡る一般的な日帰りツーリングから、BBQツーリング、キャンプツーリング、林道ツーリングまでテーマは多彩。また、サーキットを走ってみたいユーザーのために走行会も企画している。運転技術に自信のない初心者でも楽しめるように、“サーキットDEツーリング”というイベントを年に2回ほど、EBISサーキットで開催している。そのコンセプトは速さを競うものではなく、スポーツライディングをツーリングのように楽しんでもらうというもの。このイベントでサーキットデビューした人も多いのだとか。

 

しかし、参加者にとってはライディングレベルの差が気になるところ。そんなユーザーのために、イベント前には“ライディング座談会”なるユーザー同士の交流会を設けている。車種や経験、スキルの違うユーザー同士が集い、それぞれの目線で積極的にディスカッション。実際の体験談にもとづいたアドバイスが得られると好評だ。

 

広々としたショールームは、1階から2階まで吹き抜けになっている。大きなガラス窓から日射しが降り注いで、店内は明るくて清潔な雰囲気。1階はカワサキ専門店のカワサキプラザ、2階がドゥカティやMVアグスタをメインに扱うイタリアンプラザになっている。

2階にあるイタリアンプラザの受付カウンター。車両の購入についてはもちろん、中古車の下取り、点検・整備・修理・カスタムの相談にも対応してくれる。アフターパーツの在庫も多数展示されているので、実物を見ながら具体的なカスタムプランも立てられる。

1階にあるカワサキプラザ受付カウンター。サービス内容と料金が明示されているのもうれしい。ライダースクラブでオートバイを購入すると、メーカーを問わずメンバーズクラブに入会できる。購入した車両の純正部品や工賃、オートバイ用品の割引など特典が多数用意されている。

1階にあるリラックスコーナーには『キリン』や『バリバリ伝説』など、オートバイやクルマをテーマにした漫画がズラリ。コーヒーサーバーもあり、ゆっくりくつろげる。ショーウィンドウの向こうはファクトリーになっており、作業を眺めることもできる。

1階と2階それぞれにリビングスペースがあり、大勢で集まることができるよう大きめのソファーを設置。オートバイ雑誌も多数用意されている。ショップ主宰でライダー座談会なども行なわれ、お客さん同士のコミュニケーションスペースになっている。

ライダースクラブは陸運局の認証工場を完備。1階のショールームの奥は広々としたファクトリーになっており、2級および3級整備士の資格を持つメカニックが常駐している。各種整備機器も揃えており、騒音測定サービス、ヘッドライトの光軸・光量の測定サービスもおこなっている。

オートバイ好きでやる気のある若いスタッフが多く、もともと常連客だったスタッフも多数。ユーザー目線でのきめ細かいサービスが評価されている。CR-1ガラスコーティング施工技術認定も受けており、メンテナンス性の向上にも力を入れている。

2階にあるイタリアンプラザのドゥカティコーナー。最新モデルから中古車までズラリと並び、イメージカラーのイタリアンレッドが目にも鮮やか。展示車両をじっくりと見たり、実際に触れたりしたい人は、気軽にスタッフまで声をかけてみよう。

2階イタリアンプラザの奥はMVアグスタや中古車の在庫などが並べられている。中古車はすべて室内保管のため、保存状態は良好。ライダースクラブの中古車には保証書と納車前点検整備記録簿が付くので安心だ。

10ドゥカティ純正のアパレル&グッズコーナー。ライダースジャケットから、ヘルメット、グローブ、レインウエアまで多彩にラインナップされている。バッグや財布、ピンバッジなどの汎用性のあるアイテムも多いので、プレゼントやお土産にも最適。

11ユーザーの要望に応じて、カスタムにも柔軟に対応。純正や社外のアフターパーツのほか、オリジナルのカスタムパーツも製作販売している。ユーザーとの話し合いの中で開発されることも多く、特にハンドルは大好評だとか。詳しくはショップ公式のホームページをチェックしてみよう!

12ディスプレイされているのはドゥカティのクルーザーモデル『ディアベル』。カスタムペイントを施し、オリジナル製作したカスタムパーツを装着したスペシャルマシンだ。ブラック×レッドのボディに、ホワイトのホイールが軽快な印象をプラスしている。

13ライダースクラブでオリジナル製作したフロントウィンドシールドのスモークスクリーン。シンプルな形状なので、純正の印象を損なうことなくスタイリングをブラッシュアップ! 常に視界に入るパーツなので、ユーザーのコダワリが反映しやすい。

14ブラックをベースに、イタリアンレッドでレーシングストライプとロゴをあしらったオリジナルのカスタムペイント。『ディアベルカーボン』に近いカラーコーディネイトだが、ストライプラインを細めにしているので、シャープでレーシーな印象になっている。

15オートバイでの遊びを積極的に提案しているライダースクラブは、アットホームな雰囲気でお客さん同士の仲も良い。スタッフとの交流も盛んで、ショップにサーキット走行会の参加者からプレゼントされたという手作りのフォトフレームが飾られていた。

16ライダースクラブでは月1回のペースでツーリングを主催。年に数回は1泊のツーリングも行なっている。昔からの定番イベントで、階段には古いツーリング写真が飾られている。現在はFacebookを活用したお客さんだけの承認制ページもある。ライダースクラブ公式Facebookページはコチラ

2012年11月17日~18日に開催された“ライダースクラブ一泊ツーリングin高山”の様子(動画)


SHOP INFORMATION

ライダースクラブ

住所/千葉県千葉市若葉区桜木6-23-3
TEL/043-488-6660
FAX/043-488-6655
営業/10:30-19:30
定休/毎週火曜日、イベント開催日にあたる日曜日
URL/公式ウェブサイトはこちら

ショップの在庫バイクを見る
地図を見る

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。