KEMEKO キャンプツーリング テントAセット バイク用品インプレッション

バイク用品インプレッション

KEMEKO キャンプツーリング テントAセット

掲載日:2014年08月27日 記事カテゴリ バイク用品インプレッション   

撮影・文/野岸 泰之

バイクに特化した積載性の良さと
快適な居住性を実現したツーリングテント

バイクの楽しみかたの一つとして昔から人気なのがキャンプツーリング。その主要装備であるテントは、宿泊地での快適さを左右するアイテムであり、長く使うものであるだけに、チョイスには悩むところだ。

 

今回紹介するKemekoのキャンプツーリングテント『シェード25』はバイクへの積載性をはじめ、ライダーの目線で居住性と使い勝手の良さを追求したモデル。今回はサービスパックとして、コンパクトに収納できるロール式テーブルと折り畳みチェアをセット。初めてキャンプに出掛ける初心者からベテランまで、便利な内容になっている。

 

シェード25は自らもキャンプツーリング愛好家である販売元のファインバレイの社長が「バイクツーリングに特化したテントがない!」と、自ら企画して製作したもの。バイクに積むなら山岳用のテントのように軽く小さくする必要はなく、それよりも積みやすい収納形状と居住空間の広さや快適性、耐久性を重視しよう、というのが開発コンセプト。最大で3人まで寝られるインナースペースを有している。フライシートの素材はポリエステルでPU2000コーティング、インナーテントのフロアには210Dオックスフォードナイロンファブリックを使用して同じくPU2000コーティングを施してあり、ある程度の防水性を持たせている。フロアの素材は山岳用テントよりも厚めで、小石などによる破れの心配が少ない。また、フレームにはグラスファイバーや一般的なアルミよりも強度の高い7001ジュラルミンを使用。耐久性と強度を高めるため、あえて接合部を減らし、長細い形状としている。各部の素材やコーティングなどは重量や耐久性、素材の性能などを吟味し、バイクで運び、キャンプすることを前提に、バランスのいい組み合わせを追求したという。

 

実際に張って中に入ってみると、天井が高めのインナーと、前室部分が広く取ってあるためか、山岳用テントのような窮屈感は全くない。これなら、荷物や靴を前室に置くことで大人2人が楽に寝られるし、雨の日も前室で簡単な調理などもできそうだ。また、天井部分が大きなメッシュパネルになっているほか、メインの入り口のほかにサイドにも出入り口を設けてあるため、開放すればかなり通気性がよく、暑い時期のキャンプにはありがたい。

 

さらに特徴的なのがフライシート。ドーム型テントのフライシートは正面出入り口のメインファスナーが中央に1本か、左右に2本というのが一般的だが、シェード25には3本のファスナーがあり、サイズの違う4つのフラップに分かれている。どのファスナーを開閉させるかで、出入り口のサイズや方向を可変できるのだ。これにより、雨の日は開口部を狭くして吹き込みを防いだり、晴れた日中にはタープがわりにひさしを作るなど、状況に応じたアレンジができるのだ。他にも、インナー内にポケットや吊り下げフックを装備していたり、グランドシートやバイクの夜露よけとしても利用できるマルチパーパスシートが付属するなど、ライダーのための細かい配慮が随所にみられるのも嬉しい点だ。シェード25はキャンプツーリングを快適に、より楽しく演出してくれる相棒となるはずだ。

KEMEKO キャンプツーリング テントAセット Detail Check!!

フライシート正面には中央に2本、右端に1本、計3本のファスナーがあり、4枚のパネルに分かれる独自の構造。これにより、出入り口の広さや向きを、天候や状況に応じて自由に変えることが可能。

アレンジ自在のフライシート

フライシート正面には中央に2本、右端に1本、計3本のファスナーがあり、4枚のパネルに分かれる独自の構造。これにより、出入り口の広さや向きを、天候や状況に応じて自由に変えることが可能。

テント内には小物の収納に便利なポケットを装備している。携帯電話やメガネなどを収納しておけば、就寝中に探し回らなくていいので助かる。ポケットが3つに分かれているのも使い勝手がいい。

内側には便利なポケット

テント内には小物の収納に便利なポケットを装備している。携帯電話やメガネなどを収納しておけば、就寝中に探し回らなくていいので助かる。ポケットが3つに分かれているのも使い勝手がいい。

フライシートと同じ生地のマルチパーパスシートが付属。グランドシートや簡易バイクカバー、荷物の雨除けなどに活用できる。四隅にはループがあってペグダウンも可能だ。サイズは148×90cm。

マルチに使えるシートが付属

フライシートと同じ生地のマルチパーパスシートが付属。グランドシートや簡易バイクカバー、荷物の雨除けなどに活用できる。四隅にはループがあってペグダウンも可能だ。サイズは148×90cm。

インナーの天井部分は大きなメッシュとなっていて通気性は抜群。夏の晴れた夜など、フライシートをはずせば満天の星空を眺めながら寝る、なんてことも可能。中央にはライト類を吊るせるフックも装備。

天井部分はメッシュ構造

インナーの天井部分は大きなメッシュとなっていて通気性は抜群。夏の晴れた夜など、フライシートをはずせば満天の星空を眺めながら寝る、なんてことも可能。中央にはライト類を吊るせるフックも装備。

収納状態は約50×14cm径の筒状で、リアシート上などにくくりつけやすい。収納袋は入り口が広く、入れやすい形状だ。イスとテーブルもコンプレッションベルトを使ってコンパクトにまとめられる。

バイクに積みやすい形状

収納状態は約50×14cm径の筒状で、リアシート上などにくくりつけやすい。収納袋は入り口が広く、入れやすい形状だ。イスとテーブルもコンプレッションベルトを使ってコンパクトにまとめられる。

サイドウォールにも出入り口を設けてあるため、高い通気性を確保。これなら暑い時期でも快適に過ごせるはず。広い前室部分を荷物置きにしても横から出入りできるなど、使い勝手のいい構造だ。

サイドにも出入り口

サイドウォールにも出入り口を設けてあるため、高い通気性を確保。これなら暑い時期でも快適に過ごせるはず。広い前室部分を荷物置きにしても横から出入りできるなど、使い勝手のいい構造だ。

KEMEKO キャンプツーリング テントAセット

内容/シェード25バイクツーリングテント、キャンピングテーブル CTM1、スーパーライトチェアーCCM1のセット

価格/26,960円(税別)

仕様/

【インナーテント】

テント設計サイズ:W220 × D160 × H120(cm)

フロアー:PU2000 210D oxford fabric

ウォール:PU1000 190T polyester

フレーム:6.9mm 7001duralumin silver color 3pcs

 

【フライシート】

フライ設計サイズ:W230 × D260 × H125(cm)

マルチ2door 2000PU polyester digital camouflage design of waterproof

 

問い合わせ先/株式会社ファインバレイ

 

この記事を読んでいる方におすすめの商品

あわせて読みたい記事