ホンダ・CB-Fヒストリー1981年編/ホイールデザインを変えFブレーキを2P化

掲載日:2018年10月04日 トピックス    

写真・文/ロードライダー編集部  記事提供/ロードライダー編集部
※この記事は「ロードライダー vol.414」に掲載された内容を再編集したものです。

CB-Fヒストリー1981年編/ホイールデザインを変えFブレーキを2P化の画像

足まわりを軸に改良を受けたFB。国内には限定車も登場する

1981年型となって、国内仕様750FBも従来スポーク部の裏側だった部分を表に出し、溝部を黒く仕上げた“裏コムスターホイール”を採用。サイズは変わらず。フロントフォークもφ35mmのまま(フォークオフセットも45mmで変わらず)だが、トップキャップにエアバルブを追加したエアアシスト式に。

ブレーキキャリパーは前後とも片押し1→2ピストンとなり、フロントディスクも内側にスリットを入れるように形状変更するなど、このFBでは足まわりを軸にした強化が見られた。エンジンは寸法等はそのままに出力を2ps上げた70ps(圧縮比も9.2:1)となった。

CB-Fヒストリー1981年編/ホイールデザインを変えFブレーキを2P化の画像

CB750FB(日本)/■ホイール 2.15-19/2.15-18(裏コムスター) ■フロントフォーク φ35mm正立+エアアシスト オフセット45mm ■キャスター 27度30分/トレール 117mm ■国内750Fに限定仕様2タイプ、欧州900Fにハーフカウル仕様

この年の国内では赤×白の塗色で150台の8耐優勝記念限定車CB750FBB、またこれベースに販売店でハーフカウル/オイルクーラーを装着するCB750F2BBも展開。欧州仕様750FBは基本的に同FAを継承、北米仕様750FBではリアホイールを2.50-18に幅広化/フォークをφ37mmに大径化した。欧州900FBはフォークがエアアシストφ37mmとなりホイールスポークが金色仕上げとなった。ハーフカウル仕様車CB900F2(CB900F2B=SC09)も加わっている。

CB-Fヒストリー1981年編/ホイールデザインを変えFブレーキを2P化の画像

日本向け750FBにはCB750Fボルドール2(フランス語で金杯)として、赤フレーム等を採用したCB750FBBが鈴鹿8耐優勝記念限定車として登場。これをベースに輸出仕様CB900F2B的な形状のハーフカウルとオイルクーラーを追加したCB750F2BBも設定された。欧州CB900F2Bは限定でなくレギュラー設定だった。

CB-Fヒストリー1981年編/ホイールデザインを変えFブレーキを2P化の画像

CB900FB(欧州)

CB-Fヒストリー1981年編/ホイールデザインを変えFブレーキを2P化の画像

CB900F2B(欧州)

この記事に関連するキーワード

こちらの記事もおすすめです

注目のアイテムはコチラ

新着記事

タグで検索

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。