ガエルネ初のユニピボットシステムを 搭載した日本人木型採用ニューモデル アイテムレビュー

ガエルネ初のユニピボットシステムを 搭載した日本人木型採用ニューモデル

掲載日:2017年07月16日 記事カテゴリ オフロードアイテムレビュー   

写真/長谷川徹  レビュワー/渡辺学

GAERNE/G-REACT

テストは渡辺学選手に依頼。レースではSG-12、ツーリングではG-ラウンドと、日ごろからガエルネを履いているライダーだ。

「SG-12と比べると、履いた瞬間に軽さを感じます。ソールを薄く感じたのですが、そのおかげで足裏感覚が分かりやすく、ステップ荷重がしやすかったです。足首は上下方向に動かしやすく、慣らし不要でペダル操作しやすかったのも印象的ですね。

だからといってプロテクション性が低いわけではなく、安心感もあります。つま先、カカト、くるぶしに樹脂製パーツが装備され、とくにくるぶし部の内装にはスポンジパッドが装着されていてホールド性が抜群。足とブーツに一体感があるので、柔らかさの中にしっかりした芯を感じるんです。この安心感は今までのガエルネとは違うけれど、履き心地はガエルネ。ということは、ユニピボットシステムの効果なんでしょうね。全日本モトクロス以外のレースからツーリングまで、これ一足で安心して使えますよ。軽くて疲れないから、僕もJNCCで履こうかな」

プロテクション性と操作性を両立したモトクロスブーツとして人気だったガエルネ「ファストバック」。その後継モデルと呼べるモトクロスブーツ「G-REACT」が日本に登場した。日本人に最適化するために3年の開発期間をかけ、ガエルネ初となるユニピボットシステムを搭載。足首の動きのしなやかさと剛性をバランスさせ、コースから林道ツーリングまで、幅広いオフロードライディングに対応しているのが特徴になっているという。

[ SPECIFICATIONS ]

  • メーカー/GAERNE
  • 価格(税抜き)/3万5,000円
  • サイズ/26.0cm~28.5cm(5mm刻み)
  • カラー/ブラック、ホワイト、オレンジ、ブルー/イエロー
  • 重量/1864g(26.5cm/編集部実測値)
  • 素材/フルグレインレザー、プラスチック、ポリエステルメッシュ

[ DETAILS ]

片側のみヒンジがあるユニピボットシステム。足首の動かしやすさとサポート力をバランスよく両立させるガエルネ初採用のシステム。

ベルトは4カ所。バックルはアルミ製で確実な操作性を発揮する。

ガエルネオリジナルのSXソール。コーナリング中に路面との無用な引っかかりを低減しつつ、歩行時のグリップ力も発揮する。つま先に金属製ガードを装着し、障害物が当たった際のソール剥がれを防止する。

内装はメッシュ素材で不快なムレを低減する。赤い部分にはパッドが装着され、フィット感と履き心地を向上する。下側にあるのはループベルトで、脱ぎ履きをサポートしてくれる。

ノーマル+6cmのエクストラロングストラップタイプA(4本入り1,500円・税抜き)の同時購入が推奨されている。ふくらはぎ部分が若干タイトな作りということだが、渡辺学選手はノーマルストラップのままでニーブレイス併用が可能だった。できればフィッティングしてから購入したい。

ポイント!
  • 軽量でフィット感がよく安心感は高い

[ お問い合わせ ]

電話/03-3773-7633

BikeBooksで雑誌・電子雑誌をチェック!

この記事を読んでいる方におすすめの商品

あわせて読みたい記事