BAGG B202コースシングル

掲載日:2008年09月18日 バイク用品インプレッション    

バイク用品インプレッション

たっぷり入って安定積載
便利な全天候型ツーリングバッグ

常に風雨にさらされるライダーにとって、ウェアやバッグの防水性は重要な問題だ。防水機能付きジャケットの上にレインウェアを重ね着できるライダーと違い、ツーリングバッグなどはレインカバーで防水するしかない場合がほとんどで、それ以上の防水となると内部にナイロン袋を仕込むなど、面倒な場合が多い。また、完全防水タイプのバッグとなると高価なものが多く、手軽に買い換えるというわけにもいかないだろう。

今回紹介する「コースシングル」は、ライダーにとって悩みの種である防水性とコストパフォーマンスを両立したツーリングバッグだ。コースシングルは、丈夫なナイロンをベースに、塩ビシートを両面からラミネートした防水素材を使用しており、強い雨でも浸水しない強力な防水性を確保。また、約50リットルという大容量のバッグでありながら、価格も5,250円とリーズナブルな設定だ。もちろん使い勝手も十分に考えられており、ディパックでも入ってしまうほど大きな開口部を採用しているほか、持ち運びに便利なショルダーベルトも標準で付属。形状も筒型になっているため、バイクへの積載も容易だ。今回のインプレッションではタンデムシートにツーリング用バンドで固定したが、積みやすく高速走行でもバッグがずれることなく、安定した走行が可能だった。リーズナブルで使いやすい防水バッグが欲しいなら、コースシングルは最良の選択肢の一つと言えるだろう。

BAGG B202コースシングル

コーシングルの開口部はかなり大きく使いやすい。写真ではウインタージャケットと3シーズンジャケットの2着のほか、撮影用カメラと交換用レンズを入れているが、まだまだ余裕で荷物を入れられる。

50リットルサイズの余裕
開口部も大きめで使いやすい

コーシングルの開口部はかなり大きく使いやすい。写真ではウインタージャケットと3シーズンジャケットの2着のほか、撮影用カメラと交換用レンズを入れているが、まだまだ余裕で荷物を入れられる。

荷物を収納したらファスナーを包み込むようにして2回以上巻き、左右に装備されているバックルで結合。これで防水対策は完璧だ。生地はやわらかくすべりにくいものを使っているため積載しやすい。

積載時はくるりと巻いて
強力な防水能力を発揮

荷物を収納したらファスナーを包み込むようにして2回以上巻き、左右に装備されているバックルで結合。これで防水対策は完璧だ。生地はやわらかくすべりにくいものを使っているため積載しやすい。

コースシングル最大の魅力は高い防水性能。実験的に水を思い切りかけてみたが、浸水する様子はまったくない。ただ、鋭利なものには弱いので、工具などは傷付きを防ぐため直接収納しないようにしたい。

両面ラミネート加工で
強い雨でも問題な

コースシングル最大の魅力は高い防水性能。実験的に水を思い切りかけてみたが、浸水する様子はまったくない。ただ、鋭利なものには弱いので、工具などは傷付きを防ぐため直接収納しないようにしたい。

BAGG B202コースシングル

丈夫なナイロンクロスをベースに、塩ビシートを両面からラミネートすることで強力な防水性能を実現した、全天候型のツーリングバッグ。バイクに積載しやすい円筒形状を採用している

メーカー/BAGG

カラー/ブラック

サイズ/横730×直径320mm

容量/約50リットル

価格/5,250円

問合せ先/BAGG

こちらの記事もおすすめです

この記事に関連するキーワード

この記事を読んでいる方におすすめの商品

新着記事

タグで検索

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。