メンテナンス記事TOPへ

ニードルノーズプライヤー【ツール100選】

掲載日:2016年05月27日 メンテナンス    

記事提供/モトメンテナンス編集部(Facebookページ)  取材協力/スリーピークス技研

工具の画像

スリーピークス技研のニードルノーズプライヤーは全長150mmで先端形状が異なる2タイプ。いずれもヒンジ部分の作動がスムーズで、デリケートな作業をスムーズに行える。手首の負担も軽減している。

ピンセットのような精密な掴み作業に最適
先端の刻みがないからデリケートな作業もOK

握り系ツールとしてニッパと対になることが多いラジオペンチ。挟む、掴む、押さえるなど、作業のパターンが多いラジペンのバリエーションモデルのひとつがニードルノーズプライヤーだ。一般的にラジオペンチよりも先端部分が細くて長く、先端部の仕上げが刻みがなくフラットなため、細かい部品をつまみ上げたり支える作業に適している。同社の製品は先端部分の精度が高くピタリと密着するため、ピンセットのように使えるのが特徴だ。キャブレターのフロートピンやフロートバルブを抜いたり、ハンドルスイッチのOHなど、細かい部品を取り扱う際に使い勝手が良い。

工具の画像

先曲がりタイプは先端角度60度で、電気工作であれば基板上の素子を掴んだりする際に便利。刻みがないので相手を傷つけないのがいい。

工具の画像

テーパー形状の先端部分はラジオペンチより格段にスリムで、狭い場所での作業に適したニードルノーズプライヤー。1本持っておくと重宝する。

アイテム情報

ニードルノーズプライヤー
先曲がりペンチNNP-150BG

希望小売価格 1869円(税抜)

先細ペンチNNP-150G

希望小売価格 1792円(税抜)

こちらの記事もおすすめです

この記事に関連するキーワード

この記事を読んでいる方におすすめの商品

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

新着記事

タグで検索