スズキ Vストローム250

V-Strom250
SUZUKI

250ccクラスのアドベンチャーモデルとして登場したスズキ Vストローム250をインプレッション

掲載日:2017年09月11日 試乗インプレ・レビュー    

取材・文/佐賀山敏行  写真/井上 演

GSR250の車体やエンジンをベースに、クラスを超えたタフギア感満載の外装をまとったアドベンチャーツアラー。大柄なように見えて、跨ってみるとコンパクトで扱いやすい。愛嬌のあるデザインも魅力だ。

アドベンチャーツアラー新時代を切り拓く
Vストロームシリーズの優秀すぎる末弟!

世界的な盛り上がりを見せるアドベンチャーツアラーのなかで、スズキはVストロームシリーズでその人気を確固たるものにしている。そのブランド力をさらに強化すべく投入されたのが、ここに紹介するVストローム250である。

このモデルの特徴は、なんといっても圧倒的な扱いやすさと満足感の高いデザイン性。シリーズ共通の「くちばしデザイン」を踏襲しながらも、Vストローム250独自の丸目一灯ヘッドライトが、このモデルだけの愛嬌を演出。さらにスペック上では無給油で500km走行も可能な航続距離の長さや、ロードモデル並の足つき性の良さなど、ツーリングでの快適性と日常での扱いやすさに徹底的にこだわっているのが大きな特長だ。

「アドベンチャーツアラーといえば大型モデル」という常識を覆し、あらゆる層が満足できる、まさにアドベンチャーツアラー新時代を予感させる1台だ。

Vストローム250の特徴は次ページにて

こちらの記事もおすすめです

この記事に関連するキーワード

この記事を読んでいる方におすすめの商品

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

新着記事

タグで検索

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。