第二回 超っ~アツイ! 開業直前のスカイツリー周辺巡り(東京・墨田区) 原チャでchacha茶

原チャでchacha茶

第二回 超っ~アツイ! 開業直前のスカイツリー周辺巡り(東京・墨田区)

掲載日:2012年04月27日 記事カテゴリ 原付漫遊記原チャでchacha茶

文・写真/野岸“ねぎ”泰之

第二回 超っ~アツイ! 開業直前のスカイツリー周辺巡り(東京・墨田区)

ふだんは通勤や通学に使っている原付バイク。でも、それだけじゃもったいない!? いつもの道をちょっと離れて、お散歩がてらにツーリングをしてみれば、新たな発見と新しい原付の魅力が待っているはず。お気に入りの場所で「お茶」すれば、旅はさらにおいしく楽しいものに! この企画は、そんなページです。さぁ、みんなでLet’s chacha茶~♪

思わず見とれる美しさ
その存在感は圧倒的

第二回目を迎えた「原チャでchacha茶♪」は、2012年5月22日(火)の開業を目前に控えた東京スカイツリー周辺を巡ることにした。なんといってもこの界隈は、今おそらく東京で最も熱い&元気なエリア。そのパワーとにぎわいを直接肌で感じて、最後にツリーを眺めながらおいしい「お茶」を飲もう、というわけなのだ。相棒は、ヤマハの「アクシストリート・快適セレクション」。混雑する都内の道を走るには、まさにぴったりのマシンをチョイスした。

 

今回の旅の出発点は、浅草・浅草寺。混雑する雷門を避けて、やって来たのは隅田川近くにある二天門。周囲には観光バスがひっきりなしに到着し、日本人だけでなく中国や台湾からの観光客でごった返していてびっくり。やはりこのエリア、すでに盛り上がってるんだね。すぐ近くの区立隅田公園に移動すると、隅田川の向こうに……おぉ、スカイツリーの全容が見えたぞ!! ありきたりな表現で申し訳ないけど、やっぱり「でかい!」って言葉が自然に出ちゃうね。そして、人工建造物なのに、流麗でキレイだな、と思ってしまう。ちょうど桜も咲き始めで、桜花とスカイツリーという豪華な競演の写真も撮れたりして、気分は上々。さぁ、今からそっちへ行くから待ってろよ~ツリーちゃん。

 

そのスカイツリーは浅草から目と鼻の先で、隅田川を渡った東側に位置する。隅田川を吾妻橋で渡ると、一旦視界から消えていたスカイツリーが再び姿を現した。なぜだかよくわからないけど、ツリーが見えるたびにドキドキする。いい歳をして、大人げない……まるで片思いの女の子をチラチラ盗み見る少年のような心境だ。さらに東に進んで地下鉄の本所吾妻橋駅まで来ると、ビルの合間から突然、丸みを帯びた第一展望台から上の部分がポッカリと浮かぶように出現した。さっきより少し近づいただけなのに、かなりデカくなってる……まるで巨大な宇宙船がそこにあるかのような、インパクトのある光景だ。思わず、頬が熱くなる。こりゃ、完全に一目ぼれしたな。わき見運転は厳禁だけど、この辺りではついつい上を見上げながら走りたくなっちゃうなぁ。

 

隅田公園には桜の木も多く、開花の時期にはこんな贅沢な写真も撮れちゃうのだ

吾妻橋で隅田川を渡ると、有名なアサヒビールの本社とスカイツリーのコラボ風景を見ることができるぞ


より大きな地図で 地図を拡大表示する

 

スタートは浅草寺。雷門はとにかく人が多くて混むけど、こちら二天門は比較的静かで穴場

隅田公園はスカイツリーの全体像を眺めるには最適の場所。午前中は逆光気味なので、写真を撮るなら午後がオススメ

巨大なスカイツリーとの
ベストショットポイントを求めて

どこかスカイツリーをバックにアクシスの快走シーンが撮れる場所はないかな、と走り回ってみたけど、近づきすぎると全体を写すには超広角レンズを使うしかなく、その迫力はなかなか写真で表現するのは難しい。そうこうするうちに到着したのが、十間橋。ここは風のない日には川面に映る「逆さスカイツリー」が撮れることで有名なスポットらしく、カメラを手にした人がたくさん訪れている。この日は残念ながら逆さツリーは見られなかったけれど、僕もしっかり記念撮影。さすがに人気スポットだけあって、いいアングルで写真が撮れるね。まるで憧れのアイドルとのツーショット写真をゲットしたかのように、胸が高鳴っている。

 

ところで、このあたりはいわゆる墨東と呼ばれる土地で、まだまだ下町の風情を残した場所も多いのだ。原付の利を生かして周囲をくまなく走り回っていたら、一本の路地を発見した。バイクを停めて歩いてみると、建物の間からスカイツリーがニョキっと顔を出した。生活感のある風景からいきなり技術の粋を集めた巨大な構造物がどーんと見えるのって、現代と未来が混在しているようで、どこか不思議な気にさせられる。こんな光景が面白いのか、あたりにはデジタル一眼を持ったアマチュアカメラマンが何人もうろうろ。お互いのカメラにチラっと視線を向けて優劣をチェックしつつ、いいアングルのところでは場所を譲り合ったりして、善意と牽制が混じり合うビミョーな空気が流れている。ヒューマンウォッチングの場所としても、なかなか興味深いポイントといえそうだ。

 

十間橋は逆さツリーで有名な記念撮影スポット。近所の商店の方は「生活は何も変わらないわよ~」と言いつつ、店の脇には建設中のツリーの写真が貼ってあった。間違いなく愛、だね

たまたま見つけた下町っぽい路地からも、ツリーは存在感を示していた。映画『ALWAYS』じゃないけど、東京タワーの時もこんな感じだったのかな?

ビルの間からニョキっと顔を出すスカイツリー。突然見えると、UFOが浮かんでるみたいでドキドキする

スカイツリー全体とバイクを写したいけど、そうするとバイクが豆粒になるか、ツリーがとても小さくなってしまう。そもそも大きさが違いすぎるんだよね!?

 

HUB倶楽部
プロフィール
野岸“ねぎ”泰之
神奈川在住のフリーライター。バイクツーリング雑誌を中心に、防衛問題からデジタルグッズまで、興味の赴くままに幅広く執筆。原付バイクによる島旅も多くこなす。グッズからグルメまで、B級と名のつくものが大好物。愛車はヤマハTDM850、TT250レイド、カワサキKSRⅡ。好きな言葉は「人生は祭りだ!」。HUB倶楽部の主宰メンバーでもある

この記事を読んでいる方におすすめの商品

あわせて読みたい記事