ヤマハ YZ250F・YZ65試乗インプレッション/モトクロッサーYZ250Fがフルモデルチェンジ! YZ65は新規デビュー

掲載日:2018年09月21日 試乗インプレ・レビュー    

取材協力/ヤマハ
試乗ライダー/渡辺 学 写真/長谷川徹 まとめ/小川浩康
記事提供/ガルル編集部
※この記事は『月刊ガルル vol.390』に掲載された内容を再編集したものです。

ヤマハ YZ250F&YZ65

YAMAHA YZ250F & YZ65

ヤマハのモトクロッサーYZシリーズ・2019年モデルの中から、フルモデルチェンジした4ストYZ250Fと新規デビューしたYZ65を、超マディ路面のスポーツランドSUGOで渡辺学選手が徹底テストした。

マディで際立ったトラクション性能!
YZ250Fは大幅な戦闘力アップを体感できる

新設計エンジンを新設計フレームに搭載。オールニューモデルとして登場したヤマハの2019 YZ250Fを、渡辺学選手がテストライド。さっそくインプレッションしてもらった。

ヤマハ YZ250F&YZ65の試乗インプレッション

「新設計エンジンは低中速トルクが太くなっていて、こんなマディ路面でもトラクション性のよさを感じます。それでいて中回転から高回転まで軽く回るのですが、路面を掻く感じがなく、確実に前に進んでいきます。クラッチ操作も軽いし、レスポンスもいい。セルとバッテリーが搭載された重量増は感じないですね。

それと、エンジンマップを切り替えるモードスイッチにはマディモードがセットされていましたが、エンジンの回転上昇が緩やかになり、パワーもゆっくり立ち上がってきました。一つのギアで使える幅が広くなるので、ギアチェンジせず引っ張って走れるようになります。操作が一つ減るので、マディ路面でのミスも少なくなりますね」

ヤマハ YZ250F&YZ65の試乗インプレッション

「前後サスは、よく動いているのが伝わってきます。ジャンプ着地の衝撃をしっかり吸収していますが、ギャップ通過時は硬さがありません。全体的にスムーズで、マシン挙動に軽快さを感じます。

フレームは路面状況もあって、剛性の変化は体感できませんでしたが、車体がスリムになったように感じました。このフレームと、エンジン、サスのバランスがよく、全体的にきっちり煮詰めてきたのがわかります。最初は2018モデルにセルを装備しただけかと予想していたのですが、2019モデルはかなり進化していますね。ミスが少なく疲れにくいから、誰にでも乗れます。これまでのYZ250Fで、ベストの1台ですよ!」

YZ250Fの詳細写真は次のページにて

この記事に関連するキーワード

こちらの記事もおすすめです

この記事を読んでいる方におすすめの商品

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

新着記事

タグで検索

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。