【vol.5】ホンダ:女性にオススメの純正アパレル&グッズ こちらメーカー広報部!

こちらメーカー広報部!

【vol.5】ホンダ:女性にオススメの純正アパレル&グッズ

掲載日:2010年03月04日 記事カテゴリ こちらメーカー広報部!本田技研工業   

日本が世界に誇る二輪メーカー本田技研工業が、バイクだけではなくアパレルを含むライディングギアなども積極的に展開しているのは皆さんご存知の通り。そこで今回は広報担当として働く田中佐奈恵さんに、女性にオススメのホンダ純正アパレル&グッズを伺ってきました。

ホンダ純正アパレル&グッズのご紹介

 

これぞホンダ純正アイテム!
モンキーをモチーフにしたバッグ類

アパレルをお勧めする前にどうしてもご紹介したい可愛いアイテムがあるので、まずはこちらから。大人から子供まで、万人に愛されているホンダのモンキー。そのタンクやシートをモチーフにしたバッグ類3アイテムです。一番左はモンキー・リミテッドの燃料タンクそのままという感じの「エナメルショルダーバッグ(¥3,990 税込)」。なんとそのサイズまでもが実車に近い大きさとなっています。その右側にあるのは、同じくモンキーをモチーフにした「エナメルボトルホルダー(¥1,260 税込)」。レース観戦などに持っていけばとても便利ですね。そして一番奥にあるのがA4サイズも入るちょっと大きめの「エナメルトートバッグ(¥4,095 税込)」。この3アイテムはモンキーの質感を表現するために光沢感の強いエナメル素材を使用しており、なんと裏地にはモンキー・リミテッドのシートを再現したチェック柄とするなど、こだわりの仕様となっています。モンキーファンのみならず、ホンダファンの皆さんに是非とも注目していただきたいアイテムです。

 

 

モンキー・リミテッドの質感を再現するエナメル素材を採用したバッグとボトルホルダー。

全てのアイテムの裏地はモンキー・リミテッドのシートを再現したチェック柄になっています。

 

ショルダーバッグは、モンキー・リミテッドの燃料タンクとほぼ同じサイズという凝り様です。

これからの季節に重宝する
パーカースタイルのライトジャケット

さて、女性にマッチするホンダ純正アパレルですが、まずはパーカースタイルのライトジャケット「WR(ウォーターレジスタンス)パーカー(\24,150 税込 3L・4Lは\25,200 税込)」をご紹介します。シンプルなデザインと軽くて肩の凝らない着心地は、春夏向けライディングウェアとして最適です。「RSタイチ」とのコラボレーションによるこのアイテムは、超撥水テフロン加工を施したアウター素材を採用しており、街乗りや通勤・通学など近距離のライディングにとても便利。身頃脇にベンチレーションを設け快適性を向上させ、肩・肘・背中にはアウターに響かない薄型軽量のソフトプロテクターを標準装備するなど、ライディングウェアとしての機能を高めています。オプションの胸部を保護するボディプロテクターも装着可能で、いざという時は本格的なライディングにも対応する設計となっているのもポイントです。また、比較的薄い素材を使用しており、大きな荷物にならないも特徴。気温や気候が安定しないこれからの季節、ツーリングバッグに忍ばせておくアウターとしても最適です。肩口や袖口にさりげなくホンダのウイングマークがアレンジされていて、アウトドアなどで軽く着こなしてもオシャレです。カラーは写真のブラックのほか、チェックブラックもあります。

 

 

プレーンなデザインと軽い着心地は女性ライダーにピッタリ。女性用サイズの設定もあります。

標準装備のソフトプロテクターのほか、胸部を保護するボディプロテクターを装着することも可能です。

 

袖口や肩口にもホンダのウイングマークをさりげなくアレンジ。街着としても着用できるほどの軽さです。

ホンダらしいデザイン
sa.mのモトクロスジャージ

最後にご紹介するのはsa.mのデュアルジャージ(左 ›8,190 税込)
とモトクロスジャージ(右 ›8,190 税込) です。この2つはまったく同じ裁断でありながら、デュアルジャージを日本古来の伝統的な趣を感じさせるデザイン、モトクロスジャージをホンダらしいダイナミックなデザインとすることで、まったく違ったビジュアルが楽しめるようになっています。吸汗・速乾機能をもつクールマックス素材のジャージはアクティブな女性ライダーにピッタリ。天候不順なこれからのシーズン、このような高機能ウェアを着用しておけば快適なライディングを楽しめることと思います。また、オフロードジャージではありますが、ロングツーリング時のインナーとしても違和感はありません。

 

 

シックな色使いのデュアルジャージと躍動的なグラフィックのモトクロスジャージ。

デュアルジャージのデザインは、日本古来の伝統的な趣を感じさせるモノトーン。

 

ダイナミックなモトクロスジャージのデザインは、いかにもホンダらしいグラフィック。

田中佐奈恵(たなかさなえ)

プロフィール情報
田中佐奈恵(たなかさなえ)

幼少期をアメリカで過ごす。帰国し、大学卒業後、2005年本田技研工業株式会社へ入社。二輪商品広報グループへ配属され、メディア対応に携わる。

対象車両

CB400 SUPER FOUR SPEC III

多くの教習所で使用され、卒業後も引き続き乗る人が多い安心感も魅力もあるネイキッドモデル。同クラスでは定番にして、一番人気のある車両。SPEC IIIは2007年まで製造された最後のキャブレター車。

■全長 = 2,040mm

■全幅 = 725mm

■全高 = 1,070mm

■シート高 = 755mm

注目のアイテムはコチラ

あわせて読みたい記事