直火で焼いたり五徳としても使える!耐荷重10kgのステンレスグリル アイテムレビュー

直火で焼いたり五徳としても使える!耐荷重10kgのステンレスグリル

掲載日:2017年06月26日 記事カテゴリ オフロードアイテムレビュー   

写真/楠堂亜希  レビュワー/櫻井伸樹

Tent-Mark DESIGNS/ユニバーサルグリル

一見、ただの網に脚がついただけのようなこのグリル、何が便利なのか説明しよう。

まず、小型のガスバーナーでお湯を沸かすようなシーンだと、大きめの鍋ではバーナーの上で不安定になる。しかしこのグリルを介せば、どんな大きな鍋でも安定して加熱することが可能だ。

また焚き火台に載せれば、その上で鍋が使えると同時に、直接焼き網としても使用可能。僕は「笑s」のA4君という焚き火台を使っているが、この上に載せるとジャストフィット。そして、グリルをはみ出させるようにして使えば、食材を熱源から離せるので、焼きすぎることなく調理ができるのだ。

さらに、このグリルが真価を発揮するのが直火だ。遠近自在に炎の調節ができるので、とろ火から強火まで自由自在である。ステンレス製なので錆びにくく、耐荷重も10kgだからダッチオーブンも問題なく楽しめるのだ。ユニバーサルとは「万能」とか「自在」という意味である。キャンプから日帰りのバーベキューまで、自由に幅広く使ってほしい。

テンマクデザインは、アウトドア用品店で有名な「ワイルドワン」の用品開発ブランドだ。ユーザーの声を具現化し、これまでも多くのオリジナル製品をリリースしてきた。テント、タープからナイフやクッカーまで幅広いバリエーションを展開。中でもアウトドアのスペシャリストとのコラボレーションギアは人気が高く、売り切れることもしばしば。そして紹介するこのグリルは、月刊ガルル副編集長のぶをがプロデュースした万能網である。

[ SPECIFICATIONS ]

  • メーカー/Tent-Mark DESIGNS
  • 価格(税抜き)/3,280円
  • サイズ/使用時:440×205×175mm、収納時:340×205×35mm
  • 重量/870g(編集部実測値)
  • 耐荷重/10kg
  • 素材/ステンレススチール

[ DETAILS ]

脚はパタンと折りたたむことができ、たためば厚さは35mmほど。ツーリングバッグの底に置くと場所を取らない。

専用の「ユニバーサルグリル収納ケース」も発売中。折りたたみ式の焚き火台や革手袋、火バサミなども一緒に収納しておける。価格は2,680円(税抜き)

『笑’s』の焚き火グリル『A4君』には左右がピッタリサイズ。鍋を載せても、直接食材を焼いてもOKだ。

ヘッドの小さいガスバーナーで大きな鍋を加熱する場合でもグリルを使えば安定する。この状態で使う場合は輻射熱でガス缶が爆発する恐れもあるので、熱がこもらないように風抜けをよくすること。

焚き火台を使わずに直火での調理も、もちろん可能。グリルを焚き火から離せば遠火にできるので、食材を焼きすぎることもなく、汁物を保温することも簡単だ。さらに耐荷重が10kgなのでダッチオーブンも安心して載せられ、単純に焚き火脇でサイドテーブルとしても使える。

ポイント!
  • 小さなテーブルと焼き網のような使いかたもできる!

[ お問い合わせ ]

電話/028-651-0570

BikeBooksで雑誌・電子雑誌をチェック!

この記事を読んでいる方におすすめの商品

あわせて読みたい記事