【ホンダ Monkey 125 ABS 】プロトタイプに試乗! 50cc時代を彷彿させる癒し系の乗り心地!

掲載日:2018年06月21日 試乗インプレ・レビュー    

協力:ホンダモーターサイクルジャパン
試乗ライダー/青木タカオ レポート/青木タカオ・原付RIDE編集部 写真/徳永 茂 記事提供/ロードライダー編集部
※この記事は『ロードライダー vol.436号 』に掲載された内容を再編集したものです。

【ホンダ  Monkey 125 ABS 】プロトタイプに試乗! 50cc時代を彷彿させる癒し系の乗り心地!の画像

MONKEY 125 ABS

2018年7月12日に発売となる、ホンダのモンキー125 ABS(Monkey125 ABS)のプロトタイプに試乗する機会を得た。まだ製品版ではないものの、グロムをベースにしつつも、ツインショック化のためにバックボーンフレームやスイングアームを再設計しているし、4速エンジンもリチューン……。モンキーらしく穏やかに乗れるよう、125cc版は専用開発されていることが、試乗して判明したのだ。

穏やかな乗り心地だが
バイクを操る楽しさは満載

フワッとした乗り心地で、走っているだけで幸せな気分。新しいモンキー125は、グロム譲りのエンジンも低中速寄りに味付けされ、トコトコ言わせながらノンビリ走れる。前後サスペンションとシートのクッションが柔らかく、この優しいライドフィールなら、原付2種(小型二輪限定)免許でバイクデビューする初心者にもお勧めしたい!でバイクデビューする初心者にもお勧めしたい!

ホンダ MONKEY 125 ABSの試乗インプレッション

愛らしいスタイルのイメージ通り、前後サスがしなやかに動きエンジンも低速重視だが、腰から荷重をかけて曲がっていくと軽やかに旋回する。ビギナーがライディングを学ぶにもうってつけのバイクだ。

ニーグリップもできる、ゆったりとしたライディングポジションで走り出すと、ハンドリングは軽快で自在に操れる感覚がすぐに得られた。小径12インチの足まわりを活かしてクルクル面白いように曲がるから、タイトコーナーの続く峠道も楽しそうだ。

今回の試乗が行われた会場は限られたスペースだったので、スピードを上げたまま長い直線を走ることはできなかったが、それでも専用設計フレームには剛性感があり、直進安定性も高いことが分かったし、前後ブレーキもカッチリ効き、申し分ないものだった。

ホンダ MONKEY 125 ABSの試乗インプレッション

50ccモンキーのスケール感をそのままに125cc化。50ccモンキーの外見を再現しつつ乗り味も“らしさ”を追求する。

エンジンは常用する4,500~6,000回転でのトルクが太く、ストップ&ゴーの繰り返しにも俊敏に応答する。スタイルこそ50cc版モンキーを忠実に再現したファンバイクだが、走りは頼もしい。

ホンダ MONKEY 125 ABSの試乗インプレッション

グロムのシャシーを再設計し、エンジンはFIセッティングの見直しだけでなく専用のエアクリーナーやコネクティングチューブ、マフラーなどで扱いやすくリチューンされている。

車体を深く寝かし込んでもタイヤのグリップ感がしっかり落ちついているし、減速させつつスパンと旋回を決めるライディングでは、バイクを操る楽しみに満ちあふれている。入門用にも、セカンドバイクとしても最適だ。

詳細写真

ステップにのせた足が当たらぬよう、クランクケースにはリングガードを装着。

排気量124ccのエンジンはボア×ストローク=52.4×57.9mm。最高出力:6.9kW(9.4ps)/7,000rpm・最大トルク11N・m(1.1kgf・m)/5,250rpm。ミッションは4速リターンだ。

極太12インチタイヤを履く前輪。フロントフォークはφ31mm倒立式が奢られる。

グロムのフレームがベースだが、シートレールを専用設計してリアサスペンションをツインショック化する。

リング状のポジションランプを持つLEDヘッドライト装備で、先進的な顔つき。

テールランプ&ウインカーもLEDを採用。マフラーエンドの処理も凝ったものだ。

ポリッシュ工程を加えて仕上げた艶やかな燃料タンクは立体エンブレム付きだ。

高密度ウレタンによるクッション性の高いシートで、乗り心地も良好だった。

さすがに折りたたみ式ハンドルではなくなったが、ハンドルには一般的なミリバーを採用する。

単眼メーターは反転液晶タイプ。イグニッションONでアニメーションが表示される演出も。脇には「SET」「SEL」ボタンを配置。

この記事に関連するキーワード

こちらの記事もおすすめです

この記事を読んでいる方におすすめの商品

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

新着記事

タグで検索

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。