山梨県・静岡県「林道剣抜大洞線 / 林道万沢大峠線」

掲載日:2009年02月20日 林道ツーリング情報局甲信越エリア    

林道ツーリング情報局

林道ツーリング情報

林道ツーリング情報局

東京から東名高速で約3時間、静岡県の富士市へやって来た。日本三大急流の一つである富士川沿いを、県道10号から国道52号を経由して北上。まずは、久遠寺がある身延山に向かった。この道を走るのは4年ぶり、広い空の下は見渡す限りの山村風景。大型トラックの交通量はあいかわらず多い。

 

身延山の中腹に辿り着くと、なんと133年の時を経て、復元工事が終了したばかりの身延山五重塔が出迎えてくれた。なんて綺麗な赤褐色なんだろう。階段を上ると、とても大きなしだれ桜が枝を垂らし、真冬の訪れを静かに待っていた。

 

実は身延町に来たら楽しみにしていたことがある。郷土料理の「みのぶ生ゆば」を食べること。久遠寺を下ってお店に入ると。生ゆば定食をさっそく頼んだ。丁寧に作られたゆばの味は格別で、お腹も心もみたされて、さっそく本日1本目の林道に行くことに。

 

国道52号から、細い県道811号をするりと抜けていくと、やがて林道万沢大峠線の分岐が現れた。真新しい看板には、「林道」と書かれていて分かりやすくなっていた。石ころがゴロゴロと転がった路面を見るかぎり、あれから整備された様子はなさそうだ。まあ、そんなものだ。

 

竹林の林道を抜けると、山深い福士川渓谷に行って、吊橋から「七ツ釜滝」を見た。振り返ると、細くて長い「風吹きの滝」も流れている。新緑の美しさにはとうてい敵わないが見応えは充分だった。道路から滝までは、急な階段や段差を下るので、上りはヒーヒー言いながらバイクに戻った。

 

富士山を望みつつ駿河湾沿いのダートで遊ぶ!

次は剣抜大洞林道だ。林道の入口は二手に分かれて、ひとつは標高1394mの篠井山へ続いている。この林道の魅力は、天気に恵まれたらビューポイントから日本一の富士山を見ることができること。これに尽きる! ダートに入って駆けのぼると、山肌から流れ出た湧き水が路面を濡らしていた。タイヤで跳ねる水が輝いている。峠を越して、東側が大きく開けた瞬間、正面に真っ白な雪をまとった富士山がそびえていた。こんなにクッキリと見えたのは初めてだ!

 

予定の2本の林道を走り終え、そろそろ朝走った道を戻り、駿河海道を目指す。富士川の河口に辿り着くと、駿河湾が目の前いっぱいに広がり、爽やかな潮風が吹いていた。そして浜辺には、走り心をくすぐられるフリーライドポイントが黄昏色に横たわっていた。

 

ここは、XR80Rで2回目の日本林道ツーリングで来たときにテントを張ろうとやって来た場所。結局キャンプ禁止区域だったのであきらめ、その代わり、自由に走り回れるダートで宝物を見つけた気分になった。コケたついでに、大量の荷物をほうり投げて走りまくったなあ。そんなことを富士山を背に走りながら思い出していた。

 

浜の西側では、年に2回(3月末~6月上旬と10月末から2ヶ月間)、桜エビの漁期になると天日干しが行われ、浜はピンク色に染まる。駿河湾のみで、水揚げされる桜エビは、由比町の名産物。近くには桜エビ料理専門店も多い。そこで向かったお店は、旧東海道沿いにある老舗の磯料理店「くらさわ」。古い街並みが残る狭い道を上がった場所にある。

 

ふと、駿河湾に目を向けると、月明かりを浴びて揺れる穏やかな波と、海岸沿いにそろう、東海道線、国道一号、東名高速と日本の大動脈の流れる光が美しかった。今日は長居をして駿河湾の美味しいものを味わってのんびりと帰るとしよう。

 

この林道の富士山ビューポイントはわずか1か所。それも天気が良くないと拝めない。寒いこの季節は、空気が澄んでいて綺麗な富士山が見える。

この林道の富士山ビューポイントはわずか1か所。それも天気が良くないと拝めない。寒いこの季節は、空気が澄んでいて綺麗な富士山が見える。

初めて剣抜大洞林道を走ったのは22年前。飛び飛びの舗装は延長したが、急坂へのヘアピンカーブ、アップダウンのダートは健在。峠を過ぎて、そろそろ東に一際眩しい富士山が見えてくるころ。それにしても、すすきがヒラヒラといい感じ。

初めて剣抜大洞林道を走ったのは22年前。飛び飛びの舗装は延長したが、急坂へのヘアピンカーブ、アップダウンのダートは健在。峠を過ぎて、そろそろ東に一際眩しい富士山が見えてくるころ。それにしても、すすきがヒラヒラといい感じ。

駿河湾の浜辺にあるフリーライドポイント。路面は走りやすい土からサンドまであり、初心者から荷物満載のバイク、パワーがあるマシンまで楽しめる。なによりも大きな富士山を背にした、このロケーションと潮風がたまらない。

駿河湾の浜辺にあるフリーライドポイント。路面は走りやすい土からサンドまであり、初心者から荷物満載のバイク、パワーがあるマシンまで楽しめる。なによりも大きな富士山を背にした、このロケーションと潮風がたまらない。

駿河湾側から写した富士山。視界に広がるまとわりつくダート、その感触を楽しむ。腕がそんなに立派じゃなくてもいい、好きに遊ぶ、それが気持ちいいのだ!

駿河湾側から写した富士山。視界に広がるまとわりつくダート、その感触を楽しむ。腕がそんなに立派じゃなくてもいい、好きに遊ぶ、それが気持ちいいのだ!

立ち寄りポイント

鎌倉時代に日蓮聖人によって開かれた久遠寺。寺院の規模は迫力。目についた重厚な釣鐘は、低く霊山の身延山に響き渡るのだろう。

 

ポイント

鎌倉時代に日蓮聖人によって開かれた久遠寺。寺院の規模は迫力。目についた重厚な釣鐘は、低く霊山の身延山に響き渡るのだろう。

福士川渓谷に架かる段瀑の「七ツ釜滝」。遊歩道を歩いて行き吊橋から下に見ることができる。オススメは雪どけ水が豊富な新緑の季節で、岩にぶつかる白い泡が綺麗なんです

 

ポイント

福士川渓谷に架かる段瀑の「七ツ釜滝」。遊歩道を歩いて行き吊橋から下に見ることができる。オススメは雪どけ水が豊富な新緑の季節で、岩にぶつかる白い泡が綺麗なんです。

 

700年の歴史をもつ、みのぶ名物「みのぶゆば」。日蓮聖人の身体を気づかって弟子たちが作ったのが始まり。大豆を搾った汁を煮立て、一枚ずつ引き上げられたゆばは、しっかりした食感

 

ポイント

700年の歴史をもつ、みのぶ名物「みのぶゆば」。日蓮聖人の身体を気づかって弟子たちが作ったのが始まり。大豆を搾った汁を煮立て、一枚ずつ引き上げられたゆばは、しっかりした食感。

 

「くらさわや」こだわりの一品、デッカイ桜海老のかき揚げ!サクッと香ばしく、そういえば「美味しんぼ」の山岡も絶賛(笑)。桜えびをふんだんに使ったメニューはどれも感動的。

 

ポイント

「くらさわや」の桜えびをふんだんに使ったメニューはどれも感動的。なかでもこだわりの一品、デッカイ桜海老のかき揚げはサクッと香ばしい。そういえば「美味しんぼ」の山岡も絶賛(笑)。

くらさわや

住所/静岡市清水区由比東倉沢69-1  TEL/054-375-2454

営業時間/11時~14時半、17時~20時(月曜定休)

サルでもわかる!! やさしい林道ツーリングガイド

山梨県の南、身延山をスタート。山梨県と静岡県の県境にある十枚山、その東側の林道で、日本一の富士山を仰ぐ。さらに南下し、富士山を望みつつ駿河湾沿いのダートで遊ぶ。

 

林道剣抜大道線 ダート10.9km
林道万沢大峠線 ダート2.2km

マップ

地図を印刷する

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

松下時子
林道レポーター
松下時子

林道ツーリングをこよなく愛する主婦。愛車セローを駆り、日本全国の林道調査を続けている。自身のホームページ「エンジョイオフロード」も随時更新中!!

この記事に関連するキーワード

こちらの記事もおすすめです

注目のアイテムはコチラ

新着記事

タグで検索

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。