ライダーがたくさん荷物をバイクに無理やり積載するのはなぜ?

ライダーがたくさん荷物をバイクに無理やり積載するのはなぜ?

掲載日:2008年12月19日 ライダー考現学    

読者からの質問

ツーリングに行く度に気になるのですが、どうしてツーリングライダーは荷物を山のように積載しているのでしょうか。個人的には身軽なバイクだからこそ、荷物は軽い方がいいような気がするのですが。

山形県/載せるより収納さん(BMW R1200RT所有)

 

ライダーがたくさん荷物をバイクに無理やり積載するのはなぜ?

 

クルマに比べると物理的に荷物を積載しにくいバイクだが、近年はビッグスクーターをはじめとして、以前よりも大量の荷物を持ち運べるようになっている。しかし、未だに夜逃げと見間違わんばかりの過積載なライダーが存在する。中には、積載能力はゼロに等しいレーサーレプリカにベニヤ板を取りつけ、テントやキャンプ用品を一式搭載するという剛の者もいるほど。積載性に劣るバイクに対し、なぜライダーは頑ななまでに無理やり荷物を積載しようとするのか。そこにはライダーの本能の発露があった。

 

ライダーという生き物は、往々にして世の中に反抗する傾向が強い。クルマ中心の世知辛い世の中においてバイクを愛していることでも、その片鱗はうかがえるだろう。荷物の積載に関しても同様だ。「バイクは荷物が積めない」という世間の常識に対して、何らかのカタチで反抗を示してしまうのは、ライダーに刻まれた反逆の遺伝子ゆえ。スマートに収納してしまうのはクレバーな方法だが、それだけでは心に沸き立つ熱いパトス(熱情)が解消できない。バイクに秘められた無限の可能性を見せ付けるかのように荷物を積みあげていくことで、バイクを軽視する世間の常識に一石を投じているのだ。とはいえ、バベルの塔のごとく荷物を積み上げて、「これが俺の生き様だ!」と心意気を表明するのは良いが、伝説の塔のごとく崩壊する前に自重しておくのも大切だ。それが大人のパッキングと言うものだろう。

この記事に関連するキーワード

こちらの記事もおすすめです

注目のアイテムはコチラ

新着記事

タグで検索

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。