EICMA2017(ミラノショー) / ハスクバーナじっくりレポート SVARTPILEN & VITPILEN701登場!

掲載日:2017年12月06日 トピックス    

取材協力/EICMA 2017  文/Ryo Tsuchiyama  写真/バイクブロス・マガジンズ

VITPILEN401・701シリーズの市販版が登場!
独自の世界観で突き進むハスクバーナ

11月7日からイタリア・ミラノで行われた『EICMA2017(ミラノショー)』のハスクバーナブースの様子をじっくりお届け。

ハスクバーナ(Husqvarna)は1903年に創業した歴史あるスウェーデンのブランド、2013年からオーストリアのKTM傘下に入りオフロードバイクを中心にラインナップを拡充している。いまハスクバーナが力を入れているのはストリートバイクへの回帰だ。2014年のミラノショーで新しいコンセプトの375ccストリートバイク「VITPILEN 401(ビットピーレン401)」と「SVARTPILEN 401(スバルトピーレン401)」のコンセプトモデルを発表。それ以降は毎年ミラノショーで両車の発展版を展示し、市販に向けて進化を重ねる姿を発表し続けてきた。

今年のミラノショーでハスクバーナはついに、VITPILEN 401とSVARTPILEN 401の市販版を発表した。さらに401シリーズの大排気量版として、693ccのエンジンを搭載するVITPILEN 701とSVARTPILEN 701も会場で発表。他社のストリートバイクとは完全に一線を画す独創性のあるデザインを持つ両車は、ストリートバイクへの回帰を強めるハスクバーナにとって大きな武器となりそうだ。

ここからはSVARTPILEN 701の写真を中心に幅広いオフロードモデルのラインナップを誇るハスクバーナブースの様子を写真で紹介していこう。

EICMA2017(ミラノショー) / ハスクバーナじっくりレポート SVARTPILEN & VITPILEN701登場! の画像

ミラノショーではKTMの隣にブースを構えるハスクバーナ。KTM傘下とはいえ、ブースの雰囲気はもちろん、プロダクツの方向性も大きく異なっている。

EICMA2017(ミラノショー) / ハスクバーナじっくりレポート SVARTPILEN & VITPILEN701登場! の画像

カンファレンス冒頭でアンベールされたのは、VITPILEN(ビットピーレン)701。VITPILENとは、スウェーデン語で「白い矢」を意味する。

EICMA2017(ミラノショー) / ハスクバーナじっくりレポート SVARTPILEN & VITPILEN701登場! の画像

VITPILENが搭載する排気量693ccの4ストローク単気筒エンジンは、KTM690シリーズに搭載されるLC4エンジンがベースで、最高出力55kW(75hp)、最大トルク72Nmを発生する。クロームモリブデン鋼のトレリスフレームもKTM690がベースだが、外装のデザインは完全に独自のもの。

EICMA2017(ミラノショー) / ハスクバーナじっくりレポート SVARTPILEN & VITPILEN701登場! の画像

カンファレンスの最後にステージ上でSVARTPILEN(スバルトピーレン)701コンセプトがアンベールされた。

EICMA2017(ミラノショー) / ハスクバーナじっくりレポート SVARTPILEN & VITPILEN701登場! の画像

スウェーデン語で「黒い矢」を意味するSVARTPILEN(スバルトピーレン)。シンプルで無駄を削ぎ落としたストリートバイクとして発表されたSVARTPILENは、ハスクバーナが1955年に発売したSILVERPILEN(シルバーピレン)へのオマージュだという。

EICMA2017(ミラノショー) / ハスクバーナじっくりレポート SVARTPILEN & VITPILEN701登場! の画像

フロントフェンダーレス、ゼッケンプレートのように薄いヘッドライト、一体感のあるタンク&シートに幅広のアップハンドルなど、SVARTPILEN 701のスタイルはまさしくフラット・トラック(ダート・トラック)マシンのそれ。

EICMA2017(ミラノショー) / ハスクバーナじっくりレポート SVARTPILEN & VITPILEN701登場! の画像

SVARTPILEN 701の車体左サイドは、マフラーやゼッケンベース風のサイドパネルがない分、シンプルさが際立つ。その洗練されたスタイルに多くのメディアが注目!

EICMA2017(ミラノショー) / ハスクバーナじっくりレポート SVARTPILEN & VITPILEN701登場! の画像

EICMA2017(ミラノショー) / ハスクバーナじっくりレポート SVARTPILEN & VITPILEN701登場! の画像

SVARTPILEN 701は、VITPILEN 701同様にエンジンやフレームはKTM690シリーズがベースとなる。

EICMA2017(ミラノショー) / ハスクバーナじっくりレポート SVARTPILEN & VITPILEN701登場! の画像

フロントホイールは18インチで、リアホイールを17インチとするSVARTPILEN 701。倒立フォークのインナーチューブをガードするプロテクターもフラット・トラックシーンから影響を受けた装備。ブレーキはシンプルなシングルディスクだ。

EICMA2017(ミラノショー) / ハスクバーナじっくりレポート SVARTPILEN & VITPILEN701登場! の画像

ゼッケンプレートにLEDライトを埋め込んだフロントマスク。燃料タンクはとても独創的なデザインで、VITPILEN/SVARTPILEN各シリーズに共通するアイコンでもある。

EICMA2017(ミラノショー) / ハスクバーナじっくりレポート SVARTPILEN & VITPILEN701登場! の画像

シートカウルは車体右サイドにのみゼッケンプレートと一体化したようなデザインに。エアクリーナーが露出するようなサイドカバー形状に遊び心を感じる。ショートタイプのサイレンサーはゼッケンプレートの角度に合わせて跳ね上げられている。

EICMA2017(ミラノショー) / ハスクバーナじっくりレポート SVARTPILEN & VITPILEN701登場! の画像

EICMA2017(ミラノショー) / ハスクバーナじっくりレポート SVARTPILEN & VITPILEN701登場! の画像

左右非対称のシートカウルがよく分かる。SVARTPILENはテールランプのデザインもアヴァンギャルド。サイレンサー内部、排気口が7本あるのも面白い。

EICMA2017(ミラノショー) / ハスクバーナじっくりレポート SVARTPILEN & VITPILEN701登場! の画像

こちらはVITPILEN 701の市販予定車。とてもコンパクトな車体で、日本人にとっても親しみやすいサイズと言えそう。

EICMA2017(ミラノショー) / ハスクバーナじっくりレポート SVARTPILEN & VITPILEN701登場! の画像

ハスクバーナのプレス資料から。VITPILEN 701は、VITPILEN 401とSVARTPILEN 401とともに、2018年の早い段階で欧州での販売が決定している。日本導入にも期待がかかる!

EICMA2017(ミラノショー) / ハスクバーナじっくりレポート SVARTPILEN & VITPILEN701登場! の画像

EICMA2017(ミラノショー) / ハスクバーナじっくりレポート SVARTPILEN & VITPILEN701登場! の画像

ヘッドライトはもちろん、メーター形状も独創的なデザイン。VITPILEN/SVARTPILENシリーズの洗練されたスタイルを手がけるのは、オーストリアに拠点を置くデザイン会社KISKA(キスカ)だ。KISKAはハスクバーナの親会社KTMの車両デザインも担当するほか、ヘルメットメーカーのSCHUBERTH(シューベルト)や自転車パーツメーカーのMAGURA(マグラ)、光学機器メーカーのZEISS(ツァイス)など様々な工業製品のデザインも手がけている。

EICMA2017(ミラノショー) / ハスクバーナじっくりレポート SVARTPILEN & VITPILEN701登場! の画像

近未来のカフェレーサーといった出で立ちのVITPILEN 701。いままでにない新しいスタイルの提案だ。

EICMA2017(ミラノショー) / ハスクバーナじっくりレポート SVARTPILEN & VITPILEN701登場! の画像

こちらは375ccエンジンを搭載するVITPILEN 401。

EICMA2017(ミラノショー) / ハスクバーナじっくりレポート SVARTPILEN & VITPILEN701登場! の画像

VITPILENシリーズを新しいカフェレーサーとするならば、SVARTPILENはオフロードのエッセンスを盛り込んでいる。写真のSVARTPILEN 401は、ヘッドライトガードやブリッジ付きハンドルを装備したストリート・スクランブラーだ。

EICMA2017(ミラノショー) / ハスクバーナじっくりレポート SVARTPILEN & VITPILEN701登場! の画像

ここからは、ハスクバーナのブランドイメージを長年支えてきたオフロードモデルを中心にご紹介。写真は4ストエンデューロマシンのFE250。

EICMA2017(ミラノショー) / ハスクバーナじっくりレポート SVARTPILEN & VITPILEN701登場! の画像

2ストロークエンジンのマシンも新車をリリースしているハスクバーナ。写真はエンデューロレーサーのTE300i。燃料供給はキャブレターではなくFI(フューエル・インジェション)。

EICMA2017(ミラノショー) / ハスクバーナじっくりレポート SVARTPILEN & VITPILEN701登場! の画像

2ストならではの軽さを武器にして日本のエンデューロレースで使用するユーザーも多いTE250i。これもFI仕様のエンジンだ。ちなみにTE300iとともに2ストロークオイルについては分離給油方式を採用している。

EICMA2017(ミラノショー) / ハスクバーナじっくりレポート SVARTPILEN & VITPILEN701登場! の画像

ハスクバーナのモトクロッサーシリーズでフラッグシップとなるFC450。

EICMA2017(ミラノショー) / ハスクバーナじっくりレポート SVARTPILEN & VITPILEN701登場! の画像

エキゾーストシステムはFMF製で、エキパイ部分にはサブチャンバー(レゾネーター)を設けている。かつては別体式サブチャンバーだったが、近年はエキパイと一体化している。

EICMA2017(ミラノショー) / ハスクバーナじっくりレポート SVARTPILEN & VITPILEN701登場! の画像

4ストモトクロッサーのFC350。4ストモトクロッサーはこのほかにFC250もラインナップしている。

EICMA2017(ミラノショー) / ハスクバーナじっくりレポート SVARTPILEN & VITPILEN701登場! の画像

2ストモトクロッサーのTC125。125ccながら40馬力を発生するエンジンは、キャブレター仕様だ。

EICMA2017(ミラノショー) / ハスクバーナじっくりレポート SVARTPILEN & VITPILEN701登場! の画像

モトクロス入門用として最適な2ストローク・85ccモデルもラインナップ。こちらはTC85というマシン。ハスクバーナのオフロードモデルは、モトクロス・エンデューロのカテゴリそれぞれで2スト・4ストのラインナップを持ち、とても充実している。

EICMA2017(ミラノショー) / ハスクバーナじっくりレポート SVARTPILEN & VITPILEN701登場! の画像

ハスクバーナといえばスーパーモタード、という方もいるだろう。現在もモタードレース用マシンをラインナップしているのもハスクらしい。写真はFC450ベースに足周りをモタードに特化したレース専用車のFS450。

EICMA2017(ミラノショー) / ハスクバーナじっくりレポート SVARTPILEN & VITPILEN701登場! の画像

こちらは701 ENDURO(エンデューロ)をベースにしたナンバー付きモタードモデル、701 SUPERMOTO(スーパーモト)。

EICMA2017(ミラノショー) / ハスクバーナじっくりレポート SVARTPILEN & VITPILEN701登場! の画像

軽量な車体とパンチのあるエンジンで日本でもオフロードライダーに人気の701 ENDURO(エンデューロ)のオプション装着車。701 ENDUROシリーズはシート下が燃料タンクとなる独特の車体構成だ。

EICMA2017(ミラノショー) / ハスクバーナじっくりレポート SVARTPILEN & VITPILEN701登場! の画像

こちらは701 ENDURO(エンデューロ)にオプションのビッグタンク、パニアケースなどを加えたツーリング仕様。

EICMA2017(ミラノショー) / ハスクバーナじっくりレポート SVARTPILEN & VITPILEN701登場! の画像

シート後ろに見えるのが純正燃料タンクの給油口。この車両はソフトケース装着のための専用ステーが追加されている。

EICMA2017(ミラノショー) / ハスクバーナじっくりレポート SVARTPILEN & VITPILEN701登場! の画像

一般的な燃料タンク位置にビッグタンクを追加、さらにハンドルポストにはナビゲーションシステムを装備している。

EICMA2017(ミラノショー) / ハスクバーナじっくりレポート SVARTPILEN & VITPILEN701登場! の画像

こちらはMXGP(世界モトクロス選手権)に参戦するハスクバーナワークス(Rockstar Energy Husqvarna Factory Racing)のFC450。写真はGautier Paulin(ゴーティエ・ポーラン)のマシン。

EICMA2017(ミラノショー) / ハスクバーナじっくりレポート SVARTPILEN & VITPILEN701登場! の画像

アメリカで開催されているAMAスーパークロスの250イーストクラスで2017年のチャンピオンを獲得したZach Osborne(ザック・オズボーン)のマシンも海を越えて展示。ゼッケン#1Eがチャンピオンの証。ハスクバーナは、KTMとともにモトクロスの世界でも強さを見せ始めている。

EICMA2017(ミラノショー) / ハスクバーナじっくりレポート SVARTPILEN & VITPILEN701登場! の画像

ダカールラリーにもワークス参戦しているハスクバーナ。1月6日にスタートするダカールラリー2018用のワークスマシンFR450も展示されていた。このマシンはエースライダーのPablo Quintanilla(パブロ・クインタニーリャ)用だ。Pabloは2016年のダカールラリーで総合3位に入賞した実力派チリ人ライダー。

EICMA2017(ミラノショー) / ハスクバーナじっくりレポート SVARTPILEN & VITPILEN701登場! の画像

ブースにはハスクバーナの純正アパレルコレクションも展開していた。写真はスーパーモタード用のレーシングスーツとヘルメット。

EICMA2017(ミラノショー) / ハスクバーナじっくりレポート SVARTPILEN & VITPILEN701登場! の画像

左はラリー&ツーリング用の上下セットアップで、右は最近力を入れているカジュアル・ストリートライン。ハスクバーナの純正ウエアのデザインも、バイク同様にとてもスタイリッシュな印象を受けた。





こちらの記事もおすすめです

この記事に関連するキーワード

注目のアイテムはコチラ

新着記事

タグで検索

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。