ホンダ ダンク
ホンダ ダンク

ホンダ ダンク – ホンダ12年ぶりの新開発原付スクーター

掲載日:2014年02月24日 試乗インプレ・レビュー    

取材・写真・文/河合宏介

アイドリングストップ機能を搭載した
ホンダ12年ぶりの新開発原付スクーター

2013年11月に開催された東京モーターショーでワールドプレミアとして出展された「Dunk」が、2014年2月20日に発売された。開発テーマを「若者の通学や通勤、さらには普段の生活の楽しみを広げるスクーター」とし、スマホなどが充電できる12V電源のソケットや、500ccの紙パック飲料がそのまま入る大型ラック、通勤通学に役立つ時計など、原付バイクに「あれば便利」な実用装備が数々採用されている充実モデルである。

ホンダ ダンク の画像

ダンクに搭載される新開発の50cc版『eSP』エンジンの特徴は、原付2種のPCXやShモードなどで好評のアイドリングストップ機能が装備されていること。一時停止から3秒後にエンジンが自動停止、その後アクセルを開けると同時に車体が動き出すその乗り心地は、まるで電動バイクのような不思議な印象だ。このようにエンジンから新開発されたホンダの50ccスクーターは、2002年のトゥデイ以来12年ぶりとなる。カラーバリエーションは全6色が用意されるなか、つやのあるブラックに銀色のラインが特徴の「ポセイドンブラックメタリック」を借りて試乗してみた。

ホンダ ダンクの特徴は次ページにて

こちらの記事もおすすめです

この記事に関連するキーワード

この記事を読んでいる方におすすめの商品

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

新着記事

タグで検索

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。