イタリアンブランドのアプリリアからフルスケールのオフロードモデルが新登場!! 試乗インプレ・レビュー

イタリアンブランドのアプリリアからフルスケールのオフロードモデルが新登場!!

掲載日:2018年07月10日 試乗インプレ・レビュー    

取材・文/佐川 健太郎 撮影/山家 健一

アプリリア RX125

aprilia RX125

かつてオフロードを得意とした
アプリリアの伝統香るモデル

アプリリアは第二次大戦後に自転車メーカーから始まり、その後モペットなどの小排気量コミューターを主に生産していたが、70年代から世界モトクロス選手権への参戦を通じて本格的なモトクロッサーやエンデューロモデルを開発してきた歴史がある。最近でこそ、スーパーバイク世界選手権やMotoGPへの参戦から得られた最新技術をフィードバックした高性能なスーパースポーツブランドのイメージが強いが、じつはかつて、オフロード色の強いメーカーだった時期もあるのだ。その血統を感じさせるのが今回紹介するニューモデル『RX125』である。

動画 『やさしいバイク解説:アプリリア RX125』はコチラ

アプリリア RX125 特徴

フルスケールの「脚」を持った
本格派スポーツオフローダー

アプリリア RX125の試乗インプレッション

RX125は最近では珍しい4ストローク125ccクラスのオフロードモデルである。パワーユニットはレーサーレプリカ「RS4 125」に搭載される水冷単気筒DOHC4バルブ、排気量125ccエンジンで、クラス最強レベルの最高出力15ps/10,500rpmを実現しつつユーロ4対応など最新スペックが与えられているのが特徴だ。

アプリリア RX125の試乗インプレッション

シャーシは高剛性スチール製ダブルクレードルフレームに倒立フォークとリンク式モノショックを装備。ホイールトラベルもそれぞれ240mmと200mmが与えられ、フロント21インチ/リア18インチサイズの大径スポークホイールが装備されるなど本格的な足まわりを持ったフルスケールモデルに仕上がっている。

アプリリア RX125の試乗インプレッション

また、ブレーキも前後にウェーブディスクとフロントにBosch製ABSシステムを装備するなど確実な制動力を確保。アルミテーパータイプのハンドルバーやコンパクトなデジタル多機能メーター、LEDテールランプなど、ハイクオリティなパーツが奢られたグレード感あふれる外観や、人目を惹くイタリアンデザインも魅力となっている。

アプリリア RX125 試乗インプレッション

道を選ばずキビキビ走る
バツグンの走破性が魅力

アプリリア RX125の試乗インプレッション

見た目はモトクロッサーイメージ。スタイリッシュで最新感がある。そして125ccクラスとは思えないほど堂々とした車体サイズだ。跨ると確かにシートも高い。905mmという数値もしかりだが、加えてサスペンスも結構ダンパーが効いていて初期荷重での沈み込みも少なめ。車体はスリムだが足着きは良いとは言えない。だが、そこがフルサイズの長所でもある。大径ホイールとギャップを吸収する長い足に十分なロードクリアランスが与えられるなど、本格的なオフロード性能を備えている証なのだ。

アプリリア RX125の試乗インプレッション

エンジンは4ストローク単気筒らしい小気味良い鼓動感があり、しかも水冷DOHCらしい精緻な回転フィールも併せ持っている。それもそのはず、元々がミニレーサーレプリカ「RS4 125」のエンジンと聞いて納得。排気量からして低速域でのパンチはないが、そのぶん高回転での伸びはスムーズで、単気筒なのに1万回転以上は楽に回せるスペックを持つ。気になるのはオフローダーなのに高回転型? という基本的な疑問に対しては、メーカーもよく分かっていると見えて69Tという大サイズのドリブンスプロケットが装着されている。つまり、エンジンそのものは高回転型だがファイナルを加速型の設定とすることで低速トルクを補っているのだ。ということで、発進もスムーズでギアチェンジは忙しくはなるがきっちりクルマの流れをリードできる加速性能もある。

アプリリア RX125の試乗インプレッション

ブロックタイヤが路面を転がるゴツゴツとした感触があり、シートも硬めだが、前後サスペンションの豊富なストローク感によって乗り心地は悪くない。フロント21インチらしくオンロードでのコーナリングは大らか。リーンアウト気味にしっかり外足でホールドして車体を寝かせていけばきっちり曲がってくれる。前後ダブルディスクのブレーキも必要十分な制動力があって扱いやすいし、いざとなれば前転防止機能が付いたフロントABSがあるので思い切りレバーを握ることもできる。

アプリリア RX125の試乗インプレッション

試しにちょっとした林道も走ってみたが、本格的なブロックタイヤとサスペンションのおかげでかなり思い切った走りが可能。ワダチを斜めに切っていくラインなども朝飯前だし、結構急な土手の登り降りなどもいとも簡単にこなせるなど走破性の高さは本物だ。

アプリリア RX125の試乗インプレッション

それでいてパワーは控えめで車体も軽く、アクセルワークに神経質になることもなく、場所が許せばグラベルを掻いて全開走行も楽しめる。そして、オフロードを走っているとフロントのみ作動するABSの意味が分かる。その気になればブレーキターンも可能で、つまりはアドベンチャーモデルなどに装備されているオフロードABSなどと同じ発想なのだ。

アプリリア RX125の試乗インプレッション

125ccクラスとは言えカッコ良さには手抜きをしないイタリアンデザインに、見かけ倒しではない元気な走りとオフロード性能を秘めたアプリリアらしい1台だ。タイヤをオンロード仕様にすれば都会派のコミューターとしてもおすすめできそうだ。

詳細写真

アプリリア RX125の試乗インプレッション

水冷4ストローク単気筒DOHC4バルブ124.2ccエンジンは最高出力値も15ps/10,500rpmとベースとなった「RS4 125」と同等レベル。マレリ製φ32mmスロットルボディのF.I,システムを搭載するなど最新スペックだ。

アプリリア RX125の試乗インプレッション

φ41mmテレスコピック倒立フォークは、調整機構は持たないがホイールトラベル240mmを確保するなど本格的。Φ260mmウェーブディスクにボッシュ製9.1ML搭載のワンチャンネルABSを装備する。ABSはフロントのみでセルボタンの長押しでオン/オフが選択できる。

アプリリア RX125の試乗インプレッション

リアブレーキにもφ220mmウェーブディスクを装備。スイングアームは一見アルミ製に見えるがフレーム同様スチール製だ。ファイナルは超ショート設定で、ドリブンスプロケットは69Tと見るからに大きい。

アプリリア RX125の試乗インプレッション

プログレッシブリンク式モノショックはホイールトラベル200mmを確保。調整機構は持たないが動きはしなやかでコシがある。タンデムステップもしっかりしている。

アプリリア RX125の試乗インプレッション

エッジの効いたヘッドライトカウルやフロントフェンダーのデザインがアプリリア風。ヘッドライトの光源はオーソドックスなハロゲン球タイプだ。カラーもイタリアントリコロールを強調。

アプリリア RX125の試乗インプレッション

ミニマムにデザインされたテールまわり。テールランプはLEDタイプで、コンパクトなウインカーはクリアレンズにオレンジ球タイプを採用。

アプリリア RX125の試乗インプレッション

ラジエターシュラウドを兼ねたサイドカウルが印象的。「aprilia」のロゴをグラフィックの一部としてデザインするのがアプリリア流だ。日本では珍しいからだろう、街行く人はだいたいロゴをガン見していく。

アプリリア RX125の試乗インプレッション

シートもオフロード前提のフラットタイプで、しかも赤黒の鮮やかな切り替えレザーにステッチが入った洒落モノ。シート下の隙間はスタックしたときに手でそこを掴んで持ち上げられるようにとの工夫。横から見ると左右に抜けて見えるデザインになっている。

アプリリア RX125の試乗インプレッション

シート下はエアボックスとバッテリー、車載工具などが収まる。後方に見える2本のレールはスタックしたときに手で掴みやすい形状になっている。

アプリリア RX125の試乗インプレッション

ギザギザの付いたスチール製ステップと可倒式のペグもオフロード仕様。唯一ちょっと使いづらいと思ったのがオートリターン式のサイドスタンドだが、これも簡単な加工で通常タイプにできそうだ。

アプリリア RX125の試乗インプレッション

アルミ製トップブリッジにテーパータイプのアルミ製ハンドルバーを装備。ブレーキホースもステンメッシュ仕様などディテールにも上質感がある。

アプリリア RX125の試乗インプレッション

デジタルメーターには速度、オド、水温、オイル警告、燃料残量などの他に、トップスピード、バッテリー電圧、走行セッション間の移動距離を表示するツイントリップメーター機能を持ったトラベルダイアリーを装備するなど充実。

アプリリア RX125 動画でチェック!

こちらの記事もおすすめです

この記事を読んでいる方におすすめの商品

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。