第一回 湧き水の里を巡り、絶景のパノラマを堪能(神奈川・秦野) 原チャでchacha茶

原チャでchacha茶

第一回 湧き水の里を巡り、絶景のパノラマを堪能(神奈川・秦野)

掲載日:2012年04月13日 記事カテゴリ 原付漫遊記原チャでchacha茶   

文・写真/野岸“ねぎ”泰之

第一回 湧き水の里を巡り、絶景のパノラマを堪能(神奈川・秦野)

ふだんは通勤や通学に使っている原付バイク。でも、それだけじゃもったいない!? いつもの道をちょっと離れて、お散歩がてらにツーリングをしてみれば、新たな発見と新しい原付の魅力が待っているはず。お気に入りの場所で「お茶」すれば、旅はさらにおいしく楽しいものに! この企画は、そんなページです。さぁ、みんなでLet’s chacha茶~♪

静かな住宅街の中に
いきなり湧き水が出現

新しく始まりました「原チャでchacha茶♪」、第1回目に訪れたのは、神奈川県西部の秦野市界隈。秦野といえば、東名高速のインターが思い浮かぶけど、実は知る人ぞ知る名水の里なのだ。なんでも、市内の水道の7割以上は湧き水でまかなっているとか。しかも、秦野盆地湧水群といって、市内近郊に20ヵ所以上ともいわれる湧水が点在しているという。原付でお散歩ツーリングをして、最後においしい「お茶」を飲もう、というこの企画にピッタリの、思わずゴクリとノドが鳴っちゃうような土地なんである!! 早速ホンダの赤いPCXを相棒に、のんびりと巡ってみますか~。

 

スタート地点の小田急線秦野駅前の広場には、石造りの小さな池が整備されていて、絶えず水が流れている。うーん、いかにも水の街をアピールしてていいね。このままのテンションで、最初の目的地に向かうことに。ところが駅前からPCXで走り出してわずか30秒ほどであっけなく着いてしまった。そう、駅のすぐそばの住宅街の中に、目指す湧き水『弘法の清水』はあったのだ。

 

小さな屋根が付いた祠のような場所から流れるこの水は、環境庁(現環境省)の名水百選に選ばれた後に化学物質による汚染が判明、市を挙げて浄化に取り組み見事に復活したという逸話がある。ろ過装置を通しているので純粋な天然水とは言えないのかもしれないけど、口に含むとまろやかで口当たりのいい本当に飲みやすい水。いくら味オンチの僕だって、はっきりとわかるおいしさだ。ゴクゴクと飲んでいると、すぐそばに住む人がペットボトルを片手に次々とやって来ては「家の水道よりウマいんだもの」と、水を汲んで行く。中には「娘が飲みたいって言うんですよ」と、幼稚園への通園途中に飲むのを日課にしているというお父さんと娘さんなんかもいたりして、つくづく地元の人に愛されてるんだなぁ、ということがよくわかる名水だった。


より大きな地図で 地図を拡大表示する

上/小田急線の秦野駅前では石造りのプチ流水庭園が出迎えてくれ、水の里を巡る気分が盛り上がる
下/「弘法の清水」は住宅街にある。水を汲みに地元の人が訪れる以外は本当に静かな場所

幼稚園への途中で湧き水をゴクゴク。心のきれいな子に育ちそうだなぁ

「弘法の清水」のロケーションはこんな場所。エンジン音の静かな原付でよかった

同じ市内にある湧き水でも
ビミョーに味が違う!!

なんだかほのぼのとした気持ちで、次の湧き水へと向かう。秦野駅からひとつ西隣りの渋沢駅方面へと走ると、途中で視界の先に富士山がチラチラ顔を出す。そういえば、御殿場や富士山方面も、ここからそんなに遠くないんだよね。渋沢駅の先は、またもや住宅街をクネクネ。こんなとき、原付バイクだと取り回しも楽だし、地元の人に気兼ねせずに走れるのがいいよね。そして到着したのが『若竹の泉』。ここは住宅と畑が混在するエリアにあって、石碑のようなプレートから常に水が流れているスタイル。ここも地元の有志の人たちが大切に守り、きれいに保っているのが周囲を見ただけでわかる。それに、すぐ脇に野菜の無人販売所があるのが、いかにも郊外らしくていい雰囲気だ。考えてみれば、普通に人が生活している中に、当たり前のように湧き水があるなんて、贅沢な話だよね。秦野の人たちがうらやましいなぁ。

 

流れる水を手ですくい、ひと口飲んでみると、先ほどの弘法の清水とはうって変わって、ほのかに土の香りがする上に、舌にピリリと来るようなエッジの効いた味で、まるで硬水みたい。同じ市内の湧き水でも、こうも味が違うものなんだな、とあらためて実感。こうなると、また別の場所の湧き水も飲んでみたくなるよね。ということで、若竹の泉の水をペットボトルに汲んだら、次なる湧き水にPCXのハンドルを向けることにした。今度の目的地は、国道246号線を越えて市内を北上し、グッと山に近づいたところにある『葛葉の泉』。ここには、先ほどまでとは全く違った光景が待っていた。

「若竹の泉」へは幹線道路を外れ、のどかな住宅街や畑の脇ををトコトコと進む

泉の隣の無人販売所で、ウマそうなネギを発見。PCXのトランクに入るから買って帰っちゃおうかな?

ここも地元の人によってキレイに保たれてます。あらためて考えると「水が湧く」ってすごいことだよね

 

HUB倶楽部
プロフィール
野岸“ねぎ”泰之
神奈川在住のフリーライター。バイクツーリング雑誌を中心に、防衛問題からデジタルグッズまで、興味の赴くままに幅広く執筆。原付バイクによる島旅も多くこなす。グッズからグルメまで、B級と名のつくものが大好物。愛車はヤマハTDM850、TT250レイド、カワサキKSRⅡ。好きな言葉は「人生は祭りだ!」。HUB倶楽部の主宰メンバーでもある

注目のアイテムはコチラ

■ 関連する記事を見る

あわせて読みたい記事