洗浄、乾燥、保管、移動と、 一粒で何度もおいしい実力 アイテムレビュー

洗浄、乾燥、保管、移動と、 一粒で何度もおいしい実力

掲載日:2016年09月05日 記事カテゴリ オフロードアイテムレビュー    

写真/関野 温  レビュワー/櫻井伸樹

unit/ブーツウォッシュスタンド ハンドル付

オフロードブーツというのはとにかく汚れるもの。雨上がりの林道や、レースで使うと、あっというまに泥があらゆる場所に入りまくり、車体と同様にきっちり洗浄する必要がある。

そんなときにとても便利なのがこのブーツウォッシュスタンドだ。使いかたは簡単。2本のアームにブーツを逆さまに突っ込み、その状態で洗うだけ。この製品にはハンドルが装着されているので、ブーツの前後を洗う際でもワンアクションで行なえるのがありがたい。また、足裏が目の前なので、ここをブラシでゴシゴシやるのもやりやすかった。

また洗ったブーツは陰干しでしっかりと乾かしたいものだが、その際も楽。洗浄したら、スタンドにセットしたまま日陰に放置すればいいのだ。重くて大きなブーツを逆さまにして乾燥させるのはなかなか難しいが、このスタンドならそれがじつに容易。洗浄から乾燥への移動にもハンドルがあるので、濡れたブーツを抱えなくていいのもありがたい。オフロードブーツのヘビーユーザーほどメリットがある製品といえる。

オフロード用品の総合メーカー「ダートフリーク」がプロデュースするツールブランドがユニット。レンチ、スパナといった基本的な工具からレース用のスタンド、タイヤチェンジャーなどオフロードにまつわるあらゆるツールをラインナップしており、またコストパフォーマンスにもすぐれるので、多くのライダーから支持を受けている。紹介するこのブーツウォッシュスタンドハンドル付は、オフロードライダーのかゆいところに手が届く製品だ。

[ SPECIFICATIONS ]

  • メーカー/unit
  • 商品番号/UN-E8013-1
  • 製品名/ブーツウォッシュ スタンド ハンドル付
  • 価格/3,200円(税抜き)
  • 販売元/ダートフリーク
  • 重量/2.4kg
  • サイズ/縦300×横270×高さ570mm
  • 素材/スチール
  • カラー/ブラック

[ DETAILS ]

ブーツを洗浄する場合は、まずブーツをスタンドにセットせずに上からジャブジャブと水をかける。次にブーツをスタンドにセットしのように泥や汚れを落としていく。もし高圧洗浄機があれば、飛躍的に効率が上がるはずだ。

このスタンドのすぐれているところはソールに着いた泥や汚れをゴシゴシ落とせること。エンデューロブーツのブロックソールでも楽勝。

スタンドを組み立てる際に使うボルト。購入時はバラバラなので、このボルトをはめて組み立てる。組み立て時間は約5分ほど。

ブーツを洗ったら、この状態で陰干ししてあげよう。アームがうまいこと内部の空間を広げているので、それだけ水分も早く乾燥するのだ。スペースさえ許せばこのまま保管しても問題ない。もちろんレースなどではこのままトランポに載せるのもありだろう。そんな移動の際に、このハンドルが役立つのだ。ちなみに同ブランドにはハンドルのないモデル(2,200円税抜き)もラインナップされている。

ポイント!
  • ソールに詰まった泥も楽々洗浄

[ お問い合わせ ]

電話/0561-86-8301

BikeBooksで雑誌・電子雑誌をチェック!

この記事を読んでいる方におすすめの商品

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

あわせて読みたい記事