基本性能は備えつつ圧倒的な低価格を実現したヘルメット

掲載日:2017年12月10日 オフロードアイテムレビュー    

写真/楠堂亜希・長谷川徹  レビュワー/栗原守睦

THH/TX-24 KOMODO

エッジのたった現在のトレンドをデザインに落とし込んだTHHのTX-24。グラフィックが個性的な仕上がりだ。手に取ると一般的なオフロードヘルメットと重さはほぼ同等か、気持ち重いぐらい。だが、かぶってみるとかなり軽く感じる。重量バランスがいいのと、内装が全体的に頭を包み込んでくれるからだろう。レビュワーは普段国産メーカーのSサイズを着用しているが、TX-24ではMサイズを着用した。

先に欧州で販売されていたこともあり前後に長い形状で、日本人の頭部には幅が狭い作りなのだ。そのため、ワンサイズ大きめを選ぶといいだろう。アイホールの大きさは標準的。複数メーカーのゴーグルを装着したが、どれもフィッティングは上々だ。

ベンチレーションは口元、頭頂部、後頭部に用意され、空気が頭部を流れるのを感じるほどの効きはないものの、熱ごもりはない。空気抵抗の少ないバイザー形状により、高い速度域で後方確認しても、風圧で持っていかれることはなかった。基本性能が高く、価格は1万5,000円でお釣りが来るのでコストパフォーマンスとしてはかなり高い。

1974年に台湾で設立されたTHHヘルメット。日本で正式販売が開始されたのは2016年からだが、ヨーロッパ、アジア圏ではすでの40年以上販売されている実績のあるヘルメットブランドだ。トレンドにも敏感で、インナーバイザーを装備したシールド着きオフロードヘルメットをはじめ、オフロードからオンロードまで数多くのタイプをラインナップしている。今回はベーシックスタイルのオフロードヘルメットをレビューしよう。

[ SPECIFICATIONS ]

  • メーカー/THH
  • 価格(税込み)/14,580円
  • 重量(編集部実測)/1502g(Lサイズ)
  • サイズ/M(57~58cm)、L(59~60cm)、XL(61~62cm)、XXL(63~64cm)
  • カラー/ブラックグリーン、ブラックシルバー
  • 素材/熱可塑性プラスチック帽体
  • 規格/PSC、SG

[ DETAILS ]

コモドというカラー名からも分かるように、コモドオオトカゲのウロコをイメージした派手なグラフィックが全体を覆う。欧州で人気の蛍光イエローを使うことで被視認性も高い。ラインナップされるもう一色はブラックシルバーで、シックな仕上がりになっている。

口元にはエアベンチレーションを備え、熱気を効果的に排出。吸気量を調整するシャッターは備えず、軽量な作りだ。

頭頂部にはシャッター付きのベンチレーションを2カ所に配置。2段階で空気の排出量を調整できる。また後方にも2カ所シャッターなしのベンチレーションがある。

ストラップは一般的なDリングではなく、ワンタッチで着脱できるラチェット式を採用。細かいフィット調整も簡単にできる。

内装はチークパッドとセンターパッドの脱着が可能。内装の素材には吸汗・速乾性にすぐれた3M製の吸汗速乾ドライ素材を採用。

[ お問い合わせ ]

電話/042-678-5660

BikeBooksで雑誌・電子雑誌をチェック!

こちらの記事もおすすめです

この記事に関連するキーワード

この記事を読んでいる方におすすめの商品

新着記事

タグで検索

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。