Devil Arrow レザー切替フェイスマスク

掲載日:2010年01月18日 バイク用品インプレッション    

バイク用品インプレッション

“選ぶ楽しさ”も兼ねたフェイスマスク
スタイリッシュなフォルムがグッド!

まず目を引くのが、口元を覆うレザー部分。鼻の頭をホールドする部分にはワイヤーが通されており、自由自在に変形可能なので使用する人の鼻の形状に合わせて調整することができる。レザー部分には1ミリ大の小さな穴が空けられていて、通気性の向上に一役買っている。この部分はレザーとフリース素材の二重構造になっているのだが、型崩れしにくいレザーと通気性の良さから、一般的なフェイスマスクのように呼吸時に口に吸い付くことがない。さらにレザー部分とスティッチのカラーバリエーションを増やしているので、自身のファッションに合わせて選べるようになっている点は、さすがアパレルショップのアイテムといったところ。

もうひとつこだわっている部分が、全体のホールド感だ。マスクの裏地には前述のとおり保温性にも優れたフリース素材を採用、そして伸縮性のあるリブ素材をネック(首)部分に使用していることから、若干タイトだ。一般的なフェイスマスクだと、どうしてもブカブカした野暮ったい感じになってしまうが、そこをスタイリッシュにまとめるためこのサイズ感となった。着用し続けることでリブ素材が若干伸びるため、自分に合わせていくことができるだろう。唯一難点を挙げるとすれば、そのホールド性ゆえ呼吸の逃げ道がなく、ほぼすべてレザー部分上部から出てきてしまうこと。ジェットヘルメットとサングラスをセットで着用していると、あっという間にグラスが曇ってしまう。走り始めればすぐに曇りは解消されるので走行時には大きな問題にはならないが、気になる方のために記載した。

それでも、フェイスとネックをまとめて覆ってくれるので防寒性はバツグン。実際インプレッションをした僕は、すっかり手放せなくなってしまった(笑)。冬真っ只中となるとどうしてもバイクに乗るのが億劫になるが、ファッションとしても楽しめるこのフェイスマスクなら、冬のライディングもまた楽しくなるに違いない。

Devil Arrow レザー切替フェイスマスク

ちょうど鼻を押さえる部分にワイヤーが内蔵されているので、各自の形状に合わせて調整することが可能。冷気が進入してくる恐れはない。

ワイヤーが内蔵されたノーズ部分

ちょうど鼻を押さえる部分にワイヤーが内蔵されているので、各自の形状に合わせて調整することが可能。冷気が進入してくる恐れはない。

1ミリ大の小さな穴が通気性の向上に繋がっており、加えて型崩れしにくいレザーで覆われていることから、呼吸時にもマスクが吸い付かない。

小さな穴を開けて通気性をアップ

1ミリ大の小さな穴が通気性の向上に繋がっており、加えて型崩れしにくいレザーで覆われていることから、呼吸時にもマスクが吸い付かない。

ジェットヘルメットのベルト部分を考慮した形状になっているので、一般的な防寒用フェイスマスクにありがちなブカブカ感がないのが嬉しい。

スタイリングを重視したフォルム

ジェットヘルメットのベルト部分を考慮した形状になっているので、一般的な防寒用フェイスマスクにありがちなブカブカ感がないのが嬉しい。

伸縮性に優れたリブ素材が使用されており、顔を縛るようなタイトさはあるが苦しさは皆無。着用すれば若干伸びるため、自分サイズに馴染ませられる。

ネック部分はタイトな引締感が◎

伸縮性に優れたリブ素材が使用されており、顔を縛るようなタイトさはあるが苦しさは皆無。着用すれば若干伸びるため、自分サイズに馴染ませられる。

真後ろにはスカルのデザインが施されている。ハーフヘルメットだとくっきり主張できるだろう。ファッションを重視したショップならではのこだわり。

背面にあしらわれたスカルに注目

真後ろにはスカルのデザインが施されている。ハーフヘルメットだとくっきり主張できるだろう。ファッションを重視したショップならではのこだわり。

上の写真はカーキで、レザー部分はほかにブラウンやブラックなどがラインナップ。さらにブラックはスティッチのカラーも分けられ、オシャレ感も演出。

豊富なカラーバリエーション

上の写真はカーキで、レザー部分はほかにブラウンやブラックなどがラインナップ。さらにブラックはスティッチのカラーも分けられ、オシャレ感も演出。

Devil Arrow レザー切替フェイスマスク

通常価格/11,550円(初回生産分に限り、サービスプライスの9,975円)

こちらの記事もおすすめです

この記事に関連するキーワード

この記事を読んでいる方におすすめの商品

新着記事

タグで検索