BikeBros. BHF-001 レトロフルフェイスヘルメット バイク用品インプレッション

BikeBros. BHF-001 レトロフルフェイスヘルメット

掲載日:2017年02月14日 記事カテゴリ バイク用品インプレッション   

撮影・文/野岸 泰之

現代の安全基準を満たした
ビンテージ風ヘルメットが登場

オリジナル商品を多くラインナップし、ライダーのより良いバイクライフをサポートするバイクブロスから、このほど「BHF-001 レトロフルフェイスヘルメット」が新たに登場した。

このヘルメットはその名前からもわかるとおり、まるでビンテージヘルメットのようなクラシカルな帽体を採用したフルフェイスヘルメット。少し懐かしい、つるりとしたどこか色気のあるスタイルは、1970年代前後のモーターサイクルシーンを思い起こさせるデザインとなっている。

最近のヘルメットは空力を考えた流れるようなデザインやベンチレーターなどが装備され、レトロな雰囲気のマシンやファッションで乗りこなすにはしっくりこない、と感じるライダーも多いはず。かと言って「本物のビンテージヘルメットは安全性の問題が気になるし、高価で清潔感にも疑問がある……いったいどんなヘルメットをかぶればいいの?」。そんな悩めるライダーにぜひおすすめしたいのがこのヘルメットだ。

帽体はシンプルそのものだが、シールドのカットラインやドットボタン留めの機構、ラバーモールなど、ディテールまでも「当時モノ」を彷彿させる質感やデザインをとことん追求。帽体のカラーはグロスホワイト/グロスブラック/グロスオレンジ/グロスイエローの4種類が用意されているため、マシンやファッションに合わせて選べるのはもちろん、カスタムペイントのベースやステッカーなどでデコレーションをするにも使いやすいだろう。

外見はレトロだが、中身は現代基準の安全性と清潔さに配慮しているのも見逃せない。「PSCマーク」および「新SG規格」を取得し、安全性をクリア。そして内装はチークパッドを取り外して洗える仕様となっている。帽体はフリーサイズ(57-60cm)だが標準装備のチークパッド(30mm)から別売りのチークパッド(20mm)に交換することでサイズアップが可能。10mmほど頬に余裕が生まれることで、多くの人にフィットするよう調節できるよう考えられている。

デザイン・安全性・価格がうまくバランスしたBHF-001 レトロフルフェイスヘルメットは、旧車ネイキッドやアメリカン、スクランブラー、ストリート系バイクなどに乗るライダーに、特におすすめしたい一品だ。

BHF-001 レトロフルフェイスヘルメット Detail Check!!

カラーは4種類

カラーはグロスホワイト/グロスブラック/グロスオレンジ/グロスイエローの4種類。ソリッドカラーのためカスタムベースやステッカーチューンにも適している。

外して洗えるチークパッド

内装はカッチリとしたホールド感のあるもので、チークパッドは取り外して洗濯が可能。チンガード部の形状も当時っぽさを再現。

サイズ調節が可能

標準装備のチークパッド(30mm)から別売りのチークパッド(20mm)に交換すれば頬に余裕が生まれるため、サイズ調節が可能だ。

細部にも「当時っぽさ」

アイホールに巡らせたラバーモールやドットボタン留め、シールドのエッジ形状など、細かいディテールも当時らしさを追求している

別売りシールド

気分に合わせて交換できる専用のオプションシールドを用意。スモークとイエローの2種類がある。

シールドはネジ留め

シールドの交換、締め付けはシンプルなねじ留めを採用。これもビンテージ感あふれるギミックだ。

BikeBros. BHF-001 レトロフルフェイスヘルメット
  • 価格(税込)/12,960円
  • 問い合わせ先/BikeBros.

この記事を読んでいる方におすすめの商品

あわせて読みたい記事