両手が自由に使える!キャップのようにかぶるカサ

掲載日:2017年12月01日 オフロードアイテムレビュー    

写真/楠堂亜希・関野 温  レビュワー/櫻井伸樹

DIRTFREAK/アンブレラハット

「その手があったか!」初めてこのアンブレラハットを手にし、実際に装着した姿を見た時の印象はそんな感じだ。同時に失笑のようなコミカルさも覚えるのだが、よく考察すると、その便利さに目からウロコがこぼれる。

まず効率がいい。直径が80cmと、通常の傘(だいたい100cm前後)よりもやや小さいが、傘の中心部にいるので、効率よく雨を避けることができる。また収納サイズが48.5cmとコンパクトなのも魅力だ。装着方法は簡単で、傘を開き、中央のバンドを頭にかぶせるだけ。後部に帽子のアジャスター(スナップバック)があるので、幅広い頭のサイズにフィットさせることが可能だ。

このアンブレラハットは、両手が使えるのも大きなメリットだ。レース観戦、釣り、キャンプ、整備、農作業などあらゆるアウトドアでの作業にマッチし、雨の日はもちろん、日傘としても使えるのである。今は、周囲から多少笑われてしまう様相だが、近い将来は、このアンブレラハットが常識になる日がくるかもしれない。

単純な構造ながら、雨を避けるのに最適な形状の「傘」は、人類史上でも偉大な発明の一つだ。雨用の傘は18世紀の後半にイギリスで使われ始めたのが発端で、日本では明治初期から全国に広まりだしたらしい。それから現在でもほぼ形を変えることなく、雨の日に使われているのだから、その偉大さがよくわかる。しかしそんな傘にも弱点がある。傘の中心下には入れないこと。また両手が使えないことだ。そんな傘を進化させたのがこのアンブレラハットだ。

[ SPECIFICATIONS ]

  • メーカー/ダートフリーク
  • 価格(税抜き)/1,100円
  • 重量(編集部実測)/168g
  • サイズ/直径80cm、長さ485mm
  • 対応サイズ/56cm~59.5cm
  • カラー/カモ、チェック、レッド

[ DETAILS ]

傘を開いた直径は80cm。標準的な傘よりはやや小ぶりだが、実際に装着してみるとちょうどいいサイズ感。骨は8本。

開閉は手動式で、中央のパーツをパチンとはめるだけ。

頭部は柔らかいナイロンのバンドで固定する。バンドの後ろには、帽子などについているアジャスターを装備。頭周り56cm~59.5cmに対応する。

編集部でテストした結果、頭頂部に開閉パーツが接触して少し痛かったので、写真のように帽子を下にしてかぶると、その症状が軽減できた。着脱も、このほうがやりやすい。またアゴ紐が付属しているので、風で飛ばされることもない。

収納した長さは48.5cm。重量も168gとかなり軽量なので、バッグの隅に忍ばせておけるサイズだ。価格も1,100円とリーズナブルなので、1本持っておいてもいいだろう。

[ お問い合わせ ]

電話/0561-86-8301

BikeBooksで雑誌・電子雑誌をチェック!

この記事に関連するキーワード

こちらの記事もおすすめです

この記事を読んでいる方におすすめの商品

新着記事

タグで検索

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。