ホンダ CRF450L(2018)

掲載日:2018年09月30日 バイク購入ガイド        件のユーザーレビュー

文/杉山研二

ホンダ CRF450L(2018)の画像
Honda CRF450L(2018)

公道走行用の保安部品や6速ミッションを装備
モトクロッサーCRF450R直系のオフロードモデル

CRF450Lは、モトクロス競技専用車のCRF450Rをベースに、保安部品を装着するなどして公道走行を可能としたオフロードモデルです。モトクロスマシン譲りの機能的なシルエットはそのままに、コンパクトなLEDの灯火類や視認性の良いデジタルメーターなどを採用。ウインカーは転倒時のダメージを受けにくいフレキシブルラバーマウント式です。ハンドルまわりのスイッチ類は小型で扱いやすい専用設計のものを使用。車両重量は131kgです。

パワーユニットはユニカムバルブトレイン採用の449cc水冷単気筒です。CRF450Rのエンジンをもとに圧縮比を12まで下げ、バルブタイミングを変更し、クランクウエイトの形状も最適化するなどして、低回転域の粘り強さと中高回転域での扱いやすさを向上させています。ピストンは耐久性と環境性能を考慮し3本リングタイプを採用しています。変速装置は専用の6速ミッションとすることで、高速道路走行や長距離移動時の快適性と燃費性能を確保。また、ラジエーターの大型化と電動ファンの追加で、ゴーストップの多い公道走行に対応させています。

車体はCRF450R用のフレームとスイングアームをベースに各部の剛性を最適化しています。フレームはミッションの6速化に合わせてピボットプレートを新設計。またヘッドパイプもCRF450L専用の設計とすることで、公道走行に対する剛性とオフロード走行に適したしなやかさを両立しています。サスペンションもCRF450R用がベースですが、前後ともにセッティングを変更しており、リアサスペンションはリンクレシオもCRF450L専用です。

フロントタイヤはCRF450Rと同サイズの80/100-21、リアタイヤはCRF450Rの19インチに対しCRF450Lでは18インチの120/80-18を採用。そのほかフロントホイールには速度計用の車速センサーを装備、フロントのブレーキローターはCRF450Rよりも肉厚になっています。燃料タンクはチタン製で、スリムなライディングポジションのまま7.6Lの容量を確保。車体色はエクストリームレッド、車両価格は消費税8%込みで129万6,000円です。

ホンダ CRF450L(2018)のここがポイント!
  • ● 機能美を追求したCRF450R譲りのスタイリング
  • ● 粘り強さと扱いやすさを備えた449cc単気筒
  • ● 高速道路や長距離移動を快適にする6速ミッション

ホンダ CRF450L(2018)のライバルはこれだ!

  • ホンダ
    CRF250ラリー

    ワークスレーサーCRF450RALLYを思わせるスタイルに249cc水冷単気筒を搭載したデュアルパーパスモデル。燃料タンク容量は10L。税8%込みで64万8,000円から。

  • ホンダ
    CRF1000Lアフリカツイン

    市街地から未舗装路まで走破できるアドベンチャーバイク。ユニカムバルブトレイン採用の998cc直列2気筒は最高出力70kW(95ps)。税8%込みで138万2,400円から。

  • ホンダ
    CRF450R

    2019年モデルでは、出力アップのほかローンチコントロールシステムも採用。受注期間は2018年12月28日まで。消費税8%込みで96万6,600円。モトクロス競技専用車。

この記事に関連するキーワード

こちらの記事もおすすめです

この記事を読んでいる方におすすめの商品

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

新着記事

タグで検索

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。