第七回 原付でキャンプとたき火とダムカード(神奈川県) 原チャでchacha茶

原チャでchacha茶

第七回 原付でキャンプとたき火とダムカード(神奈川県)

掲載日:2012年12月12日 記事カテゴリ 原付漫遊記原チャでchacha茶   

文・写真/ 野岸“ねぎ”泰之  写真/野呂瀬悦史

第七回 原付でキャンプとたき火とダムカード(神奈川県)

観光牧場で動物とふれあい
のんびりムードでスタート

先日、雑誌『アウトライダー』でおなじみのカメラマン・太田潤さんが、DVD『たき火の詩』という、たき火のイメージビデオを製作した。四季折々の美しい風景の中で、様々な表情のたき火を映した映像なんだけど、それを見ていたら、このところグッと冷え込んできたこともあり、やたらとたき火がやりたくなってしまったのだ。そこで今回は、神奈川県の宮ヶ瀬ダム界隈をお散歩したあと、キャンプ場で仲間と合流して「たき火deお茶」を楽しむことにした。旅の相棒は、SYMのシティコム125。タンデムシートを起こすと大きな荷台が現れるのが特徴だ。ノリ次第でそのまま泊まっても大丈夫なように、キャンプ道具を満載したバッグを載せてスタートだ。

 

宮ヶ瀬ダムと宮ヶ瀬湖は、神奈川県のライダーにとってはおなじみのツーリングスポット。まず最初に訪れたのは、国道412号線を少し西に入ったところにある服部牧場。宮ヶ瀬ダムの東側にあるここは観光牧場になっていて、牛舎を見学したり、羊やアヒルなどの動物にエサをあげたりもできる。訪れる前は家族連れやカップル向けの場所なのかな、と思っていたんだけど、エサにつられてハーメルンの笛吹きよろしく自分のあとをついてくるアヒルたちなどが予想外にかわいくて、いい歳をした野郎でも童心に返ってなかなか楽しめるのだ。広々とした場内は、草原あり、外国製の古いトラクター展示ありで、探索するとそのたびに発見がある。場内のあちこちに、羊や豚など、囲いから脱走? した動物がウロウロしていたり、看板猫の「にゃん助」が出没したりと、やたらとゆる~い雰囲気で、自然と心が和む。散策後にはアイスクリーム工房で新鮮な生乳を使ったソフトクリームやジェラートを食べるのがオススメ。特にジェラートは25種類もあって、どれにしようか迷ってしまう。寒い時期でもつい食べたくなっちゃうんだよね。とにかくこの服部牧場は、お散歩気分でのんびりするには絶好のスポットなのだ。

 

枯草まみれになってるけど、イギリスのマン島原産のマンクス・ロフタンという珍しい黒羊なのだ

草原広場に陳列してある、古い外国製のトラクター。色も形も、独特の味わいがあるね


より大きな地図で 地図を拡大表示する

 

左/服部牧場の敷地はとにかく広い! 見るだけでなく、あちこちで動物と触れ合えるのだ 右/あらためて間近で見ると、牛ってものすごく大きい!

 

左/新鮮な牛乳で作ったジェラート。いろんな味があって迷ってしまう。ソフトクリームもいいなぁ…… 右/看板猫のにゃん助。すり寄ってきたと思ったらプイ。君はツンデレか?

神奈川ライダーに人気の宮ヶ瀬で
ダムカードをゲット

後ろに見えるは宮ヶ瀬ダム。近くに見えるけど、対岸のダムまでたどり着くのに、「虹の大橋」を渡って10分ぐらいかかる

牧場をあとに、湖の周囲を北側からぐるりと走ってみることにした。宮ヶ瀬湖の周囲は、適度なアップダウンとコーナーが連続するためライダーに人気で、休日はもちろん、平日でも多くのバイク乗りが集まることで有名。大型マシンで颯爽と走るのもいいけれど、原付でのんびりと時間をかけて流すのも悪くない。途中にはライダーの集まる駐車場や、飲食店や土産物店などが集まるエリアもあって、ツーリングで訪れるには「ほどよい観光地感」がちょうどいいだんよね。

 

湖を横切る「虹の大橋」で反対側へと渡り、宮ヶ瀬ダムのある場所へとハンドルを向けてみた。ここには展望台やダムの下の公園へと降りられる「インクライン」と呼ばれる急こう配を行き来するケーブルカー、ダムやエネルギーに関して楽しく学べる「水とエネルギー館」などがあって、これまたプチ観光気分が盛り上がる。ダムの上から下界を見下ろすと、あまりのスケール感の大きさに実感がわかないけれど、あらためて眼下の人の小ささを考えると、思わず背筋がゾゾッと寒くなるぐらい高い!! その気分をさらにヒートアップさせてくれたのが、「水とエネルギー館」でもらえるダムカードの存在だ。ダムカードとは、国土交通省と独立行政法人水資源機構の管理するダムで配られているカードで、ダムの写真と細かいデータが載っているもの。無料なのと、配布されるダムが全国に散っていることもあって、ツーリング好きライダーの間でこのカードを集めるのがちょっとしたブームになりつつあるらしい。仮面ライダーカードやプロ野球カード集めに熱中した人も多いと思うから、つい集めたくなる気持ちもわかる気がする。記念すべき人生初のダムカードをゲットしたところで、よし、コンプリートを目指すぞ、と意気込んでみたら、なんと全国で300ヵ所近くもあるらしい。それを聞いたら、先は長いなぁ……とちょっと溜息。でもまぁ、ツーリングの目的にするのも悪くないよね。さぁ、このあとはいよいよたき火のできる場所へ向かうとしよう!

生まれて初めてのダムカード、それも2枚同時にゲット!! で興奮しております

写真では伝わらないかもしれないけど、ダムの上から下界を見下ろすと、スゲー怖いのだ。男なら股間ゾワゾワ必至

観光地として質の高い場所が選ばれるらしいダム湖百選、今まで知らなかったなぁ。調べたらまだ100ヵ所ないみたいだけど(笑)

宮ヶ瀬湖の周囲は、バイクで流すと気持ちのいい道が続く。もちろん原付で走っても爽快

ダムの上からは周囲を一望できていい眺め。遠くに小さく、横浜のランドマークタワーが見える!!

ダムの上下を結ぶインクラインは、ものすごい急勾配を往復する楽しそうな乗り物。時間がなくて乗れなかったのが残念

HUB倶楽部
プロフィール
野岸“ねぎ”泰之
神奈川在住のフリーライター。バイクツーリング雑誌を中心に、防衛問題からデジタルグッズまで、興味の赴くままに幅広く執筆。原付バイクによる島旅も多くこなす。グッズからグルメまで、B級と名のつくものが大好物。愛車はヤマハTDM850、TT250レイド、カワサキKSRⅡ。好きな言葉は「人生は祭りだ!」。HUB倶楽部の主宰メンバーでもある

注目のアイテムはコチラ

■ 関連する記事を見る

あわせて読みたい記事