モンキーレンチをバージョンアップし、セット内容を刷新したツールセット

掲載日:2017年12月14日 オフロードアイテムレビュー    

写真/ガルル編集部  レビュワー/櫻井伸樹

KTC/モトクラブシリーズ ライダーズメンテナンス ツールセット MCK3140

自宅と旅先で違う工具を使う場合、およそ自宅工具のほうが精度が高くしっかりしている。いざ旅先で車載工具を使おうとすると、強度や精度が足りず、結果、ボルトやナットをナメてしまったり、最悪はレンチが曲がるといったこともありえる。しかし、自宅の整備から旅先の修理まで、同じ工具を使用していればその心配は皆無だ。その点、このKTCのような信頼できる工具がセットになった状態なら、いつでもどこでも安心して、たしかな精度が得られるのである。

セット内容は、コンビネーションレンチとモンキー、ロッキングプライヤーなど基本的なものだが、秀逸なのがラチェット式のビットドライバー。これだけでドライバー6本、トルクス4本、ヘックス4本と14本分を兼ね、ラチェット式なので操作性も良好だ。また通常の携帯工具には少ないスライド式のT字ハンドルも操作性抜群。スパナでは対応できないような凹部の作業も、さくっとソケットが入り扱いやすかった。ロールタイプのツールバッグも工具の落下がなく、しっかりした作りだ。

KTCといえば日本を代表する工具メーカーだ。第二次世界大戦で日本海軍に工具を納入したことから始まり、現在まで日本の工具業界のトップを走る老舗中の老舗である。この工具セットは、そんなKTCがモーターサイクル専用に揃えた信頼のおけるセットツールである。このセットツールの一番の利点は、必要最低限の工具がすべて含まれている点。それはどういうことかといえば、自宅でも旅先でも同じ工具が使えるということだ。

[ SPECIFICATIONS ]

  • メーカー/KTC
  • 価格(税抜き)/2万8,300円
  • 重量(編集部実測)/1743g
  • セット内容/9.5sq.セミディープソケット(六角)、9.5sq.スライドヘッドハンドル、9.5sq.エクステンションバー、コンビネーションレンチ、ラチェットドライバー&ビット、ロッキングプライヤー、モンキーレンチ

[ DETAILS ]

これが今回新しく加わった工具。ラチェット式のビットドライバーのセット。ドライバー+1、2、3。-5.5、6、8/六角2.5、3、4、5mm/トルクスT15、T20、T25、T30。モンキーは30mmまで対応。ロッキングプライヤーは先の細いタイプ。レバーやペダルが折れたら、これを固定して操作する。

ラチェットドライバーはこの点を中心にグリップを回して、回転方向を切り替える。操作はカチカチっと気持ちいい感触。

ラチェットドライバーのお尻にはキャップがあり、開けると中にビットが収納されている。

スライドヘッド式ハンドルの装備でTレンチとして使用可能。メガネやスパナでは対応できない凹んだ場所でもストレスフリー。しかもソケットはセミディープタイプ。8、10、12、14mmを搭載する。

ツールケースには差し込みに加え、大きめのポケットも装備されているので、ソケットなどの小物が落ちることもない。タイラップや針金を追加すれば完璧だ。

[ お問い合わせ ]

TEL/0774-46-4159

BikeBooksで雑誌・電子雑誌をチェック!

この記事に関連するキーワード

こちらの記事もおすすめです

この記事を読んでいる方におすすめの商品

新着記事

タグで検索

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。