収納力UP大作戦! バイク用のツーリングバッグを選ぼう!!/バイクに装着する大容量バッグ編 バイク用品インプレッション

収納力UP大作戦! バイク用のツーリングバッグを選ぼう!!/バイクに装着する大容量バッグ編

掲載日:2018年05月17日 バイク用品インプレッション    

取材協力/GOLDWIN TANAX デイトナ ACTIVE PLOT
文・写真/ANIMALHOUSE 記事提供/二輪生活編集部
※この記事は『二輪生活 vol.10号』に掲載された内容を再編集したものです

バイクは車と違い、ツーリングに行く時にどうしても積載量の問題が発生する。日帰り、ホテル泊、キャンプツーリング、日本一周……。一言でツーリングと言っても様々だが、目的に合ったツーリングバッグやパニアケースを用意して、安全で快適な旅を満喫しよう! 「収納力UP大作戦!」では数回にわけて、様々なツーリングバッグや組み合わせを紹介していく。

バイクに装着するバッグは容量も形も様々
自分のバイクに合わせたバッグを探して

スマートで快適なツーリングのためには大容量ツーリングバッグが不可欠。様々な形がある中から自分のバイクやツーリングスタイルに合ったものを選んでみよう。ここでは21L~78Lまでのバイクに装着できるツーリングバッグを5種類紹介する。

GOLDWIN ツーリングリアバッグ78

ゴールドウインのツーリングリアバッグ78はアルミフレームで補強されたボディは型が崩れにくく、車載時の安定性を確保。容量の可変幅が大きく、使わない時は折りたたんでコンパクトに収納することができる。夜間走行時の被視認性を高めるリフレクターも配備。

GOLDWIN ツーリングリアバッグ78
  • サイズ/330×460~680×350mm
  • 容量/48~78L
  • 価格/2万736円(税込み)
  • 問い合わせ先/ゴールドウインカスタマーサービスセンター TEL/0120-307-560

MOTO Fizz キャンピングシートバッグ

両サイドに10cmずつ拡張できる大容量シートバッグ。バッグの上にさらに荷物を固定できるホールディングコードやホルダーベルトを装備。サイドから荷物を取り出せるオープンファスナー、付属レインカバー、樹脂製インナーフレームなど多機能。

MOTO Fizz キャンピングシートバッグ
  • サイズ/350×620~820×350mm
  • 容量/59~75L
  • カラー/ブラック、グレー、ブルー、レッド、フィールドグリーン、スネーク、ネイビーブルー
  • 価格/2万3,760円(税込み)
  • 問い合わせ先/TANAX TEL/04-7150-2450

GIVI EA 100Bサイドバッグ

A4サイズまで収容可能な大容量サイドバッグ。シートを外して面ファスナーとアジャストベルトで左右のバッグを連結し、さらにゴムフックで左右のバッグを繋ぎ安定させる。取り付けには別売りのサイドバッグサポートが必要。

GIVI EA 100Bサイドバッグ
  • サイズ/530×180~280×320mm
  • 容量/33~40L×2
  • 価格/1万9,440円(税込み)
  • 問い合わせ先/デイトナ TEL/0120-60-4955

SW-MOTECH EVOスポーツ

タンクが長くフラット形状のスポーツ車両にフィットするタンクバッグ。車種ごとに専用のEVOタンクリング(別売)を使って装着するため、しっかり固定できタンクも傷つけにくい。1680デニールの丈夫な生地で防水性も高い。

SW-MOTECH EVOスポーツ
  • サイズ/340×170×400mm
  • 容量/14~21L
  • 価格/2万8,500円(税込み)
  • 問い合わせ先/ACTIVE TEL/0561-72-7011

BAGSTER STUNTタンクバッグ

スポーティな外見ながら32Lの大容量まで拡張可能なタンクバッグ。降車時はショルダーストラップを使うことで、持ち運びに便利なバックパックに変化。付属のレインカバーで雨の日も安心。

BAGSTER STUNTタンクバッグ
  • サイズ/440×360×170mm
  • 容量/約21~32L
  • カラー/黒×黒、赤×黒、緑×黒、青×黒、白
  • 価格/2万4,948円(税込み)
  • 問い合わせ先/PLOT TEL/0566-36-0456

こちらの記事もおすすめです

この記事を読んでいる方におすすめの商品

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。